蜀犬 日に吠ゆ

2014-02-09

[][][]釈徹宗『ブッダの伝道者たち』角川選書 08:55 はてなブックマーク - 釈徹宗『ブッダの伝道者たち』角川選書 - 蜀犬 日に吠ゆ


はじめに

第1部 仏教体系の連峰

第1章 ゴータマ・ブッダ――ブッダとなった人  11
  • ブッダとなった人
  • ゴータマの出家
  • ブッダの悟り
  • ゴータマ・ブッダの先駆形態
  • 出会いへの歩み
  • 場と人と
  • ブッダ、中道を説く
  • 縁起の法
  • 自分の都合による歪み
  • サンガと都市
  • フェアとシェア
  • ブッダの入滅
  • 仏道への第一歩
  • ブッダの言葉
  • 無明―愛―苦
  • 無常
  • 智慧と慈悲
  • ブッダへの帰依から始まる道
  • 過去を追わず、予期不安にも振り回されず
  • 分かち合うことから始める
第2章 ナーガールジュナ――第二のブッダ
  • 仏教史上最大の転換期
  • ナーガールジュナ物語
  • 存在(もの・こと)の問題
  • ナーガールジュナの思想
  • 縁起とは空性
  • どこにも着地しない道
  • 六波羅蜜・諸仏・諸菩薩
  • テトラレンマ
  • 「空」を生きる
第3章 ヴァスバンドゥ――仏教の統合
  • ヴァスバンドゥという人物
  • 前期ヴァスバンドゥの『倶舎論』
  • 後期ヴァスバンドゥの「唯識」思想
  • 仏道としての唯識
  • 世界は心の表象に過ぎない
  • 現代人は唯識に注目せよ

第2部 日本で構築されたノーマライゼーション・ブディズム 111

第4章 蓮如――日常を営む仏道
  • 『維摩経』に見られる脱構築への営み
  • ノーマライズされていく仏教
  • 蓮如へと続く水脈
  • 研鑽期の蓮如
  • 蓮如、表舞台へ
  • 堅田へ
  • 吉崎へ
  • 手紙から見る蓮如の思想
  • 蓮如の求心力
  • 大坂へ
  • 本願寺教団との歯車が噛み合う
  • 脱呪術化
  • 日常を営む仏道
  • トリックスターとしての蓮如
  • 世俗の苦悩へ届く言葉
  • 受動態で語ることから始める仏道
第五章 鈴木正三――日本仏教の改革者
  • 雪山童子の物語
  • 『盲安杖』の著述
  • 正三、修行の旅
  • 旺盛な著述活動
  • 日常のなりわい、すなわち仏道
  • 正三の臨終
  • 正三の立脚点
  • 社会活動
  • あまりにも日本的な仏教
  • 仏法すなわち世法

  • むすび
  • あとがき
  • 参考文献
釈徹宗『ブッダの伝道者たち』角川選書
ブッダの伝道者たち (角川選書)

ブッダの伝道者たち (角川選書)