蜀犬 日に吠ゆ

2014-03-23

[][][]フランクリン『フランクリン自伝』中公クラシックス 21:37 はてなブックマーク - フランクリン『フランクリン自伝』中公クラシックス - 蜀犬 日に吠ゆ

 自伝文学の傑作といえば、『フランクリン自伝』、『福翁自伝』。(どうか「ケッサク」といふことなかれ)

 自慢話が、ちっともイヤミでないところがすばらしい。傑物とは、こういうものですよね。

第六章 十三の徳目の樹立

 まことに、人間が生まれもった感情のなかで、”思いあがり”ほど抑えがたいものはたぶんないのではないか。思いあがりというものは、どんなに偽りかくそうとしても、組み打ちして、思うぞんぶん殴りつけ、息の根をとめ、そして抑えつけておいても、依然、生きていて、ときどき頭をのぞかせたり、姿を現したりする。この物語のなかでも、おそらくそういった私の思いあがりが、たびたび姿をみせていることだろう。なぜかといえば、私は自分の思いあがりをたとえ完全に克服してしまったと考えることができたとしても、もしそうなれば、今度はおそらく自分の謙譲の美徳を自慢するという思いあがりをおかすことになるからだ。

http://katawareboshi01.g.hatena.

 ……なってますよね。客観的に自分を見たうえでなおこの記述。傑作まちがいなし。


 この章は、ヨーロッパとのタフ・ネゴシエーションの時期であったので、世界史を変えてしまう業績をあげたフランクリンが「わーいわーい」となるのもむべなるかな。

 ついでなのでこのときの「十三の徳目」も書き留めておきます。

第六章 十三の徳目の樹立
  • 一、節制
    • 頭が鈍るほど食べないこと。
    • 酔って浮かれだすほど飲まないこと。
  • 二、沈黙
    • 他人または自分自身の利益にならないことはしゃべらないこと。
    • つまらぬ話は避けること。
  • 三、規律
    • 自分の持ちものはすべて置くべき場所をきめておくこと。
    • 自分の仕事はそれぞれ時間をきめてやること。
  • 四、決断
    • やるべきことを実行する決心をすること。決心したことは必ず実行すること。
  • 五、節約
    • 他人または自分のためにならないことに金を使わないこと。すなわち、むだな金は使わないこと。
  • 六、勤勉
    • 時間を無駄にしないこと。有益な仕事に従事すること。必要のない行為はすべて切りすてること。
  • 七、誠実
    • 策略をもちいて人を傷つけないこと。
    • 悪意をもたず、公正な判断を下すこと。発言するさいも同様。
  • 八、正義
    • 他人の利益をそこなったり、あたえるべきものをあたえないで、他人に損害をおよぼさないこと。
  • 九、中庸
    • 両極端を避けること。激怒する侮辱をたとえ受けたにせよ、一歩その手前でこらえて激怒は抑えること。
  • 十、清潔
    • 身体、衣服、住居の不潔を黙認しないこと。
  • 十一、平静
    • 小さなこと、つまり、日常茶飯事で、避けがたい出来事で心を乱さないこと。
  • 十二、純潔
    • 性の営みは建康、または子孫のためにのみこれを行なって、決してそれにふけって頭の働きを鈍らせたり、身体を衰弱させ、自分自身、または他人の平和な生活や信用をそこなわないこと。
  • 十三、謙譲
    • キリストとソクラテスにみならうこと。
http://katawareboshi01.g.hatena.
フランクリン自伝 (中公クラシックス)

フランクリン自伝 (中公クラシックス)

第六章 十三の徳目の樹立
十三の徳目

 私が道徳的に完璧な域に達しようという、大胆で困難な計画を思いついたのは、このころのことだった。

http://katawareboshi01.g.hatena.
第六章 十三の徳目の樹立
十三の徳目

 私は、この小さな手帳にその題句(モットー)として、アディソンの『カトー』からの一節を書きつけておいた。

私はこのような信念をいだいている。

もし神が(造化の妙なるによって

自然が高らかに告げるごとくに)

われらが上に存在したもうなら、

神は徳を嘉(よみ)したもうに相違なく

そしてまた神の嘉したもうものは

かならずや祝福されるであろう。

もう一つの題句はキケロの言葉からであった。

おお、汝、人生の道案内を務める学問よ、美徳をもとめ、悪徳をしりぞける学問よ。汝の教えに従って有益にすごしたる一日は、過失にみちた永遠の生よりも望ましい。

さらにもう一つは、ソロモンの「箴言」からで、知恵と徳とについて述べたものだった。

その右の手には長きいのちあり、その左の手には富と尊貴(とうとき)あり。その途(みち)は楽しき途なり、その径(みち)すじはことごとく平康(やす)し。

http://katawareboshi01.g.hatena.

[][][]浜本隆志『紋章が語るヨーロッパ史』白水uブックス 20:23 はてなブックマーク - 浜本隆志『紋章が語るヨーロッパ史』白水uブックス - 蜀犬 日に吠ゆ

 紋章官になりた~~い、わけではありません。

 紋章学の基礎を学ぶ上でいちばん手軽な入門書、かなあ。

第一章 紋章の起源と略史
一 紋章の起源

 ヨーロッパ紋章の直接のルーツは、およそ十二世紀頃、騎士が顔までかぶったヘルメットを着用するようになり、視界が狭まったので敵味方を確認する必要上、楯に目印になる紋様を描いたことに由来する。そのため紋章は盾の形をしているのであって、英語、ドイツ語、フランス語の紋章という言葉(coat of arms, Wappen, armoiries)が、いずれも武器(arms, Waffen, armes)から派生していることを見ても、紋章と尖塔の密接な関係が類推できよう。初期の紋章は、騎士の好みによって恣意的に描かれたケースもあったが、やがてこれが特定のものに固定化し、代々世襲されるようになる。

http://katawareboshi01.g.hatena.
第一章 紋章の起源と略史
一 紋章の起源

 紋章の起源をめぐっては、従来から諸説が唱えられてきた。まずその起源は、古代ギリシア・ローマ時代の戦闘において、楯に紋様を描いたことにまでさかのぼるという指摘がある。

(略)

 次に、ドイツの紋章学では、タキトゥス(五五ごろ―一二〇)ごろの描写にもあるように、ゲルマン人が楕円形か四角形の楯(後に円形の楯も認められる)動物紋様やルーン文字(古代のゲルマン文字)などを書き込んでいたので、これが紋章の起源であると主張された。

(略)

 さらに時代的には、第一次十字軍の遠征(一〇九六―九九)と紋章の発生の時期がほぼ重なっているので、十字軍の遠征が紋章の発生の起源であって、これがその発展に大きな役割を果たしたという説もある。則ち十字軍は、イスラム教徒が用いていた標識としての紋章に強く影響されて、この慣行を受け入れたという。

(略)

 フランスの紋章学者のM.パストゥローは、前述の紋章の起源をめぐる諸説を否定し、紋章の誕生はヨーロッパ中世の「封建社会」と「武具の変遷に起因する」としている。筆者もこの説に依拠し、紋章は中世ヨーロッパに端を発し、とりわけその継承は、封建制度の主従関係や封土の世襲制と密接なかかわりによって生まれたものであると考える。

http://katawareboshi01.g.hatena.

 というわけで、紋章の意義はとりわけ、その来歴や継承に主眼が置かれるというのが、90年代頃にはホットなテーマであったようでございます。

 モットー(標語)に関しては森護(この先生も紋章できる)が『英国王室史話』中公文庫 でちらほら書いていたような気がしますが、手元に本がないのでまたあとで。


紋章が語るヨーロッパ史 (白水uブックス)

紋章が語るヨーロッパ史 (白水uブックス)

英国王室史話〈上〉 (中公文庫)

英国王室史話〈上〉 (中公文庫)

英国王室史話〈下〉 (中公文庫)

英国王室史話〈下〉 (中公文庫)

スコットランド王国史話 (中公文庫)

スコットランド王国史話 (中公文庫)