蜀犬 日に吠ゆ

2014-03-23

[][][]フランクリン『フランクリン自伝』中公クラシックス 21:37 はてなブックマーク - フランクリン『フランクリン自伝』中公クラシックス - 蜀犬 日に吠ゆ

 自伝文学の傑作といえば、『フランクリン自伝』、『福翁自伝』。(どうか「ケッサク」といふことなかれ)

 自慢話が、ちっともイヤミでないところがすばらしい。傑物とは、こういうものですよね。

第六章 十三の徳目の樹立

 まことに、人間が生まれもった感情のなかで、”思いあがり”ほど抑えがたいものはたぶんないのではないか。思いあがりというものは、どんなに偽りかくそうとしても、組み打ちして、思うぞんぶん殴りつけ、息の根をとめ、そして抑えつけておいても、依然、生きていて、ときどき頭をのぞかせたり、姿を現したりする。この物語のなかでも、おそらくそういった私の思いあがりが、たびたび姿をみせていることだろう。なぜかといえば、私は自分の思いあがりをたとえ完全に克服してしまったと考えることができたとしても、もしそうなれば、今度はおそらく自分の謙譲の美徳を自慢するという思いあがりをおかすことになるからだ。

http://katawareboshi01.g.hatena.

 ……なってますよね。客観的に自分を見たうえでなおこの記述。傑作まちがいなし。


 この章は、ヨーロッパとのタフ・ネゴシエーションの時期であったので、世界史を変えてしまう業績をあげたフランクリンが「わーいわーい」となるのもむべなるかな。

 ついでなのでこのときの「十三の徳目」も書き留めておきます。

第六章 十三の徳目の樹立
  • 一、節制
    • 頭が鈍るほど食べないこと。
    • 酔って浮かれだすほど飲まないこと。
  • 二、沈黙
    • 他人または自分自身の利益にならないことはしゃべらないこと。
    • つまらぬ話は避けること。
  • 三、規律
    • 自分の持ちものはすべて置くべき場所をきめておくこと。
    • 自分の仕事はそれぞれ時間をきめてやること。
  • 四、決断
    • やるべきことを実行する決心をすること。決心したことは必ず実行すること。
  • 五、節約
    • 他人または自分のためにならないことに金を使わないこと。すなわち、むだな金は使わないこと。
  • 六、勤勉
    • 時間を無駄にしないこと。有益な仕事に従事すること。必要のない行為はすべて切りすてること。
  • 七、誠実
    • 策略をもちいて人を傷つけないこと。
    • 悪意をもたず、公正な判断を下すこと。発言するさいも同様。
  • 八、正義
    • 他人の利益をそこなったり、あたえるべきものをあたえないで、他人に損害をおよぼさないこと。
  • 九、中庸
    • 両極端を避けること。激怒する侮辱をたとえ受けたにせよ、一歩その手前でこらえて激怒は抑えること。
  • 十、清潔
    • 身体、衣服、住居の不潔を黙認しないこと。
  • 十一、平静
    • 小さなこと、つまり、日常茶飯事で、避けがたい出来事で心を乱さないこと。
  • 十二、純潔
    • 性の営みは建康、または子孫のためにのみこれを行なって、決してそれにふけって頭の働きを鈍らせたり、身体を衰弱させ、自分自身、または他人の平和な生活や信用をそこなわないこと。
  • 十三、謙譲
    • キリストとソクラテスにみならうこと。
http://katawareboshi01.g.hatena.
フランクリン自伝 (中公クラシックス)

フランクリン自伝 (中公クラシックス)

第六章 十三の徳目の樹立
十三の徳目

 私が道徳的に完璧な域に達しようという、大胆で困難な計画を思いついたのは、このころのことだった。

http://katawareboshi01.g.hatena.
第六章 十三の徳目の樹立
十三の徳目

 私は、この小さな手帳にその題句(モットー)として、アディソンの『カトー』からの一節を書きつけておいた。

私はこのような信念をいだいている。

もし神が(造化の妙なるによって

自然が高らかに告げるごとくに)

われらが上に存在したもうなら、

神は徳を嘉(よみ)したもうに相違なく

そしてまた神の嘉したもうものは

かならずや祝福されるであろう。

もう一つの題句はキケロの言葉からであった。

おお、汝、人生の道案内を務める学問よ、美徳をもとめ、悪徳をしりぞける学問よ。汝の教えに従って有益にすごしたる一日は、過失にみちた永遠の生よりも望ましい。

さらにもう一つは、ソロモンの「箴言」からで、知恵と徳とについて述べたものだった。

その右の手には長きいのちあり、その左の手には富と尊貴(とうとき)あり。その途(みち)は楽しき途なり、その径(みち)すじはことごとく平康(やす)し。

http://katawareboshi01.g.hatena.