蜀犬 日に吠ゆ

2014-05-15

[][][]スウィフト 中野好夫訳『ガリヴァ旅行記』新潮文庫 19:19 はてなブックマーク - スウィフト 中野好夫訳『ガリヴァ旅行記』新潮文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

目次

刊行者の言葉  ……五

第一篇 リリパット(小人国)渡航記……八
  • 第一章
    • 著者の生立、家族のこと――はじめて航海に出づる顚末――難船、身をもって泳ぎ逃れ――無事リリパット国海岸まで辿りつき――囚われの身となりて、護送されしう次第条々。
  • 第二章
    • リリパット皇帝、数人の高官を引具せられ、拘禁中の著者を訪問せらる――皇帝の容貌及び服装――数名の学者、勅令により著者にかの国の言語を教授す――著者、その温厚なる性質により恩顧を受く、衣嚢を捜索し、剣及びピストルを押収せらる。
  • 第三章
    • 著者、極めて奇妙なる方法により、皇帝ならびに貴族、貴婦人の御機嫌を取結びし次第――リリパット国宮廷における娯楽――著者、条件付きにて自由を与えらる。
  • 第四章
    • 首府ミレンドウ及び皇宮の模様――著者、首相と国事を談ず――著者、戦争に一臂の助力を致したき旨皇帝に申出づ。
  • 第五章
    • 著者、天外の奇策をもって侵攻を阻止す――著者、最高名誉を授けらる――ブレフスキュ大使来りて、和を乞う――皇妃御所の失火――著者、劫火より皇宮の残部を救う。
  • 第六章
    • リリパット国住民及びその学問、法律、習慣、子弟教育法について――同国に於ける著者の生活――一貴婦人に関する弁明。
  • 第七章
    • 著者、危うく大逆罪に問われんとする陰謀を知り、急拠ブレフスキュに逃る――同国に於ける歓待。
  • 第八章
    • 著者、僥倖にもブレフスキュを去るを得、さまざまの困難の後、無事故国へ帰り着きし顚末。
第二篇 ブロブディンナグ(大人国)渡航記……九一
  • 第一章
    • 大暴風雨の描写――給水のために長艇を出すこと――著者、同行してたまたま巨人国を発見するに至る――著者、ただ一人海岸に取り残され、国人の捕らうるところとなりて、農家に連行さる――著者の受けたる歓待、その他――住民の描写。
  • 第二章
    • 農夫の娘の描写――著者、市場へ、ついで首都へと伴わる――旅行の顚末。
  • 第三章
    • 著者、宮中のお召しを蒙る――王妃、著者をその主人なる養父より購い、国王への贈物とする――宮廷付き大学者らとの論争――著者、宮中に一室を賜わ――王妃の寵遇を受く――著者、祖国のために弁ず――王妃付き侏儒との衝突。
  • 第四章
    • 当国の状況――現代地図訂正の提案――王宮、及び首都に関する記述――著者の旅行――中央寺院の状況。
  • 第五章
    • 著者、数々の危険に遭遇す――罪人処刑――著者、航海術の妙を示す。
  • 第六章
    • 著者の考案、両陛下を喜ばす――著者、音楽の妙技を示す――国王、ヨーロッパの政情に関し御下問あり、著者の奉答――上記に対する国王の批判。
  • 第七章
    • 著者の祖国愛――著者、国王のために極めて有益なる提案を試み、その拒否に遭う――政治に関する国王の無知――当国の学問は不完全、かつ局限的なものである――法律、軍事、政党。
  • 第八章
    • 王、王妃両陛下、辺境地域を巡幸せらる――著者、これに随行する――著者、この国を去る、並びにその方法の詳細なる記述――帰英。
第三篇 ラピュタ、バルニバービ、ラグナグ、グラブダブドリッブ及び日本渡航記……一八一
  • 第一章
    • 著者、三度航海に出で、海賊の虜となる――一オランダ人の奸策――島へ到着――ラピュタ島入国。

-

--

-

--

-

--

-

--

-

--

-

--

-

--

-

--




スウィフト 中野好夫訳『ガリヴァ旅行記』新潮文庫