蜀犬 日に吠ゆ

2014-06-02

[][][]角川歴彦という男 20:14 はてなブックマーク - 角川歴彦という男 - 蜀犬 日に吠ゆ

 きちんとまとまってから記事を書きたいものだと思っていましたが、そんなことをいっていたらいつまでたっても何もかけません。2011年4月(たぶん)の朝日新聞記事を書き起こしてみます。

角川グループホールディングス会長 角川歴彦さん(67歳)
大衆を信じる情報革命の旗手

 東日本大災後、友人の作家に「発言すべきではないか」と提案すると、「10年待ってほしい」と言われたという。「良心的だとは思う。この災を咀嚼して考えをまとめるにはそれくらいかかる。ただ20世紀はそれでよかったが、今は通じない」

 10年どころか1年先も見通せないデジタル革命の中で、国内有数のビジョナリー(先見的経営者)と評される。

 2005年末に登場したユーチューブに映画などの違法投稿が相次ぎ、権利者に敵視されていた時期から提携を提案。08年に公式ページをユーチューブに設置して同社アニメ作品を無料公開した。注目されたのが、同社作品を基にファンが投稿した二次創作の扱いだ。著作権侵害でも一律削除はせず、一つ一つ内容を確認して原作者らと話し合い、多くの作品を公認した。

 日本の著作権法は、権利者の要請を受けてネットに厳しく改正されてきたが、それと対照的な姿勢だ。その根本には、変化を恐れない積極性と大衆への信頼がある。

 「いま進行中の『ソーシャル革命』では、大衆が互いに情報を発信し受信する。その芽はアナログ時代にもあった。芥川賞のような新人賞がそうだし、私たちもライトノベルで新人発掘に力を入れてきた。大衆が生みだすものを私は信じてきました。」

 80年代にロサンゼルスを訪ねた際、案内役の商社マンが「断絶していた父子の会話が『ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ(D&D)』のおかげでよみがえった」と話すのに感銘を受けた。D&Dはロールプレイングゲーム(RPG)の元祖で、「ドラゴンクエスト」などの源流だ。ドラクエでコンピューターが務めるゲームマスターをD&Dでは人間が受け持つ。複雑な台本とゲームのプラットフォーム(仕組み)の上に、プレーヤーやゲームマスターの豊かなコミュニケーションが生まれ、プレーごとに異なる物語が紡がれる。

 「いまソーシャルと呼ばれている現象を理解する原点がD&Dでした。原作をプラットフォームにしてコミュニケーションが生まれ、さまざまな人が多彩な二次創作を紡ぐ。人々に広く開かれていることで生まれる豊かさがあるのです。だから原作者の権利を厳格に守る著作権法のあり方には疑問がわく」

 角川グループは、出版、映画、コミックなどコンテンツ産業の集合体。中核となる角川書店と角川映画を今年1月に合併させた。

 「iPadの出現で、全てのコンテンツがデジタルの上にまとまると確信した。例えば『時をかける少女』は小説も映画もアニメも一つのデータベースに載るだろう。そうした時代に合わせて、コンテンツも当然進化する。その変化に対応するのに、組織は柔軟な方がいい」

 ここでも鍵は大衆だ。

 「組織は大衆の声を聞けるようにしておかないといけない。いまネットの集合知と呼ばれる大衆の声は、いずれ巨大知へと進化し、そこから得られる情報が今以上に重要になっていくはずですから」

 文・丹治吉順

 写真・麻生健

 b3面に続く

「フロントランナー」『朝日新聞be』

 ここで力尽きました。


[][]『恐ろしい話』ちくま文庫 20:04 はてなブックマーク - 『恐ろしい話』ちくま文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

『恐ろしい話』
目次
  • 「出エジプト記」より……文語訳「旧約聖書」
  • 詩人のナプキン……アポリネール 堀口大學訳
  • バッソンピエール元帥の回想記から……ホフマンスタール 大山定一訳
  • 蠅……ピランデルロ 山口清役
  • 爪……アイリッシュ 阿部主計訳
  • 信号手……ディケンズ 小池滋訳
  • 「お前が犯人だ」……ポー 丸谷才一訳
  • 盗賊の花むこ……グリム 池内紀訳
  • ロカルノの女乞食……クライスト 種村季弘訳
  • 緑の物怪(もののけ)……ネルヴァル 渡辺一夫訳
  • 竈の中の顔……田中貢太郎
  • 剣を鍛える話……魯迅 竹内好訳
  • 断頭台の秘密……ヴィリエ・ド・リラダン 渡辺一夫訳
  • 剃刀……志賀直哉
  • 三浦右衛門の最後……菊池寛
  • 利根の渡……岡本綺堂
  • 死後の恋……夢野久作
  • 網膜脈視症……木々高太郎
  • 罪のあがない……サキ 中西秀男訳
  • ひも……モーパッサン 杉捷夫訳
  • マウントドレイゴ卿の死……モーム 田中西二郎訳
  • ごくつぶし……ミルボー 河盛好蔵訳
  • 貧家の子女がその両親並びに祖国にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案……スウィフト 深町弘三訳
  • ひかりごけ……武田泰淳

なぜ怖がりたがるのか? 解説にかえて……池内紀

『恐ろしい話』ちくま文庫
ちくま文学の森6巻 恐ろしい話

ちくま文学の森6巻 恐ろしい話