蜀犬 日に吠ゆ

2014-07-06

[][]Let's Dance ! 16:19 はてなブックマーク - Let's Dance ! - 蜀犬 日に吠ゆ

どうして背が高いのか?の続き

前回わかったこと

  • アブラハムには七人の子
    • ほんとは八人だったけれど、正妻サラの子イサクより先に生まれた側女ハガルの子イシシュマエルは追放した。
  • 一人はのっぽであとはちび
    • サラの死後、あらたに娶ったケトラとのあいだに六人の子がうまれた。年齢が離れているのでイサクがのっぽであとはちび

 いくつか間違いもあります。

 『旧約聖書』を読んで追記・訂正など

 訂正。イサクは別に追放されていませんでした。じゃあどうして「七人の子」に含まれないかというと、別のところで暮らしていたからのようです。

創世記

21 イサクの誕生
ハガルとイシュマエル

9 サラは、エジプトの女ハガルがアブラハムとのあいだに産んだ子が、イサクをからかっているのを見て、

10 アブラハムに訴えた。

 「あの女とあの子を追い出してください。あの女の息子は、わたしの子イサクと同じ跡継ぎとなるべきではありません。」

11 このことはアブラハムを非常に苦しめた。その子も自分の子であったからである。

新共同訳『旧約聖書』

創世記

21 イサクの誕生
ハガルとイシュマエル

14 アブラハムは、次の朝早く起き、パンと水の革袋をとってハガルに与え、背中に負わせて子供を連れ去らせた。

新共同訳『旧約聖書』

 これでなんとなく追放されたように思い込んでしまいました。

創世記

21 イサクの誕生
ハガルとイシュマエル

20 神がその子と共におられたので、その子は成長し、荒れ野に住んで弓を射るものとなった。

21 彼がパランの荒れ野に住んでいたとき、母は彼のために妻をエジプトの国から迎えた。

新共同訳『旧約聖書』

 アブラハムの集落からあまり遠くなかっただろうことが、アブラハムの死に際してイシュマエルが葬儀に参加したことから推測されます。

創世記

25 ケトラによるアブラハムの子孫
アブラハムの死と埋葬

7 アブラハムの生涯は百七十五年であった。

8 アブラハムは長寿を全うして息を引き取り、満ち足りて死に、先祖の列に加えられた。

9 息子イサクとイシュマエルは、マクペラの洞穴(ほらあな)に彼を葬った。その洞穴はマムレの前の、ヘト人ツォハルの子エフロンの畑の中にあったが、

10 その畑は、アブラハムがヘトの人々から買い取ったものである。そこに、アブラハムは妻サラと共に葬られた。

新共同訳『旧約聖書』