蜀犬 日に吠ゆ

2014-08-01

[][]四福音書の冒頭 08:40 はてなブックマーク - 四福音書の冒頭 - 蜀犬 日に吠ゆ

マタイによる福音書 第1章

The Gospel According to MATTHEW CHAPTER 1
イエス・キリストの系図

1 The book of the genealogy of Jesus Christ, the Son of David, the Son of Abraham:

1 アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図。

2 Abraham begot Isaac, Isaac begot Jacob and Jacob begot Judah and his brothers.

3 Judah begot Perez and Zerah, by Tamar, Perez begot Hezron, and Hezron begot Ram.

4 Ram begot Amminadab, Amminadab begot Nahshon, and Nahshon begot Salmon.

5 Salmon begot Boaz by Rahab, Boaz begot Obed by Ruth, Oved begot Jesse,

6 and Jese begot Solomon by her who had beenn the wife of Uriah.

7 Solomon begot Rehoboam, Rehoboam begot Abijah, and Abiyah begot Asa.

8 Asa begot Jehoshaphat, Jehoshaphat begot Joram, and Joram begot Ussiah.

9 Ussiah begot Jotham, Jotham begot Ahaz, and Ahaz begot Hezekiah.

10 Hezekiah begot Manasseh, Manaseh begot Amon, and Amon begot Josiah.

11 Josiah begot Jeconiah and his brothers about the time they were carried away to Babylon.

12 And after they were brought to Babyron, Jeconiah begot Shealtiel, and Shealtiel begot Zerubbabel.

13 Zerubbabel begot Abiud, Abiud begot Eliakim, and Eliakim begot Azor.

14 Azor begot Zadok, Zadok begot Achim, and Achim begot Eliud.

15 Eliud begot Eleazar, Eleazar begot Matthan, and Matthan begot Jacob.

16 And Jacob begot Joseph the husband of Mary, of whom was born Jesus who is called Christ.

16 ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった。

17 So all the generations from Abraham to David are routeen generations, form David until the captivity in Babyron are fourteen generations, and from the captivity in Babyron until the Christ are fourteen generations.

17 こうして、全部合わせると、アブラハムからダビデまで十四代、ダビデからバビロンへの移住まで十四代、バビロンへ移されてからキリストまでが十四代である。

新共同訳『新約聖書』国際ギデオン協会

 開扉にあたる冒頭の章からもうムチャラクチャラなのが聖書の特徴です。

 「Jesus Christ, the Son of David, the Son of Abraham イエスキリスト(ダビデの子、アブラハムの子)」と宣言してしまっています。にもかかわらず「Joseph the husband of Mary, of whom was born Jesus who is called Christ ヨセフ(イエスを生んだマリアの夫)」と話が変わってしまっていますので、これまで延々つなげてきた系図はいったい何なのか、謎なのです。

 この系図はあと Luke 3:23-38 でも登場します。

 それと「Babyron バビロン」の中に baby が入っているのが地味に笑える。まあユダヤ教の生まれた地ではあるわけですが。



マルコによる福音書 第一章

The Gospel According to MARK CHAPTER 1
洗礼者ヨハネ、教えを宣べる

1 The beginning of the gospel of Jesus Christ, the Son of God.

1 神の子イエス・キリストの福音のはじめ

2 As it is written in the Prophets: "Behold, I send My messenger before Your face, Who will prepare Your way before You."

2 預言者イザヤの書にこう書いてある。「見よ、わたしはあなたより先に使者を遣わし、あなたの道を準備させよう

3 "The voice of one crying in the wilderness: 'Prepare the way of the LORD; Make His paths straight.'"

3 荒れ野で叫ぶ者の声がする。

 『主の道を整え、

 その道筋をまっすぐにせよ』」

そのとおり

4 John came baptizing in the wilderness and preaching a baptism of repentance for the remission of sins.

4 洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて、罪の許しを得させるために悔い改めの洗礼(バプテスマ)を宣べ伝えた。

5 Then all the land of Judea, and those from Jerusalem, went out to him and were all baptized by him in the Jordan River, sonfessing their sins.

5 ユダヤの全地方とエルサレムの住民は皆、ヨハネのもとに来て、罪を告白し、ヨルダン川で彼から洗礼を受けた。

6 Now John was clothed with camel's hair and with a leather belt around his waist, and he ate locusts and wild honey.

6 ヨハネはらくだの毛皮を着、腰に革の帯を締め、いなごと野蜜(のみつ)を食べていた。

7 And he preached, saying, "There comes One after me who is mightier than I, whose sandal strap I am not worthy to stoop down and loose.

7 彼はこう宣べ伝えた。「わたしよりも優れた方が、後から来られる。わたしは、かがんでその方の履物のひもを解く値打ちもない。」

8 I indeed baptized you with water, but He will baptize you with the Holy Spirit."

8 わたしは水であなたたちに洗礼を授けたが、その方は聖霊で洗礼をお授けになる。」

新共同訳『新約聖書』国際ギデオン協会

 わかりよい。イエスに先行する洗礼者ヨハネを紹介し、ヨハネがあらたなメシアの到来を預言するということです。

 「イザヤの預言」とは、旧約聖書「イザヤ書」のことでしょう。

イザヤ書 40

帰還の約束

3 呼びかける声がある。

 主のために、荒れ地に道を備え

 私たちの神のために、荒れ地に広い道を通せ。

新共同訳「イザヤ書」『聖書』

ルカによる福音書 第1章

The Gospel According to LUKE CHAPTER 16
献呈の言葉

1 Inasmuch as many have taken in hand to set in order a narrative of those things which have been fulfilled among us,

2 just as those who from the beginning were eye witnesses and ministars of word delivered them to us,

1-2 わたしたちの間で実現した事柄について、最初から目撃して御言葉(みことば)のために働いた人々がわたしたちに伝えたとおりに、物語を書き連ねようと、多くの人々が既に手を着けています。

3 it seemed good to me also, having had perfect understanding of all things from the very first to write to you an orderly account, most excellent Theophilus,

3 そこで、敬愛するテオフィロさま、わたしもすべての事を初めから詳しく調べていますので、順序正しく書いてあなたに献呈するのがよいと思いました。

4 that you may know the certainty of those things in which you were instructed.

4 お受けになった教えが確実なものであることを、よく分かっていただきたいのであります。

新共同訳『新約聖書』国際ギデオン協会

 これも話は分かります。伝道者ルカは、他の者たちに比べるとすこし遅れてあらわれ、先行する福音を参照しながらみずからの物語を書き連ねたということになります。そしてそういう、いわば2次文献が、先行する福音書と並列されているところも、『新約聖書』の不思議な特徴ではあります。


ヨハネによる福音書 第1章

The Gospel According to JOHN CHAPTER 1
言葉が肉となった

1 In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God.

1 初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。

2 He was in the beginning with God.

2 この言は、初めに神と共にあった。

3 All things were made through Him, and without Him nothing was made that was made.

3 万物は言葉によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。

4 In Him was life, and the life was the light of man.

4 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。

5 And the light shines in the darkness, and the darkness ded not comprehend it.

5 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。

6 There was a man sent from God, whose wname was John.

6 神から遣わされた一人の人が居た。その名はヨハネである。

新共同訳『新約聖書』国際ギデオン協会

 「Reveration 黙示録」でも活躍するヨハネですが、かれの福音書は異彩を放ち、まるきり別の宗教のようにも見えます。この世を命で満たすために神から遣わされたのは、ヨハネであるという自己紹介から始まるこの福音書も、どうして『新約聖書』に採られたのか不思議ですね。