蜀犬 日に吠ゆ

2015-01-11

[][][]中川右介『常識として知っておきたい クラシック音楽50』KAWADE夢新書 16:57 はてなブックマーク - 中川右介『常識として知っておきたい クラシック音楽50』KAWADE夢新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 買ったけれども投げ出してしまっていた本が出てきました。一応備忘として目次を写しておきます。あとで中身の悪口を言うかも(あとでとお化けは出たためしなし)。毛嫌いは止めて、軽い気持ちで読み直すことにします。

常識として知っておきたいクラシック音楽50/もくじ

Chapter 1 「さわり」だけでも聴いておくべき名曲の中の名曲
  • 運命 ベートーヴェン
    • ネーミングの勝利で一躍、有名曲に…/20
    • 運命が扉を叩いた時、新たな時代が始まった/21
    • これが(運命)定番解釈/23
  • 未完成 シューベルト
    • シューベルト自身の人生も、「未完成」だった/26
    • 短い生涯だが、多作で「歌曲王」となる/29
  • 悲愴 チャイコフスキー
    • 果てしない暗さに心打たれる名曲/30
    • 常識を破ったから、名曲/32
    • これらで急死か、同性愛に悩んで自殺か/34
  • 新世界より ドヴォルザーク
    • 名曲を寄せ集めた名曲/36
    • スラブ、ボヘミア、そして祖国への愛/38
  • 巨人 マーラー
    • 二〇世紀前半での不遇と、後半でのブーム/40
    • 最後の交響曲作家/42
    • マーラーが抹殺された理由、復活した理由/44
  • 交響曲第四〇番 モーツァルト
    • 相反する二つのモーツァルトのイメージ/46
    • モーツァルトは自作をどう呼んだか/47
    • 今流行の演奏方法とは/50
  • G線上のアリア バッハ
    • 作曲者自身も知らない曲名/52
    • バッハが「音楽の父」である理由/53
    • 専属作曲家からフリーへ/55
  • 四季 ヴィヴァルディ
    • バロック音楽の代表曲の一つ/57
    • 二〇世紀になって復活した名曲/59
  • 別れの曲 ショパン
    • ショパンの最も美しい調べの曲/61
    • 歴史の転換点に生きた芸術家/63
    • 現代の感覚に直結するピアノ曲/66
  • ボレロ ラヴェル
    • フランスで最も人気の作曲家/68
    • 魔術と同性愛が音楽の謎を解く鍵/70
    • 深読み・裏読みが可能な単純にして深遠な曲/71

  • もっと判るミニ知識①(曲名・名曲・有名曲)/74

Chapter 2 知らず知らずのうちに誰もが耳にしている有名曲
  • ツァラトゥストラはかく語りき リヒャルト・シュトラウス
    • 映画『2001年宇宙の旅』で有名/76
    • ナチスとの微妙な関係/77
  • 美しき青きドナウ ヨハン・シュトラウス
    • CMなどのBGMでたびたび使われる超有名曲/78
    • 父は「ワルツの父」、息子は「ワルツ王」/80
  • 交響曲第五番 マーラー
    • 映画『ベニスに死す』、ドラマ『白い影』でおなじみ/82
    • 愛と再生をドラマティックに描写/83
  • ワルキューレの騎行 ワーグナー
    • 映画『地獄の黙示録』で有名に/84
    • コッポラ監督の狙いは?/86
  • (ウィリアム・テル)序曲 ロッシーニ
    • 運動会のBGMでおなじみ/87
    • 指揮者の身振りにも注目/89
  • 惑星 ホルスト
    • ヒット曲『Jupiter』の原曲/90
    • 神話と占星術がモチーフの名曲/91
  • 白鳥の湖 チャイコフスキー
    • バレエといえば、この曲/93
    • チャイコフスキーの底知れぬ才能/94
  • ツィゴイネルワイゼン サラサーテ
    • ヴァイオリンの調べといえば…/96
    • あらゆるヴァイオリニストが演奏/97

  • もっと判るミニ知識② (クラシックCDの買い方)

Chapter 3 世界中で上演されるつねに人気の名曲オペラ
  • アイーダ ヴェルディ
    • 三角関係、歴史スペクタクル、悲劇の三拍子そろった名作/102
    • ハリウッドの映画音楽にも影響/103
  • ボエーム プッチーニ
    • ヴェルディの後継者としてヒットを連発/105
    • ボエーム プッチーニ
    • ヴェルディの後継者としてヒットを連発/105
    • 現代人も共感を期待するストーリー/106
  • カルメン ビゼー
    • 知名度ナンバー1のオペラ・ヒロイン/107
    • エキゾチックで魅惑的なメロディ/108

  • もっと判るミニ知識③(オペラの観方・聴き方)/109

Chapter 4 数奇な運命の『第九』を超えようとした交響曲の傑作
  • 交響曲第九番(合唱) ベートーヴェン
    • 歌詞がわからなくても感動する名曲/112
    • 第九番は、なぜか「最後の交響曲」
  • 交響曲第一番 ブラームス
    • ベートーヴェンを超える苦しみ/116
    • 交響曲第一〇番と呼ばれた傑作/117
  • 交響曲第九番 ブルックナー
    • 未完成に終わった第九/119
    • 最後の作を予感させる荘厳な響き/120
  • 交響曲第九番 マーラー
    • 「九が最後」を意識して書かれた告別の曲/122
    • 比較して聴きたいカラヤンとバーンスタイン/124
  • 交響曲第九番 ショスタコーヴィチ
    • 共産体制下で書かれた曲/125
    • 最も謎めいた交響曲/126

  • もっと判るミニ知識④(指揮者の役割)/128

Chapter 5 知っていると鼻が高い巨匠の名演奏で知られる曲
  • 大公 ベートーヴェン
    • 最後にして最高のピアノ・トリオ/130
    • 「100万ドル・トリオ」の裏舞台/131
  • 無伴奏チェロ組曲 バッハ
    • うもれた名曲/132
    • 名演奏家は名曲を知る/133
  • ゴルトベルク変奏曲 バッハ
    • コンサートを拒否した天才ピアニスト、グールド/134
    • 眠くなるための曲の目の覚めるような演奏/136
  • トスカ プッチーニ
    • 公私ともに注目を集めた歌手カラス/138
    • カラスによるオペラ革命の真髄/139
  • オテロ ヴェルディ
    • 知られたストーリーを、誰がどう演じるか/140
    • シェイクスピア役者も脱帽のドミンゴの演技と歌/142
  • 二四のカプリース(奇想曲) パガニーニ
    • 悪魔といわれたヴァイオリニスト/143
    • 天才による天才のための曲/144
  • 展覧会の絵 ムソルグスキー
    • 時代の波に翻弄された作曲家/146
    • ピアノ版で聴くか、オーケストラ版で聴くか/147
Chapter 6 ソロの演奏が冴える華麗なるコンチェルトの名曲
  • ピアノ協奏曲第二〇番、第二一番 モーツァルト
    • 映画『アマデウス』『短くも美しく燃え』のあのメロディ/150
    • ベートーヴェンに引き継がれた『革命』/151
  • 皇帝 ベートーヴェン
    • 「皇帝」はナポレオンにあらず/152
    • ベートーヴェンの画期的試み/153
  • ピアノ協奏曲第一番 チャイコフスキー
    • (皇帝)を超えた名曲中の名曲/154
    • 名ピアニストに断られた難曲/155
  • ピアノ協奏曲第二番 ラマニノフ
    • 音楽史に残る人物の自作自演が聴ける/157
    • 怒濤のように感動が押し寄せる三〇分の演奏/158
  • ヴァイオリン協奏曲 メンデルスゾーン
    • 指揮者の役割に革命を起こす/160
    • 死後の時代を予感させる暗さ/162
  • フルートとハープのための協奏曲 モーツァルト
    • 公爵父娘のために作られた、隠れた名曲/163
    • モーツァルトらしい優雅で可憐な曲/164

  • もっと判るミニ知識⑤(キャラクタービジネスとモーツァルト)/156

Chapter 7 音楽史を楽しく彩るエピソードあふれる名曲
  • 英雄 ベートーヴェン
    • 交響曲の一大転機となった傑作/168
    • 芸術のために生きる作曲家の証/169
  • 情熱 ベートーヴェン
    • ピアニストにとっての新約聖書/170
    • 数あるピアノ・ソナタの中の名曲/171
  • 幻想交響曲 ベルリオーズ
    • 片思いの女優への求愛のための曲/172
    • 交響詩への橋渡しとなった先駆的作品/174
  • 交響詩(前奏曲) リスト
    • 交響詩の創始者の傑作/176
    • 数々の音楽家へ影響を与えたリスト/177
  • トリスタンとイゾルデ ワーグナー
    • 音楽の最終地点ともいえる傑作/178
    • 不倫の恋を活力の源に/179
  • わが祖国 スメタナ
    • 民族主義音楽の最高傑作/181
    • 日本人にもなじみやすい牧歌的メロディ/182
  • 春の祭典 ストラヴィンスキー
    • 二〇世紀の音楽で最大のスキャンダル/183
    • 時代を先取りした名曲/184
  • 清められた夜 シェーンベルク
    • 最も新しいクラシック/185
    • 愛の詩をテーマにしたドラマティックな名曲/187
  • 交響曲第五番 ショスタコーヴィチ
    • 日本では(革命)の題で有名/188
    • 革命賛歌か反体制の曲なのか、永遠の謎/189
  • マタイ受難曲 バッハ
    • クラシック最高峰の名曲/191
    • メンデルスゾーンによって一〇〇年ぶりに復活/192
  • ニーベルングの指輪 ワーグナー
    • CDなら一五枚組の四部作/194
    • 映画やドラマでおなじみの手法を創始/196
    • ワーグナーは二つの国を滅ぼした?/197
中川右介『常識として知っておきたい クラシック音楽50』KAWADE夢新書