蜀犬 日に吠ゆ

2015-02-22

[][][][]荒川弘『アルスラーン戦記』講談社 15:45 はてなブックマーク - 荒川弘『アルスラーン戦記』講談社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 田中先生が執筆を再会したとの報道も聞きましたので、これを機会に読んでみようかと思いました。

 しかし、まず漫画から。

 買いに行ったら講談社の棚になくて店員さんに聞いたら思いっきり平積み台にあって、、、お手数とらせてごめんなさいとしか言いようがありません。

 おもしろい。もちろんおもしろくて当たり前の人気シリーズなのですけれども、小説のほうも楽しみにしたいです。

 でも先に積んである『銀河英雄伝説』を何とかしなければならないかも。

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)

 『蘭陵王』は半分くらいまで読んで止まっています。

蘭陵王 (文春文庫)

蘭陵王 (文春文庫)

 よーするに漫画で出してくれって話なのかも。


 それでちょっとおもしろかったのが、漫画版アルスラーン戦記の裏表紙って、バーコードがないのですね。すみっこにISBNが記載してあるだけ。どういうことかというと、普通書店で行われるビニールパック(シュリンク)が、おそらく版元段階でなされて、そこにバーコードのシールが貼ってあるわけですよ。

 写真は、右がシュリンクを外した1巻、左が外していない2巻。

 書籍の装幀にバーコードを印刷する技術が導入されたとき、あちこちで疑問の声はありました。デザインを崩すと。バーコード領域のことを考えて装幀するのか、関係なしにあとからさしこむのか。出版社にとってもメリットとデメリットのバランスで悩みどころだったのではないでしょうかね。

 こういうふうにシュリンクにシールを貼る形は他の書籍でなされているのかわかりませんが、いろいろな試みが続けられているのだなあ、と感じました。