蜀犬 日に吠ゆ

2016-08-08

[][]福音館版『アラビアンナイト』 08:17 はてなブックマーク - 福音館版『アラビアンナイト』 - 蜀犬 日に吠ゆ

 定番、というのが好き。「とりあえず抑えとけ」とか「入門編」などという言葉に弱い。

 性格が飽きっぽいので何にでも*1食いつき、知能はたいしたことないので深く追求するのは苦手。

 読書に関しては、こういう事情なので「印象に残った本」だの「若い人に勧める本」だのを質問されるのは苦手です。自分の興味のあるところを、好きに読んだらいいんじゃないの? と考えてしまうから。この間はおすすめの本に、なんて答えたっけか、、、(好きな作家は星新一とミヒャエル・エンデです、と答えたような気がします。当然こんなのも日替わり月替わりです。)

 まあそれはさておき、好きな人がとりあえずのとっかかりにするくらいの部分で十分満足するので、子ども向けの文学全集みたいのは重宝するのです。今回は、『アラビアンナイト』

    • アラビアン・ナイト
    • もくじ
      • 漁師と魔神……9
      • 黒島の若い国王の身の上話……43
      • アリ・ババと四十人の盗賊の話……69
      • アジブ王の物語……135
      • アラディンと魔法のランプ……165
      • コダダードと兄弟たちの物語……335
      • ものいう鳥と歌う木と金色の水……385
      • 船乗りシンドバットの物語……473
    • あとがき
ケイト・D・ウィギン/ノラ・A・スミス編 坂井晴彦訳『アラビアンナイト』福音館書店

 こうしてみますと、やはりアラディンとシンドバットは外せないのですかね。シェへラザートは省略されてしまっています。あとがきでは、

    • あとがき

 この物語には、およそ二百六十以上の話がふくまれています。そんなにたくさんの、おまけに、話の内容も登場人物も、時も所もちがう話を、一冊の本にまとめるためには、話と話の間をうまくつなぐ仕掛けが必要になります。そこで、この本の場合には、全部の話を、一人の語り手が、毎晩語りつづけるということにしたのです。その語り手は、シェヘラザートという若い女性で、聞き手は、ペルシャの王さまということになっています。

 (中略)

 このような仕掛けは、たくさんの、それぞれ内容がちがう話を一つの本にまとめるには、効果的な方法ですが、児童向けの本として、ごくわずかな物語だけを読んでもらう場合には、かえってわずらわしくなりますので、省略するのがふつうです。

ケイト・D・ウィギン/ノラ・A・スミス編 坂井晴彦訳『アラビアンナイト』福音館書店

 なるほどねえ。

*1:もちろん限度はあります