蜀犬 日に吠ゆ

2016-08-14

[][][]室町幕府の成立と南北朝の動乱について復習する(その4) 20:13 はてなブックマーク - 室町幕府の成立と南北朝の動乱について復習する(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

 ちと古い問題集ですが、復習していきます。

室町幕府の成立(Ⅰ)

(3) つぎの文を読み(  )に適語を記入し、下線部の設問に答えよ。

 南朝の( 1 *1)が北朝の後小松天皇に譲位することによって、3代将軍義満は、内乱に終止符をうつことに成功した。それだけではなく、義満は長い間公家政権が保持してきた京都の市政権、とりわけ(1)警察権・民事裁判権や( 2 *2)・土倉などにたいする商業課税権などをしだいに吸収していった。また、諸国に課する( 3 *3)の徴収権なども朝廷より引き継ぎ、全国的な統一政権としての幕府を確立した。1378年、(2)京都室町に壮麗な邸宅を構え、ここで政治をとったので、この幕府を室町幕府という。義満は将軍としてはじめて( 4 *4)という朝廷における最高の官職にのぼり、出家したのちも幕府や朝廷に対し実験を振るった。

 幕府の機構は、このころほぼととのい、鎌倉時代の政治機構を踏襲した政所・問注所・侍方や評定衆がおかれ、( 5 *5)がこれらの機関を統轄し、将軍を補佐した。(5)には(3)足利一門の有力守護が交代で任命された。鎌倉時代に比して、政所や問注所が権限を縮小したのに対し、侍所は京都内外の警備や刑事裁判を取扱う重要な機関となり、その長官は(4)四職から任命されるのが慣例であった。これらの有力大名はもっぱら在京して幕府の中枢を占め、重要政務を決定した。また一般の守護も領国は( 6 *6)に統治させ、自身は在京して幕府に出仕するのが原則であった。


設問(1) 公家政権下ではこの権限はどんな機関が行使していたか。令外の官名で答えよ。*7

  (2) この壮麗な邸宅は何とよばれたか。*8

  (3) この有力守護の姓をすべて記入しなさい。*9

  (4) 四職の姓をすべて答えよ。*10

『日本史総合テスト』山川出版社1998
  • 空欄補充

 1 後亀山天皇…全然わかりませんでした。南朝の天皇には「後」がつくのですよね。南北正閏論については以下に。

 2 「酒に関する商人だよなあ、、」まではわかりましたが、酒屋が出ない、、、

  • 設問

 (3)(4)三管領と四職は完全に混同している上に、あわせて4つしか思い浮かびませんでした。応仁の乱に際しての、お互いの関係は、絶望的ですね。


  • 南北朝合一について
室町幕府

南朝の後亀山天皇(在位1383~92)は義満の呼びかけに応じて京都に帰り、北朝の後小松天皇(在位1382~1412)に譲位するという形で南北朝の合一が実現した。和平の条件として将来は両統が交互に皇位につくと約束されたが、実現はしなかった。幕府は南朝の皇族をつぎつぎに出家させ、子孫を絶った。南朝の人々は深くこれを恨み、南朝の子孫や遺臣の反乱は、応仁の乱ころまで繰り返しおきていた。

五味文彦/髙埜利彦/鳥海靖 編『詳説 日本史研究』山川出版社1998

 これが「一休さん」が紅蓮(ぐれ)てしまった原因であり、義満が一休さんを呼び出しては無理難題をふっかける話につながるわけですね。


  • 南北朝正閏論について
南北朝正閏論

 後醍醐天皇が吉野に去ってから江戸時代の初めころまでは、北朝の正統性に疑問をもったり、南朝の存在をことさらに協調する学者は皆無であった。ところが儒学の名文論の進展から、両者の正閏を問題にする動きが現われた。

 当時の常識をくつがえして南朝正統を主張したのは水戸の『大日本史』で、神器をもつ者が即ち正当な皇位継承者、という考え方を提示した。これを受け継いだのが頼山陽の『日本外史』で、この書は明治の元勲たちに大きな影響を与えたといわれる。明治になると学問的な立場から南北朝並立論が現われ、1910(明治43)年制定の『尋常 日本歴史』も喜田貞吉(1871~1939)らによってこの立場で叙述されている。ところが南朝正当論者が国家主義者と結んでこれを問題視し、国民思想涵養上、南朝の正統を教育すべきであるとした。折からおこった大逆事件とも関連してことは政治問題に発展し、政府は翌年勅裁によって南朝正統を決定、教科書は改訂され、足利尊氏は逆賊と定められた。以後、皇国史観の伸展とともに南朝正統論は不動になり、太平洋戦争を迎える。

五味文彦/髙埜利彦/鳥海靖 編『詳説 日本史研究』山川出版社1998

↓ 以下の商品紹介は、新版

詳説日本史研究

詳説日本史研究

*1:後亀山天皇

*2:酒屋

*3:段銭(たんせん)

*4:太政大臣

*5:管領

*6:守護代

*7:検非違使(けびいし)

*8:花の御所

*9:三管領--斯波、細川、畠山

*10:山名、赤松、京極、一色