蜀犬 日に吠ゆ

2016-08-14

[][]小寺聡『もういちど読む 山川倫理』山川出版社2011 21:39 はてなブックマーク - 小寺聡『もういちど読む 山川倫理』山川出版社2011 - 蜀犬 日に吠ゆ

 「洞窟の比喩」と「洞窟のイドラ」がいつも混乱する、曖昧な私です。こんばんは。

 山川出版社の倫理を読もうとしましたが、まず「まえがき」の部分を読んで立志の誓いを強化します。

ふたたび倫理を学ぶみなさんへ

 「人間はいかに生きるべきか」「人生はいかにあるべきか」という問いは、私たちが人生で直面するさまざまな問題のなかでも、いちばん基本にある問いといえます。それはまた、昔から古代ギリシアのソクラテスをはじめ、多くの優れた先人が生涯を通じて考え抜いた倫理の根本問題です。そして、この問題に対する先人の答えは、洋の東西を問わず、各人各様といってもよいほどさまざまです。ある人は個人の心のあり方を基準にして「人間の生き方」を考え、ある人は社会全体の福祉を基準にして「人間のあり方」を求めています。また、ある人は倫理的生活の中心を、自分が体験する身近な世界の中に見出し、ある人は現実の世の中を越えた視点から、真実の生き方とは何かを問題にしました。私たちが、こうした先人の真剣な思索の成果を学ぶ際に、もしも、それがただ過去の知識を習得することに終わるならば、倫理を学ぶことほど不毛でつまらないものはないでしょう。私たちが自分自身の心と行動のあり方を反省しながら、人間の生き方・あり方について主体的に問いすすめていくところに、倫理を学ぶ意義があるからです。

 倫理とは何かという質問に、「倫理」という言葉の意味を説明する答え方があります。たとえば「倫」とは「なかま」のことであり、「理」とは「筋道」のことをさしますから、倫理とは要するに人々の永年の経験が積み重なってできあがった、人間集団の規律やルールのことをさすと説明できます。倫理は私たちが他者とともに、人間らしく生きるための道筋を示すものといえます。私たちはこのような人として歩むべき道筋を過去の人びとから受け継ぎながら、未来の新しい時代に即した人間の生き方を探求しなければなりません。

 本書は高等学校の教科書として使われている『現代の倫理(改訂版)』をベースに、一般の読者を対象として明快な記述ながらも内容を深め、人生について思索する手がかりになるように改めました。また、先人の思想を理解する上での手助けになるように、彼らの言葉をコラムとして掲載しています。誰にでも読みやすく、この一冊で、人類史上に登場したおもな思想家たちの考えが把握でき、人類の精神史の全体像と、現代の倫理的課題が一望できる書物です。本書が現代人の一人ひとりにとって、みずからの生き方を考える上での一助となることを願っています。

小寺聡『もういちど読む 山川倫理』山川出版社2011

 あー。読点のリズムが私とは違うのですなあ。だから読みにくかったのか。すこしゆっくり読むのが(わたしにとっての)コツですね。

もういちど読む山川倫理

もういちど読む山川倫理