蜀犬 日に吠ゆ

2016-12-26

[][][]マイケル・ウィットワー『最初のRPGを作った男 ゲイリーガイギャックス』ボーンデジタル 20:40 はてなブックマーク - マイケル・ウィットワー『最初のRPGを作った男 ゲイリーガイギャックス』ボーンデジタル - 蜀犬 日に吠ゆ

2008年、ゲイリー死去。"D&D"は、私にとっては高嶺の花であり、また良い冒険者ではなかった私にとっては複雑なルールを強いる厳かな存在でもありました。つまり、あまり思い入れがない。

 しかし、衝撃はありました。いまだに(ゲームをしなくなったのに)こうした話題にこだわるくらいに。

 読んで印象に残ったこと。

 一つには、「ロールプレイングゲームの達人」「RPGなんてこわくない」などでつくられた、私のD&D誕生秘話には、名前のある人物としてゲイリーしか登場しなかったのですが、実際にはデーヴ・アーネソンの才能がふんだんに発揮されてこのゲームがつくられたこと。

 もう一つ、ゲイリーの物語が、華やかな冒険とあまたの仲間たちとの出会いによって彩られ、そして知的財産をめぐる訴訟と裏切り、別離の繰り返しで色あせてゆく様です。

 完全にどさくさですが、こうしたゲームをRPGと読んだのは、「2番目」として名高いT&Tだという話にはクスッとしました。

レベル3

 皮肉な話だが、TSRの停止命令手紙作戦によって、模倣商品で小商いをしていた人々は「D&D型のゲームをさす一般的な名称」を発明した。(中略)TSRの「著作権違反で訴えるぞ」という脅しを受けた後、『トンネルズ&トロールズ』のフライング・バッファロー社は広告からD&Dにたいする言及を全て取り外し、D&Dや他のTSR製ゲームのことは「他のファンタジ・ロールプレイング・ゲーム」と呼ぶようになった。この語の初出は一九七六年八月一日のメタゲーミング・コンセプツ社カタログに載った『トンネルズ&トロールズ』広告である。こうしてロールプレイング・ゲーム(RPG)という語が生まれた。

マイケル・ウィットワー『最初のRPGを作った男 ゲイリーガイギャックス』ボーンデジタル

 TSR って知財権や販売ライセンスにうるさい会社のイメージがどうしてもありますが、その会社の成り立ちを見るとそれもしかたないことなのか、と納得します。というか、知財権をきちんと確保するのは大切なことです。