蜀犬 日に吠ゆ

2017-02-26

[][][]パワハラin 三国志~~影山輝國『『論語』』中公選書 21:15 はてなブックマーク - パワハラin 三国志~~影山輝國『『論語』』中公選書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 魏の明帝、曹叡が何晏にパワハラした話。

 畏友影山*1の本を読んでいたら、面白い逸話があったのでメモ。

 『世説新語』はただいま所在不明なので、もとの話を確認できません。悲しい。「タンメン」ってどこからでてきたのか。

 ここで何晏について、一言しておこう。五感末期の皇帝である霊帝の皇后は何皇后という。皇后の兄の大将軍何進は、外戚として権勢を振るった。彼は『三国志』にも登場する有名な人物であり、宦官を誅滅しようとして、かえって殺されてしまった。

 何晏はその孫にあたる人物である。何晏の父、何咸は早く死に、母の尹氏(いんし)は魏の曹操の妾となったため、何晏も一緒に曹操に引き取られて、宮中で養育された。やがて曹操と母尹氏とのあいだに金郷公主が生まれると、何晏はこの同母の妹を自分の妻に迎えたともいわれる。

 彼はダンディなナルシストで、つねに白粉(おしろい)を手放さず、歩くときは自分の影を振り返って眺めたという(『三国志』「魏書」注)。白粉をつけなくとも彼の肌はぬけるように白かったらしく、魏の明帝は何晏の顔色が白いのは白粉のせいではないかと疑い、夏の暑い日に、熱いタンメンを食べさせた。何晏は大汗をかいて、それを赤い衣で拭(ぬぐ)うと、顔色はますます白く冴えわたったと伝えられる(『世説新語』容止篇)。また、女装癖もあったといわれている(『宋書』五行志一)。

影山輝國『『論語』』中公選書

 これで思い出したのは、織田信長が弥助(モザンビーク出身の黒人武将)を見たときに身体を洗わせた話です。何晏はいちおう貴顕の立場なので、いきなりごしごしこするわけにはいかなかったのでしょうけれども、暑い盛りにタンメンを食べさせるというのは、おかしな話ですよね。どんな顔して席に着き、運ばれてきたタンメンに何を思ったのでしょうか。

*1:高島俊男先生がいつも畏友影山輝國と呼ぶのでこう記します。