蜀犬 日に吠ゆ

2017-05-07

[][]大森洋平『考証要集』文春文庫 2013 20:56 はてなブックマーク - 大森洋平『考証要集』文春文庫 2013 - 蜀犬 日に吠ゆ

 NHK の時代劇考証ディレクターの用語集。今まで勘違いしていた言葉遣いを指摘されて、目から鱗(新約聖書)の体験でした。

当たって砕けろ(あたってくだけろ)

 これは「go for broke」の訳語で、日本古来の言葉ではないのではないかと言われたが、江戸時代の浮世草子や芝居の台詞に用例がある。

大森洋平『考証要集』文春文庫
あります(あります)

 最近の「戦前ドラマ」では、陸海軍を問わず軍人にやたら「~であります」と言わせたがるが、これは正しくは旧日本陸軍の語法である。元は長州弁で、明治初期の陸軍が長州出身者だったことの名残と言われる。海軍では原則として使わない。(略)うっかり使うと「陸式(陸軍式のこと)はやめろ!」と修正された。

大森洋平『考証要集』文春文庫

 ……修正、ってアレですよねえ(精神注入!)。


グル(ぐる)

 江戸時代にはあるが、もっと古い時代の台詞なら「仲間」「一味」が安全。

大森洋平『考証要集』文春文庫

 これは完全に「group」だと思っていたので、語源が気になるところですね。


郷に入らば郷に従え(ごうにいらばごうにしたがえ)

 「Do in Rome, as the Romans do.」の訳語と思われがちだが、鎌倉期に成立したとされる『童子教』に記載がある。人情に東西の別なし。

大森洋平『考証要集』文春文庫
二都を追う者は一兎をも得ず(にとをおうものはいっとをもえず)

 これは明治一〇年以降の用例のみで、江戸時代にはなかった言葉らしい。時代劇で使うのは危険(北村孝一『ことわざの謎』光文社新書一九頁~)。英語では、"If you chase two rabbits, you miss both."というのがある(Ted Morgan "Valley of Death"p.591)。

大森洋平『考証要集』文春文庫

 などなど