蜀犬 日に吠ゆ

2017-05-14

[][][]何晏と夏のがまん大会~~『世説新語』中国古典文学大系 平凡社 17:07 はてなブックマーク - 何晏と夏のがまん大会~~『世説新語』中国古典文学大系 平凡社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 魏の明帝(曹叡)によるパワハラ

http://katawareboshi01.g.hatena.ne.jp/mori-tahyoue/20170226/1488111328

 の続き。『世説新語』が無事に見つかったので書き出しておきます。

下巻 容止篇第十四

 二 何平叔*1は姿が美しく、顔の色も抜けるほど白かった。魏の明帝*2は、かれが白粉をつけているのではないかと疑い、夏の盛りに熱い湯漬けの麥并(もち)*3を食べさせてみた。たべ終わったあと、大汗が出てきたので、朱衣で顔をふいたが、彼の顔はいよいよ白くさえわたった。*4

『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

 影山先生が「タンメン」と訳したところは、文学大系では「湯漬けのもち」となっています。「麥并」でも「餅」でも、小麦粉をこねた食品ですし、「湯」は味付きスープのこと(タンメンのタン)です。しかし、タンメンというとこちらはタンメンを想像してしまいます。もっと「すいとん」よりだったのではないかなあ、と個人的には思いました。

 何晏が宮中に暮らしていた話も、『世説新語』にあります。何晏の父は何進(大将軍)。母は尹氏(いんし)でしたが、何進の死後は魏武帝(曹操)の妾になっておりました。連れ子の何晏もまた七歳までは宮中で暮らした訳です。なので何平叔(平民のおじさん)。ちょっと気になるのは、何晏(195生)、曹叡(205生)なので、『世説新語』夙恵篇の「七歳で家に帰った」が本当ならば、宮中でともに育ったと言う部分にはずれがあるはず。何晏はその後も宮廷をウロチョロしていたというのも十分あり得る話ですけど。

*1:原注:何晏。言語篇一四節に見える。

*2:曹叡(言語篇一三節)。魏第二代の天子

*3:むぎへんに并で一文字

*4:劉孝標の注『魏略』に何晏のことを述べて「粉帛(『魏志』何晏伝注では粉白)手より去らず、行歩して影を顧みる」とあるのを引き、何晏は化粧していたという。かつ何晏は明帝とともに宮中に育ったのであるから、このような実験の必要はないと述べている。