蜀犬 日に吠ゆ

2018-11-03

[][][]テレサ・デヴィッド/岡田好恵 訳『灯台の光はなぜ遠くまで届くのか』講談社ブルーバックス 16:27 はてなブックマーク - テレサ・デヴィッド/岡田好恵 訳『灯台の光はなぜ遠くまで届くのか』講談社ブルーバックス - 蜀犬 日に吠ゆ

 環状のプリズムを組み合わせて凸の曲面を造ることで、ランプ(のちにガス灯)の光を一方向に集中させ、巨大灯台の文明を支えたフレネルレンズの物語。

 大航海時代をイギリスが制し、海外植民地を巡ってフランスがそこに争いを挑んだのも、こうした技術の支え、すなわち産業革命の成功があってのことだったという一例。

 アメリカで南北戦争が始まると南部に赴任していた連邦の支局員がすかさず灯台のレンズをはずして持ち去ってしまう話なども愉快でしたね。教科書的には、「南部連合国は、綿花の需要が多いイギリスをはじめとするヨーロッパ諸国は通商を続行してくれるであろうことを期待していた。しかし、リンカン大統領の奴隷解放宣言などで国際世論は北部に同情したため南部とヨーロッパの通商は滞り、南部の経済は行き詰まった」ような話の流れになるはずですが、実際には、多くの港で灯台が機能を喪失し、危険な港へ近づくこともできない、などという側面もあったのですね。

『灯台の光はなぜ遠くまで届くのか 時代を超えたフレネルレンズの軌跡』

  • はじめに 3
  • 序章 暗く危険な海に Dark and Deadly Shores 14
    • いかだの上の「地獄の生存競争」
    • 海難事故と灯台
    • 大望を抱いた2人の青年
  • 第1章 それは、一人の男の野望から始まった Dreams of Glory
    • マチュー村の「遊びの天才」
    • いわゆる「オタク
    • 土木技師・フレネルの夢想
    • 光は「粒子」か「波」か
    • 唯一の理解者、現る
    • 暴君ラプラス
    • 師弟の決別
    • 国賊から英雄へ
    • 回折実験の成功
    • すばらしい休暇の使い方
    • チャンス到来
    • 粒子信奉派vs.光波信奉派
    • 信じがたい事実
  • 第2章 「灯台の光」への挑戦 The Flash of Brilliance 60
    • 新生フランス灯台委員会の改革
    • 反射鏡からレンズへ
    • フレネルが発明した特殊なレンズ
    • 製品化が困難を極めた理由
    • 13日の金曜日、決意の公開実験
    • 海のヴェルサイユ宮殿
    • レンズの改良
    • 夜のシャンゼリゼ通りが真昼の明るさに
    • 世界初のフレネルレンズ
  • 第3章 より確かな輝きを求めて The Dream of Total Refraction 117
    • 「灯台マップ」の作成
    • 回転装置の改良
    • 完璧なプリズムを作るには
    • イギリスの灯台事情
    • スコットランドからの注文
    • ライバルの無謀な挑戦
  • 第4章 引き継がれた遺志 Racce to Perfection 117
    • フレネル逝く
    • 亡き兄のために
    • 「もっともすばらしい勝利」
    • フレネルレンズ、ヨーロッパに普及
    • 蒸気機関の登場
    • 熟練職人の競い合い
    • 最後に残った2つの灯台
    • ロンドン万博とパリ万博
    • 嘘をついているのは誰?
      • 灯台守の血
  • 第5章 遅れをとった大国、アメリカ The-American Exception 151
    • 経費削減の鬼
    • 鯨油とアメリカの灯台の運命
    • ルイスが作ったランプ
    • 節約のための愚行
    • ついにアメリカへ上陸
    • エゴイストの嫌がらせ
    • とんでもない代物
    • プレソントンへの逆襲
    • 500ドルで落札された「機械」
    • 変化のきざし
    • 夜8時ちょうどに
    • 合衆国灯台委員会の創設
    • 最高のメンバーが集結
    • 「有用」で「経済的」な光の証明
    • 灯台委員と議員の闘い
    • ”大西洋の墓場”
    • 万博のスター
    • メーカーとの駆け引き
    • 太平洋岸への設置
    • もっとも重要で、もっとも困難な問題
  • 第6章 南北戦争と灯台 Everything Recklessly Broken 222
    • 灯台の明かりが消えた!
    • 発砲準備
    • 戦争が始まる
    • ハッテラス岬灯台、国家の裏切り者
    • とっておきの隠し場所
    • 南北レンズ争奪戦
    • 無法者の一団
    • 西海岸も闇のなか
    • メキシコ湾岸の「アナコンダ作戦」
    • ヘッド・オブ・パッシーズの争い
    • 南軍自爆
    • 戻ってきた光
    • 終戦後に見つかった「お宝」
  • 第7章 黄金時代の到来 The Golden Age 262
    • フランスとイギリスの争い
    • テクノロジーの挑戦
    • 「超輝レンズ」第1号
    • 巨大なレンズを回転させる方法
    • ”黒船”ペリーと日本の灯台
    • ドイツ兵と交わした言葉
    • フレネルが遺したもの
  • 訳者あとがき――日本の灯台の歴史とフレネルレンズ
テレサ・デヴィッド/岡田好恵 訳『灯台の光はなぜ遠くまで届くのか』講談社ブルーバックス