蜀犬 日に吠ゆ

2019-11-23

[][][]言葉が通じるとき、言語はどのような働きをしているか~~西村義樹 野矢茂樹『言語学の教室』中公新書 22:02 はてなブックマーク - 言葉が通じるとき、言語はどのような働きをしているか~~西村義樹 野矢茂樹『言語学の教室』中公新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 言語学ではなく「認知言語学」への案内書。タイトルにもそう書いてあったのに、つい言語学全体の入門書かと思いこんで読み始てしまいました。読み進めていくと、言語学というのはアプローチの方法によって相反する部分もあり、一概にくくってしまうことの出来ない学問であるようです。

 書いていませんが、おそらく実際のことばを扱う「語学」とも異なる領域を扱っているようです。これはTwitterでそう言っている人もいまして、ああやはり、と思いました。言語学の入門的知識でもあれば語学に役立つかな? という下心をもっていたのですが、そういう風に直接つながっているわけではなさそうです。There is no royal road to learning(.学問に王道(いまでいう高速道路)なし)。

 ただもちろん入門書ですから、はじめに「言語学」全体の説明があります。言語学はまず、言語の歴史的な研究から始まり、その流れをかえたのがソシュールであったということです。つまり、ここで言語学は語学とははっきり分かれたのでしょうか。(p.8~)

西村 (略)現代の言語学は一九一六年に出版されたソシュール(Ferdinand de Saussure)のCours de linguistique générale(邦訳『一般言語学講義』、小林秀夫訳)から始まったと考えてよいと思います。

西村義樹 野矢茂樹『言語学の教室』中公新書

続きを読む