蜀犬 日に吠ゆ

2014-07-24

[][][]大いなる章を読む(その29) 20:35 はてなブックマーク - 大いなる章を読む(その29) - 蜀犬 日に吠ゆ

第三 大いなる章

六、サビヤ

 そこで、遍歴の行者サビヤは師の所説をよろこび随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、さらに師に質問を発した。

五二三 サビヤがいった、「諸々の目ざめた人(ブッダ)は誰を(田の勝者)と呼ぶのですか? 何によって匠なのですか? どうして(賢者)なのですか? どうして(聖者)と呼ばれるのですか? 先生! おたずねしますが、わたくしに説明してください。」

五二四 師が答えた、「サビヤよ。天の田・人の田・梵天の田という一切の田を弁別して、一切の田の根本の束縛から離脱した人、――このような人がまさにその故に(田の勝者)と呼ばれるのである。

五二五 天の蔵・人の蔵・梵天の蔵なる一切の蔵を弁別して、一切の蔵の根本の束縛から離脱した人、――このような人がまさにその故に(巧みな人)と呼ばれるのである。

五二六 内面的にも外面的にも二つながらの白く浄らかなものを弁別して、清(きよ)らかな智慧あり、黒と白(善悪業)を超越した人、――このような人はまさにその故に(賢者)と呼ばれる。

五二七 全世界のうちで内面的にも外面的にも聖者の道理を知っていて、人間と神々の崇敬を受け、執著の網を超えた人、――かれは(聖者)である。」

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 ここは久しぶりに註を引きますか

五二三の註

第三 大いなる章

六、サビヤ

五二三 田の勝者――原文には khettajina とあるが、何を意味するかはっきりしない。ブラーフマナ、ウパニシャッド、叙事詩に頻繁に出てくる ksetrajina(田を知る者)にもとづいて、仏教徒がこのように改めたのではなかろうか。つまり訛ったのである。第五二四詩の説は ksetrajina の原意に解することも可能である。註釈は「田」とは「十二処」のことであると解し、それを「知る」はたらきによって無明をほろぼしうるという(vijeyya=viceyya)。なお似た表現として maggajina(84)参照。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫

 なるほどつまり訛ったのですか。

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

2014-07-23

[][][]大いなる章を読む(その28) 20:08 はてなブックマーク - 大いなる章を読む(その28) - 蜀犬 日に吠ゆ

第三 大いなる章

六、サビヤ

 そこで、遍歴の行者であるサビヤは、師の説かれたことを喜び、随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、さらに師に質問を発した。

五一八 サビヤがいった、「何を得た人を(バラモン)と呼ぶのですか? 何によって(道の人)と呼ぶのですか? どうして(沐浴をすませた者)と呼ぶのですか? どうして(竜)と呼ぶのですか? 先生! おたずねしますが、わたくしに説明してください。」

五一九 師が答えた、「サビヤよ。一切の悪を斥け、汚れなく、よく心をしずめ持(たも)って、みずから安立し、輪廻を超えて完全な者となり、こだわることのない人、――このような人は(バラモン)と呼ばれる。

五二〇 安らぎに帰して、善悪を捨て去り、塵を離れ、この世とかの世とを知り、生と死とを超越した人、――このような人がまさにその故に(道の人)と呼ばれる。

五二一 全世界のうちで内面的にも外面的にも一切の罪悪を洗い落し、時間に支配される神々と人間とのうちにありながら妄想分別におもむかない人、――かれを(沐浴をすませた者)と呼ぶ。

五二二 世間のうちにあっていかなる罪悪をもつくらず、一切の結び目・束縛を捨て去り、いかなることにもとらわれることなく解脱している人、――このような人はまさにその故に(竜)と呼ばれる。」

中村元『ブッダのことば』岩波文庫
ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

2014-07-22

[][][]大いなる章を読む(その27) 01:23 はてなブックマーク - 大いなる章を読む(その27) - 蜀犬 日に吠ゆ

第三 大いなる章

六、サビヤ

五一三 サビヤがいった、「(修行僧)とは何ものを得た人のことをいうのですか? 何によって(温和な人)となるのですか? どのようにしたならば、(自己を制した人)とよばれるのですか? どうして(目ざめた人)(ブッダ)と呼ばれるのですか? 先生! おたずねしますが、わたくしに説明してください。」

五一四 師は答えた、「サビヤよ、みzから道を修して完全な安らぎに達し、疑いを超え、生存と衰滅を捨て、(清らかな行いに)安立して、迷いの世の再生を滅ぼしつくした人、――かれが(修行僧)である。

五一五 あらゆることがらに関して平静であり、こころを落ち着け、全世界のうちで何ものをも害(そこな)うことなく、流れをわたり、濁りなく、情欲の昂(たか)まり増すことのない(道の人)、――かれは(温和な人)である。

五一六 全世界のうちで内面的にも外面的にも諸々の感官を修養し、この世とかの世とを厭(いと)い離れ、身を修めて死ぬ時の到来を願っている人、――かれは(自己を制した人)である。

五一七 あらゆる宇宙時期と輪廻と(生ある者の)生と死を二つながら思惟弁別(しいべんべつ)して、塵を離れ、汚れなく、清らかで、生を滅ぼしつくすに至った人、――かれを(目ざめた人)(ブッダ)という。」

中村元『ブッダのことば』岩波文庫
ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

2014-06-07

[][]わたしにまつわる梵字 19:43 はてなブックマーク - わたしにまつわる梵字 - 蜀犬 日に吠ゆ

 うちが真言宗ですもので、わたくしにまつわる種子の梵字はんこをつくりました。

キャ:十一面観音

 真言宗豊山派の本山長谷寺本尊であるところの十一面観音種子。

 さあ、みんなで真言を唱えよう(特定の宗教・宗派の勧誘ではありません。)。

 「オン ロ ケイジンバ ラ キリク ソワカ」

 そうさ 熱い夢が ぼくらの 仏教だぜ!




アン:普賢菩薩

 生まれ年の守り本尊が普賢菩薩なのでよろしく。



サク:勢至菩薩

 生まれ月の守り本尊が勢至菩薩です。

 生誕日の守り本尊を設定してホーリーネームをつけてしまうほどには、まだキリスト化は進んでいないようです。

梵字手帖 (木耳社手帖シリーズ)

梵字手帖 (木耳社手帖シリーズ)

2014-02-09

[][][]釈徹宗『ブッダの伝道者たち』角川選書 08:55 はてなブックマーク - 釈徹宗『ブッダの伝道者たち』角川選書 - 蜀犬 日に吠ゆ


はじめに

第1部 仏教体系の連峰

第1章 ゴータマ・ブッダ――ブッダとなった人  11
  • ブッダとなった人
  • ゴータマの出家
  • ブッダの悟り
  • ゴータマ・ブッダの先駆形態
  • 出会いへの歩み
  • 場と人と
  • ブッダ、中道を説く
  • 縁起の法
  • 自分の都合による歪み
  • サンガと都市
  • フェアとシェア
  • ブッダの入滅
  • 仏道への第一歩
  • ブッダの言葉
  • 無明―愛―苦
  • 無常
  • 智慧と慈悲
  • ブッダへの帰依から始まる道
  • 過去を追わず、予期不安にも振り回されず
  • 分かち合うことから始める
第2章 ナーガールジュナ――第二のブッダ
  • 仏教史上最大の転換期
  • ナーガールジュナ物語
  • 存在(もの・こと)の問題
  • ナーガールジュナの思想
  • 縁起とは空性
  • どこにも着地しない道
  • 六波羅蜜・諸仏・諸菩薩
  • テトラレンマ
  • 「空」を生きる
第3章 ヴァスバンドゥ――仏教の統合
  • ヴァスバンドゥという人物
  • 前期ヴァスバンドゥの『倶舎論』
  • 後期ヴァスバンドゥの「唯識」思想
  • 仏道としての唯識
  • 世界は心の表象に過ぎない
  • 現代人は唯識に注目せよ

第2部 日本で構築されたノーマライゼーション・ブディズム 111

第4章 蓮如――日常を営む仏道
  • 『維摩経』に見られる脱構築への営み
  • ノーマライズされていく仏教
  • 蓮如へと続く水脈
  • 研鑽期の蓮如
  • 蓮如、表舞台へ
  • 堅田へ
  • 吉崎へ
  • 手紙から見る蓮如の思想
  • 蓮如の求心力
  • 大坂へ
  • 本願寺教団との歯車が噛み合う
  • 脱呪術化
  • 日常を営む仏道
  • トリックスターとしての蓮如
  • 世俗の苦悩へ届く言葉
  • 受動態で語ることから始める仏道
第五章 鈴木正三――日本仏教の改革者
  • 雪山童子の物語
  • 『盲安杖』の著述
  • 正三、修行の旅
  • 旺盛な著述活動
  • 日常のなりわい、すなわち仏道
  • 正三の臨終
  • 正三の立脚点
  • 社会活動
  • あまりにも日本的な仏教
  • 仏法すなわち世法

  • むすび
  • あとがき
  • 参考文献
釈徹宗『ブッダの伝道者たち』角川選書
ブッダの伝道者たち (角川選書)

ブッダの伝道者たち (角川選書)

2014-02-03

[][][]大いなる章を読む(その26) 23:37 はてなブックマーク - 大いなる章を読む(その26) - 蜀犬 日に吠ゆ

第三 大いなる章

六、サビヤ

五一〇 サビヤがいった、「疑いがあり、惑いがあるので、わたくしは質問しようと願って、ここに来ました。わたくしのためにそれを解決してください。わたくしが質問したならば、順次に、適切に、明確に答えてください。」

五一一 師は答えた。「サビヤよ。あなたは質問しようと願って、遠くからやってきましたね。あなたのために、それを解決してあげましょう。あなたが質問したならば、順次に、適切に、明確に答えましょう。

五一二 サビヤよ。何でも心の中で思っていることを、わたくしに質問なさい。わたくしは一つ一つ質問を解決してあげましょう。」

 そのとき遍歴の行者サビヤはこのように考えた、「まことにすばらしいことだ。まことに珍しいことだ、――わたくしが他の(道の人)たち・バラモンたちのところでは機会さえも得られなかったのに、道の人ゴータマがこの機会を与えてくれた」と。かれは、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、師に質問した。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫
ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)