蜀犬 日に吠ゆ

2012-01-07

[][][][][]冬のうた を読む(その23) 19:48 はてなブックマーク - 冬のうた を読む(その23) - 蜀犬 日に吠ゆ

45

 去年今年(こぞことし)貫く棒の如きもの

              高浜虚子


 『六百五十句』(昭三〇)。昭和二十五年十二月二十日、新春放送用に作ったという。当時七十六歳。「去年今年」は、昨日が去年で今日は今年という一年の変わり目をとらえ、ぐんと大きく表現した新年の季語。虚子の句はこの季語の力を最大限に利用して、新春だけに限らず、去年をも丸抱えにして貫流する天地自然の理への思いを歌う。「貫く棒の如きもの」の強さは大したもので、快作にして怪作というべきか。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 「去年今年」。やはり、宇宙の雄大さを詠むときは大和言葉でないとしっくり来ないのでしょうね。俳諧における漢語は滑稽成分ですから。音読みで虚勢を張りたい自分としては悔しい。

 「怪作」という大岡先生の批評はすばらしい。この句の魅力は雄大な宇宙の中での、闇の部分を表現している所にあると思います。言葉ではなんだか説明できないけれども、なんだか分かってしまうたぐいの。

 「新春放送」がなんなのか興味ありますね。




46

 渓(たに)の水汝(なんぢ)も若しよき事の外にあるごと山出でて行く

                    与謝野 寛


 かつての「明星」指導者の最後の主宰誌「冬柏」昭和九年十月刊の号にのった「四万(しま)の秋」より。秋の歌だが、新春にふさわしい風趣もある。四万温泉に旅した折、そこで見た四万川の渓流を歌ったものだろう。渓流の清冽な若々しさをたたえつつも、「よき事の外にあるごと」と、若さのもつ定めないあこがれ心を揶揄してみせることも忘れない。寛自身そういう若さを最もよく知り、生きた人だった。軽やかにだが思いは深い。半年後の十年三月に死去。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 単に袂を分かつ後進への恨み節なのではないでしょうか。今後も「晶子の旦那」以上の評価は得られないでしょうし、本人もそれを感じていたからこそのこの歌。


折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2012-01-06

[][][][][]冬のうた を読む(その22) 19:32 はてなブックマーク - 冬のうた を読む(その22) - 蜀犬 日に吠ゆ

43

 消えかへり岩間にまよふ水の泡のしばし宿かる薄氷(うすこほり)かな

                         藤原良経


 『新古今集』冬歌。摂政太政大臣にして新古今時代有数の歌人だったが、三十八歳で急死した。感性の繊細な冴えと気品の人。元来『新古今』春歌の部のよさは折紙つきだが、冬歌の部も歌数が多い上に名歌も多い。新古今時代は一面「冬歌の時代」ともいえる。それらの歌は景色、環境への観察の彫りが深いのである。右もその一つだが、消えてはまた結ぶ泡がしばしの間だけ仮に宿る薄氷、そのはかなく清い結びつきに、作者は人生を視ていたか。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 薄氷が下の句まで出てこないあたりに新古今の諧謔を感じます。


44

 けふの日も夕なみちどり音(ね)に鳴(なき)てたちもかへらぬ昔をぞおもふ

                         小沢蘆庵(おざわろあん)


 家集『六帖詠草』所収。江戸後期歌人。国学、漢学にも通じ、本居宣長、上田秋成、頼山陽、香川景樹らと新興があった。心は深くあれ、されど詞は平淡なれという「ただごと歌」の理想を説いた。「夕なみちどり」は夕波に群れとぶ千鳥。古代の人麻呂が近江で作った歌で用いた、人麻呂の造語と見られる美しい表現。「たちも」も「夕なみ」が立つ姿に、立ち返る歳月をかけた言い回し。静かな調べのうちに過ぎゆく時を惜しむ思いをこめる。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 空間にしても時間にしても雄大な歌ですね。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2012-01-05

[][][][][]冬のうた を読む(その21) 20:46 はてなブックマーク - 冬のうた を読む(その21) - 蜀犬 日に吠ゆ

41

   うすらひは深山(みやま)へかへる花の如(ごと)

                    藤田湘子(ふじたしょうし)


 俳誌「鷹」(昭五三・三)所収。大正十五年生れの現代俳人。近作句集に『狩人』(昭五一)がある。水面に「うすらひ」すなわち薄氷が張っている。触れれば散りそうな清らかな薄さが、作者の脳裏に花の飛び去る姿をひらめかせたのだろう。「深山へかへる」に作者の工夫があるが、それを理づめで説明しようとすると、はたと困る。直感的に了解すべき句で、現代俳句の書かれ方の一例を示すものといえる。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 直感的に分からなかったので、評価しません。

 ひび割れの模様が花弁に見えたのではないでしょうかねえ。それでも「深山へかへる」がわかりません。


42

   冬籠り虫けらまでも穴かしこ

              松永貞徳(まつながていとく)


 江戸初期の歌人で俳諧師。すぐれた歌学者でもあり、晩年、世に俳諧が盛んになるや、古典の教養をもってこの新興文芸に投じ、いわゆる貞門俳諧の祖となった。芭蕉ももとをたどればその流れから出た。「穴かしこ」は手紙の終わりにつくあいさつ語「あなかしこ」のもじり。虫が冬ごもりのあいさつに「あなかしこ」と言って穴にこもるという滑稽である。俳句も元はこういうもじりや語呂合わせの滑稽を楽しむ文芸から出てきたのだった。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 「前略」「かしこ」が対応していたかはさておいて、江戸初期でもう「あなかしこ」が定着していたのですねえ。戦国武将の書簡などでは、時候のあいさつだの末尾での礼儀などなかったようですから、いったいいつ頃こういう風習ができて、それも庶民のギャグでバカにできるほど普及したのでしょうね。茶道の師匠との往復書簡などでは形式があったのでしょうか。


折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2012-01-04

[][][][][]冬のうた を読む(その20) 20:25 はてなブックマーク - 冬のうた を読む(その20) - 蜀犬 日に吠ゆ

39

   独り碁や笹に粉雪のつもる日に

                   中勘助(なかかんすけ)


 『中勘助全集』所収。幼少年時代を描いた『銀の匙』で知られる作家中勘助には、詩集『琅玕(ろうかん)』があり、また後年は多くの随筆を書き、短歌や俳句も作った。漱石に推されて世に出たが文壇とは没交渉で、仏教的世界観に深く染まった作品を書き続けた。「山居しぐれてけづる牛蒡のかをり哉」「粕やいて鳥の話を書く夜かな」。いずれも孤独な瞑想者の句である。笹に降る雪は近世の歌謡などでも好んでも歌われ、冬の情趣を語る好題材だった。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 世間と没交渉だったのですね。『銀の匙』を読んだきりでしたが、随筆は面白いのでしょうか。評判を聞かないところをみるにあんまり面白くないのかもしれませんが、興味はあります。


40

   うづみ火にすこし春あるここちして夜ぶかき冬をなぐさむるかな

                         藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)


 『風雅集』冬。平安末期の歌人で定家の父。父子の歌と歌論が後世に及ぼした影響は大きかった。「幽玄」という中国伝来の語も俊成によって日本に根づいた。『白氏文集』に「二月山寒クシテ少シク有リレ春」の句があり、『枕草子』一〇六段にこれを踏まえた挿話がある。俊成もこれらを受けているが、火桶の埋み火の感触を「すこし春あるここちして」と見た所にこの歌の発見と情の深さ、なつかしさがある。現代はこういう感覚をむざんに捨て去る傾向にあるが。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 返り点はどうやって表現すればいいのでしょうね。不勉強。

 『枕草子』一〇六段ってどういう話でしたっけ? 本棚を探ったけれど例によってみつからないので確認は後で。

 暖房の効いたところで暮らしていれば当然こういう感覚はなくなっていくでしょうね。「むざんに捨て去る」というよりも、「進歩的」であるという感覚がまっとうではないかと思います。単純に春夏秋冬の機微に触れる機会が減ったとも思えませんから。


折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2011-12-04

[][][][][]冬のうた を読む(その19) 19:48 はてなブックマーク - 冬のうた を読む(その19) - 蜀犬 日に吠ゆ

27

 足軽のかたまつて行く寒さかな

         井上士朗(いのうえしろう)

 江戸時代後期の俳人。尾張の産、名古屋で産科医を業とした。国学を本居信長に学び、俳諧にも名声があった。随筆も含めて著作が多い。足軽は最下位の武士で、戦場では粗末な足軽具足をつけて歩兵となり、平時には走り使いの雑役に従った。冬のうそ寒い町なかを足軽が寄り添いあって通ってゆく。一人一人の闊歩でなく、かたまって急ぎ足に無言で通りすぎる姿が、冬の寒さをひとしお深める。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 時代劇をみての印象でも、江戸時代の冬は寒そうです。暖かい時には大手をふって道を行く武士たちも、冬の寒さには勝てない。外聞もなく寄り添うしかない寒さの強調が、この句の本意でしょうね。


38

 夜(よ)は寒み夜床(よどこ)はうすし故郷(ふるさと)の妹(いも)がはだへはいまぞ恋しき

                         曾禰好忠(そねのよしただ)

 家集『曾禰好忠集』所収。平安中期歌人。彼の題材や詠法が当時の正統だった『古今集』の歌風

比して新奇なところが目立ったため、同時代には不遇だったが、後世評価が高まった。家集には不遇を嘆き焦慮する歌が多い。旅先で妻の肌を恋しいと歌う掲出作でもわかるように、恋歌に『古今集』以来の優美な情趣を盛るだけでは飽きたらず、生活のにおいをつよく歌にしみこませずにはいられなかった。そのあくの強さを後世が評価した。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 あんまり評価しないなあ。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2011-12-02

[][][][][]冬のうた を読む(その18) 19:58 はてなブックマーク - 冬のうた を読む(その18) - 蜀犬 日に吠ゆ

35

 海暮れて鴨(かも)の声ほのかに白し

             松尾芭蕉

 芭蕉が江戸で売出し中の気鋭の俳人だったころ行なった『野ざらし紀行』の旅は、名古屋、熱田に蕉門を確立し、選集『冬の日』を生んだ記念的な旅となった。その尾張滞在中の句。海辺で一日を過ごした時の作と自柱する。とっぷり暮れた海づらを、鴨の声が渡ってくる。その声を「ほのかに白し」と感じた。「白し」はまた「顕(しる)し」だろう。しかしそれが「ほのかに」なのである。五五七の破調は、ゆっくり区切って読むと深沈たる感じがある。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 季語は何? と歳時記を繰ったところ「鴨」だそうで。渡り鳥なのですね。田んぼで飼育される合鴨はまた別なのかしら。

 宮城のお濠に沢山浮かんでおり、各地の海や湖沼でもよく見る水鳥である。シベリヤ方面から渡ってくると言う。雄はあおくびといい、頭や首が深紫で緑光を放っている。雌は真鴨といい、全体が茶色で黒い斑がある。雪の日の川や沼などに群れて泳いでいる。肉が美味で、狩猟の獲物となり、また鴨網といって網でとらえる。

『俳諧歳時記』冬・新年 新潮文庫

 海にもいるのか、、、


36

 冬山の青岸渡寺(せいがんとじ)の庭にいでて風にかたむく那智の滝みゆ

                        佐藤佐太郎(さとうさたろう)

 『形影』(昭四五)所収。佐藤茂吉に師事し、その全集の編集に従事したのをはじめ、茂吉関係の著作が多い。西国三十三所第一番の札所青岸渡寺から那智の滝を遠望すると、繊美な一筋の帯が夢うつつにかかっているのを感じるが、作者は折からの冬景に、風を受けて滝がうつつにかたむくのを見たと感じたのである。「風にかたむく」が見どころだが、作者自身の心もその時そこでかすかに傾いた。「いでて」を、「みる」でなく自動詞「みゆ」で受けた技巧の老練。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 那智の滝、、、『熊野詣』。あこがれますね。

 「風にかたむく」どころか本県でもちゃらい滝は風に吹き散らかされて堕ちることすら許されないのが常道です。

 「みゆ」は、過去の助動詞をつかわない臨場感が半端ないですね。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

俳諧歳時記 冬・新年 (新潮文庫 し 22-1)

俳諧歳時記 冬・新年 (新潮文庫 し 22-1)