蜀犬 日に吠ゆ

2010-01-17

[][][]ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』3 角川つばさ文庫(その2) 19:20 はてなブックマーク - ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』3 角川つばさ文庫(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

  1. ドラゴンの夜
    • ドラゴン軍によって征服されたソレース。その「憩いのわが家」亭から話は始まる。
      • ソレースを襲ったドラゴンは五匹。さらにドラコニアンの地上部隊。
      • ドラコニアンたちは酒に目がないので、酒場は占領下の営業を要求される。
        • ドラコニアンが酒を飲む? またまたぁ… しかもティカにセクハラをかます。断じてそれは……夜の言葉ではない…… ポキープシでも、横須賀でも成り立つような酒場は…… クリンにあっていいのか?
  2. 見知らぬ客 囚われた!
    • 主人公たちがソレース、「憩いのわが家」亭に帰ってくる。
    • 食事はピリ辛の揚げじゃが
      • 新大陸発見以降の設定? 16世紀にしては銃火器がクリンにはありませんね。魔法がその代わりを果たしているのでしょうか。
        • だからジャガイモとか、トウモロコシとか、煙草とか、トウガラシは、登場させるときに気を遣いますよね。
    • わあ、ほんとにドラコニアンがティカにセクハラした。
      • 「おれたちは、あんたのなじみの男ってわけじゃないがな、ねえちゃんよ」酔って、鱗のはえた腕をティカの腰にまわす。「だが、だからってあんたを楽しませる方法がないわけじゃない」
    • 客の一人がエルフであると判明し、ドラコニアンと争いになり、結果全員ホブゴブリンの隊長トードの捕虜となる。
      • 主人公達って、いつも疲れていて、いつも空腹で、いつも多勢に無勢に負けるんですね。レベルが低いといったって、ふつうホブゴブリンごときにおさおさ負けないのでしょうけれども。

これまでの感想

城砦の赤竜 その1

2010-01-16

[][][]ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』3 角川つばさ文庫 17:22 はてなブックマーク - ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』3 角川つばさ文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 「城砦の赤竜」編。

 どうでもいいのですが、パーティの人数が半端無い。「黒竜」編の8人に加え、居酒屋の看板娘からクラスチェンジした女剣士ティカ、ど忘れ魔術師フィズバン、エルフの王子ギルサナス、傭兵剣士エーベン、エルフの王女ローラナ、5人も増えた。すなわち総勢13人ですよ! 私がDMなら破綻する。実際に、フリントやリヴァーウィンドはほとんど見せ場もないですよ。リヴァーウィンドは最後に主役になりますが。全員に見せ場を作るためには、主人公パーティは4~5人がいいですね。わたしは。

ヒューマの頌歌

 『ヒューマの頌歌』はエルフの吟遊詩人クィヴァレン・ソスの最後の――そして多くの者の認めるところでは、最高の――作品である。しかし、(大変動)後に残されているのは、作品のほんの断片である。伝えられるところでは、この詩を深く読む者には、変化しつつあるこの世界の未来がうかがえるという。

ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス3 城砦の赤竜』角川つばさ文庫

ヒューマの頌歌

 村から、草葺きの家の集まる里から、

 墓と畝、畝と墓から、

 幼き狂乱の剣試しを舞い納め、

 限りなく廃れゆく里を発ち、

 沼地の燐のような雄々しさで

 斜に飛ぶ翡翠(かわせみ)をつねに頭上に、

 今ヒューマは薔薇の上を歩む、

 薔薇の平らかな光の中。

 竜(ドラゴン)に騒がされ、ヒューマは地の果てへ向かう。

 あらゆる分別と正気の際へ、荒れ地へ。

 その地でパラダインに反転を命じられ、

 その鳴り響く短剣のトンネルの中、

 ヒューマは汚れない血気と熱望の内に育ち、

 耳を聾する声の鞭により晏然と自虚に至る。


 まさにその時その地で白い雄鹿がヒューマを見つけた。

 創世のころより計画された旅の終わりに、

 森の端をよろめき歩いた挙げ句、

 ヒューマは憑依と飢えのため、

 弓を張り、神々の寛大さと守護に感謝する。

 森また森のその中に、息をのむ沈黙の下、

 眼に映りしはまばゆい鹿の枝角。

 彼は弓をおろし、世界は再び動きだす。

 ヒューマは雄鹿を追った。

 豊かな枝角は淡い光を宿して遠ざかる、

 空に揚がる鳥の爪のように。

 眼前にうずくまる山。いまや変わるものはない。

 三つの月は空でとまり、

 長い夜は影につまずく。


 朝になり、彼らは山裾の木立に着く。

 牡鹿は立ち去り、ヒューマも追わず。

 この旅路の終わりが緑にほかならないのを知るがゆえ。

 眼前の乙女の瞳に宿る緑の約束――。

 ヒューマが乙女に寄りそった日々の聖なるかな。

 彼の愛の言葉を、忘れた歌を運ぶ風の聖なるかな。

 忘我の月は大いなる山上にひざまずく。

 しかし、乙女は身をかわした、沼地の燐のように明るく巧みに、

 名もなく愛らしく、名もないゆえいっそう愛らしく。

 この世界が、まぶしい空気の層が、

 荒れ地自体が、

 心のしげみに比べれば平易で矮小なものであると知り、

 最後の日に、乙女は自分の秘密を語る。


 彼女は女子(おみなご)ではなく、人間でもなく、

 竜の眷族の正統な末裔なり。

 ヒューマにとり、空は月の散財する、そ知らぬ場所となり、

 草の短い命は彼と彼の父祖を嘲笑し、

 とげなす光は滑落する山に逆立つ。

 しかし、名はなくとも彼女は希望を惜しまず差し出す。

 パラダインのみが応えうる希望を。

 彼のたゆまぬ知恵により、彼女が永遠の中から歩み出し、

 その銀の腕の中に、木立の約束は芽生えて栄えるのではないかと。

 その知恵をヒューマは祈り、雄鹿は戻り、

 東へ、荒涼とした原野を、灰の中を、

 消し炭と血の中を、竜の収穫期の中を、

 ヒューマは旅する。銀の竜の夢にあやされて、

 同道の雄鹿を導き手として。


 ついに、最後の港は、

 東のかなた、東の果ての神殿。

 そこで栄光と星々の池の中に、

 パラダインが姿を現わし、

 最も苛酷な選択をヒューマに宣告す。

 心は熱望の揺籃であり、

 われわれは永遠に光をめざして旅をすることができ、

 思いもよらぬものにさえなれるのを、パラダインは知る。

 たとえば、ヒューマの花嫁が貪欲な太陽の中へ歩み入り、

 槍(ランス)の秘密を置き去りに、

 二人で草葺きの里に戻り、

 人の絶えた世界を闇の中に置き、竜と結ぶも可能なら、

 あるいは、ヒューマが竜槍を引き受けて、クリンから

 死と侵略を、そして恋人の緑の小道を掃討するも可能なりき。


 苛酷な運命なり。

 ヒューマは思う、太陽の庇護の下

 いかに荒野が彼の最初の考えを囲い清めたかを。

 今、黒い月は廻り、旋回し、クリンから、

 気と実を吸い寄せる。クリンの物々から、

 木立から、山から、捨てられた里から。

 彼は眠りを望む。すべてを投げうつを望む。

 選ぶ苦痛は耐え難く、

 あたかも切り落とされた手がまだうずくに似たり。

 しかし、彼女はやって来た、泣きながらも晴れやかに。

 夢の中の光景で、彼は世界が崩壊し、

 槍のきらめきの上に復活するを見る。

 彼女の告別の内に崩壊と復活はあった。

 命運の決まった彼の血管を貫いて地平線が破裂する。


 彼は竜槍を手にしたり、伝説を手に。

 蒼白い光がかかげた腕に流れ込み、

 太陽と三つの月は奇跡を待ち受け、

 空に同時に掛かる。

 西方へとヒューマは駆ける、(大司教の塔)へと、

 銀の竜の背に乗って。

 眼下をよぎる荒廃の地では

 竜どもの名をわめきながら死者がただ歩きまわる。

 (塔)の人々は竜どもに包囲攻撃を受け、

 断末魔の絶叫と、飢えた咆哮を浴びながら、

 言語に絶する沈黙を、

 はるかに苛烈な運命を待つ。

 正気が瓦解して虚無におちいり、

 狂気と闇の内に精神が屈服するのではないかと恐れつつ。


 しかし、彼方から喨々とヒューマの角笛の音が流れ来て

 胸壁の上で躍動する。

 ソラムニアじゅうが顔をあげ、東の空を見る。

 竜どもは、大異変が起こりきと、

 上空高く舞い集う。

 その翼の嵐の中から、竜どもの混沌の中から、

 虚無の中心から、(夜の母)が

 空虚の色をまとい

 東の方へ、太陽の凝視の下へ舞い降りる。

 空は銀と暗黒とにくずれ落ちれる。

 地面にはヒューマが横たわり、

 かたわらには乙女が、銀の肌を裂かれ、

 緑の約束を天性の瞳から解き放つ。

 乙女がその名をささやくと同時に、

 (暗黒の女王)はヒューマの上空で急降下にはいる。


 (夜の母)が降臨する。

 胸壁の高みから、人々は影が

 降下する無色の翼の上で沸騰するを見た。

 わらといぐさの小屋。荒野の中心。

 失われた銀の光は凄絶な深紅となって飛散し、

 やがて、影の中央から深淵が現れる。

 その中では闇自体が明滅し、

 あらゆる空気、あらゆる光、あらゆる影を拒む。

 ヒューマは虚無の中に槍を突き立て、

 甘美な死の中へ、とこしえの陽光の中へと倒れる。

 槍を通して、貴い力と、

 命と正気の果てまでもゆく兄弟愛を通して、

 ヒューマは竜どもを虚無の中核へ追放する。

 そして数多の国々には均衡と楽の音が花咲いた。


 新しい自由に感動し、光と色彩に感動し、

 清らかな風の奏でる祝福の下、

 騎士たちはヒュ-マと竜を

 山すその木立へと運び、

 やがて巡礼と表敬のために木立へ戻った時、

 槍も、鎧も、(竜殺し(ドラゴンベイン))その人も、

 日輪の眸の下から消え失せたり。

 しかし、赤と銀の満月が丘を照らす夜には、

 男と乙女の姿が月光を浴び、

 鋼と銀を、銀と鋼をほのかに光らせながら、

 村の上、草葺きの稚(わか)い里に見えるという。

ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス3 城砦の赤竜』角川つばさ文庫

 「ドラゴンの頌歌」のほうが良かった。それはさておき。赤竜編の感想を書きます(あとで)。

これまでの感想

廃都の黒竜 上 (その5)

廃都の黒竜 下(その2)

2009-11-04

[][][]ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』2 角川つばさ文庫(その2) 21:11 はてなブックマーク - ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』2 角川つばさ文庫(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

実際は第14節から

  1. ドラコニアンの虜
    • ドラコニアンはドラゴンを信仰している。
      • 魔法で異世界から呼び出され、死ぬと石化・風化する怪物なのに宗教を持つというのがよく分かりません。ドラコニアンの死生観、とかどうなっているのでしょう。
    • タッスルがドラゴンになり、混乱する。
    • 「レイストリンが笑っていた。」「二度と聞くことのないよう切望した。この世のものでないような、かん高いあざけりの笑いだった。」
  2. 脱出 井戸 黒い翼に乗った死
    • 滅びたザク・ツァロスの廃墟に到達する。
    • リヴァーウィンドがタニスに友情を示す。
      • はいはい、フラグフラグ。
    • 井戸の底からブラックドラゴンが!
      • カオティック! 酸のブレス(直線型)! ヒットダイス7!!
    • リヴァーウィンドにブレス直撃! 再起不能!!
      • ドラゴンブレスのダメージというのはドラゴンのヒットポイントに等しい、と言うことは期待値で見てもダメージ31.5。
      • 友情なんて誓うから…… とはいえ、後悔先に立たず。
  3. 辛い決断 最大の賜物
    • ゴールドムーンが神殿の中から呼びかける。
    • ゴールドムーンはケ=シュの「族長」を自覚し、また癒しの女神ミシャカルの祝福を得る。
    • 女神からクエスト「黒竜キサンスの巣からミシャカルの円盤(ディスク)を取ってくる」を受ける。
    • リヴァーウィンドが死を免れる。
      • 世界を救うヒーローは、やっぱりそうでなくてはね。
  4. 使者の道 レイストリンの新しい友だち
    • 神殿から廃墟の地下へ。
    • どぶドワーフGully Dwarf 登場。
      • レイストリンの「友情(フレンドシップ)」の呪文で仲間となる。
    • ドラコニアンたちは「つるべ」――滑車にささえられた二つの大鍋にどぶドワーフをのせたりおろしたりすることで重さを調節し、竪穴のエレベータとして使用している。
      • このへんはちょっと無茶な設定かも。ダンジョンシナリオとしては面白いけれど、こういうシステムを恒常的に使用できるとは考えにくい。
    • ドラゴンの住み処を知るのはどぶドワーフの氏族の長、バルプ大王のみ。一行は大王のもとへ向かう。
  5. つるべでの闘い ブープーのせき止め
    • ドラコニアンと戦闘
  6. 廃都 バルプ大王ファッジ一世
    • 廃都の円形広場に黒竜キサンスが現れる。
      • キサンスはヴェルミナァルドとつるんでいる様子。
    • 一行はバルプ大王からドラゴンのすみかまでの地図を受け取る。
      • その裏でバルプ大王はキサンスに使者を送り、一行の計画を密告する。
  7. バルプ大王の地図 フィスランダンティラスの呪文書
    • レイストリンの目的はザク・ツァロスに眠るフィスタンダンティラスの呪文書(スペルブック)。
    • レイストリンは囮となり、そのあいだに一行が円盤を盗み去る計画を立てる。
  8. 生け贄 二度滅びた都
    • レイストリンは捕らえられ、ドラゴンは一行を待ち伏せる。
    • ヴェルミナァルド卿――竜の使い頭(ドラゴン・ハイマスター)――
      • てことは、キサンスより偉いのではないか。
        • 竜の群れを束ねる軍団長が、竜より弱くても別にいいので、戦闘力の点では分かりませんが。
    • ゴールドムーンがキサンスに青水晶の杖をわたす間に、スタームが円盤を入手。
    • 何度目か、青水晶の杖が奇跡を起こす。
      • キサンスに致命傷。ゴールドムーンは光とともに消え去る。
    • 地下都市の崩壊。
    • 脱出。つるべの奪い合い。
  9. ブープーの贈り物 不吉な光景
    • ミシャカルの神殿にゴールドムーンが出現。僧侶(クレリック)、癒しの力を得る。
    • ブープーはキサンスの洞窟からフィスランダンティラスの呪文書を持ち出していて、レイストリンに与える。
      • これで2レベル呪文も使えるようになる、ということ?
    • 戦争始まる。ソレース炎上。

前の感想

廃都の黒竜 下 (その1)

2009-11-01

[][][]ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』2 角川つばさ文庫(その1) 17:28 はてなブックマーク - ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』2 角川つばさ文庫(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

 丸木橋を先行したタッスルとフリントの二人を除いて、竜人(ドラコニアン、ドラコ族)の虜となってしまったタニス一行。下巻に入るとずんずん面白くなります。

 下巻の主人公格はレイストリン。骸骨のようにやせこけ、くびれた瞳、異形の魔道士です。

 つばさ文庫版だとちょっとかっこいいかなあ。まああんまりイラストにこだわるわけではありませんし、オスバルトをつねに「だれもがふりむくほどのハンサム」と表現された上でのこのイラストに、諸手を挙げて賛同するわけではないのですが、納得しているわけでもないと言ったところ。


 ちなみにオスバルトはこんな感じ。

五場

 オスヴァルトはどんな二枚目俳優よりもハンサムだし、自然体でありながら隙のない身構えからは、プロの剣士や曲芸師にもまさる運動能力がうかがえた。

ジャック・ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』HJ文庫

彼はもちろん、最新のスタイルを完璧に着こなしている。それでいながら、衣裳にはごてごてしさが微塵もない公太子は高級な服をくつろいで着ており、衣裳に負けるということがない。それはまさしく、貴公子にふさわしい飾らない装いであり、多くの貴族達が好むような、けばけばしいまでの華やかさと、過剰な装飾に彩られた服装と比較すれば、いっそう好ましく思われるものだ。

ジャック・ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』HJ文庫

 ここまで賞めると鼻につく。もちろんそういう効果をねらっているのでしょう。三島先生のいう小説登場中最高の美人、的な形容ですね。

2009-10-31

[][][]ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』1 角川つばさ文庫(その5) 16:55 はてなブックマーク - ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』1 角川つばさ文庫(その5) - 蜀犬 日に吠ゆ

 なかなか下巻に進めませんね。タッスルの歌うケンダーの逍遙歌がいいので引用します。

フーパックの杖が泥土に穴をあけてゆき、小袋が歩調にあわせて上下に揺れている。タッスルがケンダーの逍遙歌を口ずさむのが聞こえた。


君の恋する大事な帆船、

ぼくらの埠頭に停泊中。

ぼくらは帆を巻き、船(かのじょ)に乗り組み

舷窓みがきに精だそう。


そうとも、ぼくらは灯台ともし、

そうとも、岸辺で招いてる。

ぼくらが舵とりゃ嵐も平気、

大事に港に入れてやる。


ドックの上には水夫が立って

ずらりと並んでお待ちかね。

そう、金鉱探しのドワーフや、

安酒恋しのケンタウロスも。


そんな水夫はこの船(かのじょ)を愛して、

もやい柱に寄ってくる。

だれもが願うよ、

沈むときにもみな一緒。

 なぜに水夫の歌? しかしこの詩はなかなかですね。

これまでの感想

廃都の黒竜 上 (その1)

廃都の黒竜 上 (その2)

廃都の黒竜 上 (その3)

廃都の黒竜 上 (その4)

2009-10-29

[][][]ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』1 角川つばさ文庫(その4) 23:50 はてなブックマーク - ワイス、ヒックマン『ドラゴンランス』1 角川つばさ文庫(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

  • 竜の頌歌
    • 前にも書きましたが、ちと長いのでは?
  • 老人
    • 大木の上に作られた村、ソレースに老人がやってくる。
  • 旧友との再会 突然の妨害
    • 「五年後にソレースで」会うことを約束して分かれたタニス一味。フリントとタニス、タッスルが再会する。
    • ソレース村の外でホブゴブリン、フューマスター・トードとゴブリン部隊に出会う。
      • こういう悪役って、すぐ名乗るものなの?
      • ホブゴブリンはソレースの警護をしているらしい。ソレースにはヘイヴンから任命されたヘデリックがシーク教の祭司長として統治しているが、ゴブリンたちとグルになっている?
    • ホブは戦闘に参加せず村に帰還。タニスたちはゴブリン警備兵を撃破。
  • 〈憩いのわが家〉亭への帰還 衝撃 誓いが破られること
    • ソレースの酒場でメンバーが再会をはじめる。
    • キティアラは来ることができないとの伝言がある。
  • ソラムニアの騎士 老人のパーティー
    • スタームが平原民たちを連れてくる。
    • ゴールドムーンが歌う。
    • ヘデリックが酒場に現れ、青水晶の杖が光る。
  • 開いた扉 闇への脱出
    • シーク教団に追われることとなった一行はソレースを脱出する。
  • さらばフリント 矢が飛ぶ 星座の啓示
    • 船で湖を越える。
    • 〈暗黒の女王〉と〈雄々しき戦士〉の星座が空から消失する。
      • レイストリンは女王がクリンにおりて来たと考える。
  • 洞窟の夜 討議 タニス決定する
    • ヘイヴンで青水晶の杖の秘密を解明することにする。
  • 杖の話 見なれぬ僧 不気味な感覚
    • ヘイヴンに向かう途中の街道で、全身を布で覆った僧たちと出会う。
  • 真実の追究 予期せぬ回答
    • 僧たち(爬虫類人間)と戦闘。負傷したため新たな遭遇を裂けて南の〈闇の森〉へ。
  • 逃走 白い牡鹿
    • スタームが白い牡鹿を見る。その案内で森の奥へ。
  • 〈闇の森〉 死者が歩く レイストリンの魔法
    • 死者と会う。ケンタウロスと会う。
  • 森の長 平和な幕間
    • 森の長と会う。
      • 指輪物語そっくりの展開。
    • 青水晶の杖の秘密は、それがもともとあった場所、ザク・ツァロスで解明されることがわかる。
  • 翼ある眠り 東方の煙 暗い記憶
    • ペガサスに乗る。
    • ペガサスも、魔法の妨害をこえては飛べない。
      • あれだ、翼ある猿が魔法の砂漠を越えられないのと同じ。
    • 平原人たちの故郷ケ=シュはヴェルミナァルドによって殺戮されたあと。
      • ケ=シュというのは悪い方のネーミングですよね。ミ=ゴとか、ケインレッシュ=マとかと同じ臭いがしますが、ドラゴンランスではまともな人間(蛮族)の村らしい。
  • 冷ややかな夜明け つる草の橋 暗い沼
    • ザク・ツァロスに向かう途中、ドラコ族(ドラコニアン)の魔法に襲われる。
  • あとがき