蜀犬 日に吠ゆ

2013-03-11

[][][][]『炎の戦士クーフリン/黄金の騎士フィン・マックール』(ケルト神話ファンタジー)ちくま文庫 12:09 はてなブックマーク - 『炎の戦士クーフリン/黄金の騎士フィン・マックール』(ケルト神話ファンタジー)ちくま文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

はじめに

 ある民族について知りたかったら、その民族に伝わる物語を知ることです。民族に伝わる物語は、その民族の考え方、感じ方を伝えてくれるからです。英雄クーフリンの物語は、ケルト民族に伝わるものです。今日、このケルト民族の血を濃厚に伝えているのは、アイルランド、ウェールズ、そしてスコットランドのハイランド地方に住む人々です。一方、ベーオウルフの物語は、アングロ・サクソン民族のもので、ごくおおざっぱに言えば、イングランドとスコットランドのローランド地方の人々は多くがアングロ・サクソン人です。このふたつの物語は非常に異なる世界観に基づいており、ケルト民族がベーオウルフを産むことはありえず、逆にアングロ・サクソン民族がクーフリンを産むことも、絶対にありえません。

 アングロ・サクソン人の物語は、どれほど大胆に見えても、しっかりと地面に足がついています。だからベーオウルフとその仲間たちは、英雄という大きな人間ではありますが、あくまで人間の範疇を越えません。ところがケルトの物語は、簡単に現実を飛びこえ、空想世界へと飛躍します。赤枝戦士団の勇者たちの血管には、神々と妖精属(アイルランドに伝わる妖精とほぼ同じ種類です)の血が、熱くたぎっているのです。どちらの物語を読む場合も、この違いを知っておくといいでしょう。そしておおむね、今の英国人のご先祖は、クーフリンを産んだ民族かベーオウルフを産んだ民族、あるいはその両方が混ざった人々であることも知って欲しいと思います。

サトクリフ『炎の戦士クーフリン/黄金の騎士フィン・マックール』(ケルト神話ファンタジー)ちくま文庫

 デーン人や、フランスのブルターニュ地方の人々、ノルマンディー。これらは少数派なのでしょうね。サトクリフ先生。

 神話や伝説だけではなくて、その文化圏における「文学のありよう」は、「民族に伝わる物語は、その民族の考え方、感じ方を伝えてくれる」ものです。価値観が一方的にならないように気をつけながら、すこし霧に包まれたシャーウッドの森を探索に出かけます。


2011-01-23

[][][]ローズマリ・サトクリフ『王のしるし』上 岩波少年文庫(その2) 20:37 はてなブックマーク - ローズマリ・サトクリフ『王のしるし』上 岩波少年文庫(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

 もちろん、読みかけの本も読み返します。

王のしるし(上) (岩波少年文庫)

王のしるし(上) (岩波少年文庫)

 完全に話忘れたので、一から読みなおしたいと思います!

2010-09-20

[][][]影武者ダルリアッドのマイダー~~サトクリフ『王のしるし』上 岩波少年文庫(その1) 21:22 はてなブックマーク - 影武者ダルリアッドのマイダー~~サトクリフ『王のしるし』上 岩波少年文庫(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

 ラパー裏表紙より

およそ2000年前のスコットランド。奴隷の剣闘士フィドルスは、不当に王位を追われ盲目にされたダルリアッド族の王マイダーの替え玉として雇われる。士族の運命をかけた戦いのなかで、フィドルスはシダイニ「王」になってゆく。

サトクリフ『王のしるし』上 岩波少年文庫

 替え玉だとなんだか受験のずるみたいでスケールが小さい。影武者でいきたいですよね、ここは。

王のしるし(上) (岩波少年文庫)

王のしるし(上) (岩波少年文庫)

 フィドルスが自由の木剣を得た後、商人シドックと強者ゴールトの計略にかかり、運命のマイダーと邂逅を果たします。

 ところで、マイダーの、この言い回しは、英語のものでしょうか、当時のローマやブリタニアにそういう言い回しがあったのでしょうか。それが気になります。

4 闘鶏の家

「(略)神たちは、人間の上に起こる出来ごとをみて、嘲り笑うものなのかな、ちょうどわれわれがキャベツを踏んづけてすべった人をみて笑うようにな。(略)」

サトクリフ『王のしるし』上 岩波少年文庫

 これ、チャップリン以降であればバナナなのでしょうけれども。ちなみに日本だとスイカなんですよね。英和辞典のキャベツの項を引いてもそういうイディオムは別に載っていないので、未来への宿題。

2010-03-07

[][][]『女王エリザベスと寵臣ウォルターローリー』上 原書房 23:03 はてなブックマーク - 『女王エリザベスと寵臣ウォルターローリー』上 原書房 - 蜀犬 日に吠ゆ

そういえば、こちらも上巻だけは読んだのでした。

 しかし、普通このタイトルだと、ウォルターの活躍が中心となる冒険活劇かなあ、と思います。しかし、実際にはローリー卿の嫁であるベスが主人公の物語で、破天荒なローリーがあっちこっち飛び回り、ベスはその帰りをはらはらしながら待つという話。

 それは、そのパターンは『白馬の騎士』で読みました。しかし、ウォルターの海外での活躍は殆ど描写されないので不満。イギリス人読者なら言わずもがなの事なのかもしれませんが、こっちはローリー卿のことなんかほとんど知らずに、むしろその活躍を知りたくて本を読んでいるのですから、全然面白くない。

 足塚茂道が「ゼンダ城の虜」を漫画化するに当たって、お姫様を主人公に据えるようなものです。もっとアクションを! もっとサスペンスを!

 下巻は面白くなることを期待。ローズマリ・サトクリフ先生はそれができる人だと信じています。

2010-03-05

[][][]片腕の戦士~~サトクリフ『太陽の戦士』岩波少年文庫 19:31 はてなブックマーク - 片腕の戦士~~サトクリフ『太陽の戦士』岩波少年文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 書き出しを読んでいて、なぜか大東鉄人先生を感じました。

物語のまえに

 青銅器時代――このことばは強い魔力をひそめている。このことばをきくと、武器が打ちあわされ、馬のひづめや戦車の車輪が緑の尾根の道をなりとどろかすさまが心に思いうかぶ。家家の炉ばたでは、たてごとがかなでられ、女たちは戸口で機織りにいそがしい。族長の葬いの火から立ちのぼる煙は、やがて風に吹きはらわれていく。

 それはほとんどそのままホメロスのえがくギリシャだといってよい。

 そして、そこにこのことばの魔力の秘密がかくされているのだと、わたしは思う。

サトクリフ『太陽の戦士』岩波少年文庫

 そんなに似てもいませんか。

物語のまえに

 この物語の主人公は、キリスト降誕前九百年頃、今日のイングランドの丘陵地帯に部族の人たちといっしょに住んでいたドレムという少年である。

サトクリフ『太陽の戦士』岩波少年文庫
物語のまえに

 外の世界では、もうその三百年も前にトロイが倒れ、エジプトはその最盛期を過ぎていた。やがてにごった川の浅瀬のかたわらにむらがる丘のあいだのくぼ地に、あらっぽいラテンの牛飼いたちがテントを張り、ローマを建設するまでには、まだ百年以上も待たなくてはならなかったが、おそらくドレムはそのような世の中の移りかわりを知るよしもなかったのである。

サトクリフ『太陽の戦士』岩波少年文庫

 中国だと、青銅器時代というのは『封神演義』みたいな話になってしまうのでしょうか。中国では鉄の普及はオリエントに比べて遅く戦国時代にですから、春秋戦国時代の物語は青銅器時代なのでしょうけれども、『史記』なんてのは「人間ドラマ」であって「英雄叙事詩」的な、魔法のことばで紡がれた物語とは言いづらいですからねえ。

物語のまえに

  1. 緋色の糸
    • ドレムは羊飼いのドリの話を聞く。ドリたち羊飼いはターヌの子孫で、色が黒く、小さい。ドレムたち戦士は羊飼いを支配する金色の肌の人々。
      • おそらく「ターヌの子孫」というのがビーカー族とかそういうイングランド先住民で、金色の巨人というのが青銅器文明を持ち込んだブリトン人、になりますかね。
        • まあ、ケルト人もブリトン人なのだけれど。鉄器をもって後からやって来たケルト人を、ローマ人がブリトン人と呼ぶから混乱する。
      • ピクト人、などというのもスコットランドにいましたね。一体どこから湧いて出たのやら。
    • ドリ「巨人たちがやってきた。青銅の大槍をもっていたから、わしらの石の槍は枯れたアシも同然」
      • ターヌの子孫、というのはストーンヘンジなんかを造っていた石器時代の先住民でよさそうですね。
      • そして先住民と巨人たちは混血人となる。
    • ドリ「それからのことだ、おまえさんたちがやってきたのは。そしておんなじようにおまえさんたちは、むかし巨人がわしらをあつかったように、巨人たちの子孫をあつかったんじゃ。」「ターヌの子孫も、巨人の子孫もな。わしらはおまえさんがたに仕えている。」
      • うぅむ。とするとこっちがいわゆるブリトン人ということになりましょうかね。それとも鉄器時代前のケルト人たちでしょうか。よくわからない。
    • ドレムは家に帰るが、うっかり祖父が「片腕のドレムは戦士になれない」というのを聞いてしまい、家出する。
  2. 狩人タロア
    • 林の中でタロアに出会ったドレムは、弓を引けない代わりに投げ槍の練習を始めることにする。
  3. はじめての猟
    • タロアの猟犬の子を欲しがったドレムは、白鳥を投げ槍でしとめる。
  4. ノドジロの値段
    • 同じ犬の子を、族長の弟の息子であるルガも欲しがり、族長の弟モルビッドは値をつり上げる(銅の鍋と、麻布)が、タロアは先約を尊重してドレムに犬を譲る。
  5. 短剣と火
    • 村に旅人がやって来る。混血のアープは「小さなアープは地面に耳をつけていた。『馬だ。』アープはいった。『地面は馬だといっている――二ひきだな――それに人がひとり、それだけだ。』」
      • OH! NINJA! か、もしくはブリテン柳生。
    • 旅人で、商人で、かじやの男は村人に鉄の短剣をみせる。「大海のむこうの霧の林の国に住む黄色い髪の巨人にひどくぼられましたよ」
      • ドイツやオーストリアあたりの、ハルシュタット鉄器文明のことでしょうか。アーリア人種の。
    • かじやの鉄の剣は族長の青銅の剣と打ちあわされ、族長の剣にだけ刃こぼれが生じる。
      • タロア「そのうち、このような武器で武装したものが、青銅の武器をもつものを従えるようになるだろう。」
      • 祭司のマイダー「この新しい魔術は気に入らん。このつめたい金物がいつか青銅を従えることのないように。」「わしらは太陽の民だ。青銅は太陽に属するもの、このつめたい鉄は、たかが地に属するものにすぎぬ。小さな黒人どもが青いヒウチ石の民であるように、わしらはかがやく青銅の民なのじゃ。やつらの時代がヒウチ石の時代だったように、わしらの時代は青銅の時代なのだ。そして鉄が支配する世の中では、わしらはもう力を失うのだ。ああ、ああ、それはつめたい灰色の世界だ」
        • 約300年後には、そうなるんですよ。ついでに、鉄器時代はいまだにつづいています。
    • ところで、ドレムの家で下働きをしている少女ブライは、赤ん坊のころ旅人の父親が村に捨てていった混血人。いじめられると「いつか、いつかはきっと、とうさんはあたいを迎えにくる!」と言葉に出して耐え忍んでいる。
    • かじやはブライを呼び止めて、その顔を確認。祭司のマイダーはかじやを思い出す。かじやは祭司を横目で見た。「ああ、あの家はおぼえているともさ。」かじやはいった。「だがこんなにちかいとは思わなんだ。」
    • 「おい、何をまっているのだ?」よそものはいった。そしてじろじろブライをみている口もとには、ゆっくりとむごいわらいがうかんできた。「そうか。そういうつもりだったのか。おまえはこのわしが迎えにやってきたとでも思いこんだのだな。このチビのばかめが。わたしはおもえのことなど、この夕方になるまで思いだしもしなかったわい。もしそうだとしたって、なまっちろいおまえのようなやつには、なんの用もありはしない。」そして男は頭をそらしてわらった。陰気な、よこしまな、爆発するようなわらいだった。
      • 「陰気な爆笑」というのはなかなかに個性的ですね。しかし自分で呼び止めておいて物乞いあつかいはひどい。
      • すかさずルガが、(ヤな奴って、こういうところはずさないよなあ。)ブライの高い銀のような声をまねしてどなった。「いつか――いつかとうさんがくるんだから――だとさ、やあい、それであたいを金の馬具をつけた馬にのせてつれていくんだからね。」
        • 世の中なかなかハリー・ポッター的シンデレラ・ストーリィにはならないものです。
    • 走り去るブライ。追いついたドレムに、「とうさんには何か起こったんでこられないんだよ。もうこないよ、もうこやしない。」ブライはいった。
  6. わかものの家
    • 十二歳になったドレムは戦士になるためわかものの家で暮らすことになる。
      • 同年代としては、族長のむすこボトリックス、丸い顔のゴールト、それからルガ、ウリアン、メルガン、トウアンがいる。
    • わかものの家に集合したところで、ルガにからかわれたドレムはけんかを買う。たちまち少年たちはドレムに襲いかかるが、ボトリックスだけはドレムに味方する。
      • けんかのあと、ドレムはボトリックスと怪我を見せ合い、血の混じったきょうだいであることを確認する。
  7. 新王の即位
    • 王が死に、新しい王が即位するために、各地の族長が城に集結する。ドレムたちわかものは、族長ダムリノックスの「猟犬」として随行する。
    • 死んだ王が埋葬され、新しい王が宣言する。「わたしが王だ!」「そうだ、王だ!」さけび声がかえってきた。「わたしが王だ! おまえたちはわたしの戦士だ。さあ、忠誠を誓ってくれ!」「王よ、もしわれら誓いをやぶることあらば、緑の地ひらけ、われらをのむべし。灰色の海あふれてわれらをのむべし。空の星おちて、われらの生命をたつべし。」
      • 古代ゲルマン社会は「王家」ではなく「王」個人に仕える「従士」たちが戦士でありましたが、ブリトン人たちも似ているのでしょうかね。新しい王があらわれると、新たに契約をし直すわけでしょう。
        • 日本でも、ながらく忠誠心の属人性というのが強調されていたから、江戸時代初期に禁止令が出されるまで、追い腹というのが美化されてきたのでしょう。
  8. 猟犬の戦い
    • 族長ダムリノックスは別な族長ブレイゴンのもつ鉄の短剣を目にして、ブレイゴンがかじやに飲ませて博奕でとりあげたものと知る。そのときの言葉尻から、両陣営に険悪な雰囲気が発生。
      • 王は争いの仲介に入り、両者の犬同士を戦わせて決着をつけるようにする。
      • ノドジロが選ばれそうになったドレムは、自分たちが「族長の猟犬」であることから、3組目は人間同士の戦いにするよう提案する。
      • 戦いは引き分けにされ、問題の発端となった鉄の短剣は、王が没収。
  9. 黒い小石
    • ドレムたちは一人前の戦士であることを証明するためオオカミを狩る。
    • ドレムはオオカミに組み伏せられ、ボトリックスが手助け(横槍!)をしたために戦士の資格を剥奪され、混血人たちとともに羊飼いとなる。
  10. 別れ
    • ドレムはドリの小屋に行き、羊飼いになることを告げる。
    • オオカミを殺したわかものは戦士となる儀式に出かけ、ドレムはそれを見送る。
  11. 村のニュース
    • ドレムの兄のドラスティックや、ボトリックスが嫁を取る。ドレムは一層、戦士たちとの距離を感じる。
  12. オオカミの見張り
    • 不作の冬にはオオカミたちも羊を数多く襲う。
  13. 灰色の親分
    • 群れをはぐれた雌羊をさがすため雪の中に出たドリが戻ってこないので、ドレムが捜しに出かける。崖から転落したドリと雌羊を、オオカミがねらうが、ドレムはそのリーダーを殺す。
  14. 戦士の緋色
    • ドレムは、かつて殺しそこねたオオカミを改めて殺したことで戦士として認められ、村に戻ることになる。
  15. 太陽の花
    • ドレムはベルティンの祭で、ブライをダンスに誘う。
      • 終わり。

訳者のことば

2009-08-20

楊貴妃

[][][][]故郷を守るために死す~~ローズマリ・サトクリフ『血と砂』下 原書房 21:28 はてなブックマーク - 故郷を守るために死す~~ローズマリ・サトクリフ『血と砂』下 原書房 - 蜀犬 日に吠ゆ

 敗北、敗北、敗北!

  • 第十七章 アラビアへの遠征
    • オスマン帝国に逆らいヒジャズを占拠する砂漠の狂信者ワッハーブ。
    • トゥスン長官殿とトマスは聖地奪回の軍を率いて紅海を渡る。
    • ムハンマド・アリが根回ししたはずの、砂漠の部族は参戦を拒否。
    • 攻撃隊はジェダイダの隘路を越えてメディナを攻めると決定。
  • 第一八章 攻撃前夜
    • トマスは騎兵の練兵と、トゥスンとの一騎打ちを演習する。 
  • 第十九章 ジェダイダの敗北
    • 後詰めのアブドッラー・イブン・サウドが神速でジェダイダに到達。トルコ軍壊滅。
    • トマスの騎兵は歩兵を援護しつつ退却に成功。
      • ザイドは生死不明。
  • 第二〇章 メディナへ
    • トゥスン負傷のため、アーメド司令官の指揮下、メディナを攻撃。
    • エジプトからの援軍も到着し、城壁を地下から爆破してメディナを攻略。
  • 第二一章 メディナの略奪
    • メディナ守備隊長のハンムド・アル・ラクシは降伏。しかし城砦を明け渡したのち、降伏条件を無視した部族民とメディナ市民が武装解除されたワッハーブ兵士を虐殺。
    • アーメド司令官は犯人の割り出しを命じるが、それは「乱取りの黙認」を含むものであった。
  • 第二二章 アノウドとの出会い
    • トマスは無法地帯となったメディナ市街にでかけ、少女アノウドを強姦から救う。
    • アノウドはメディナ大虐殺で家族を失ったので、トマスの宿舎に身を寄せる。
  • 第二三章 トマスの結婚
    • トゥスンが宣戦に復帰。アーメド司令官は辞任。
    • トマスはアノウドと結婚する。
  • 第二四章 婚礼の夜
    • トマスは婚礼の夜を過ごす。
    • トマスはメッカへ出立する。
  • 第二五章 メッカにて
    • ムハンマド・アリがメッカに到着。大総督ガーリドと同盟を行う。
    • トゥスンは父の命をうけてガーリドを拘束し、メッカを去らせる。
  • 第二六章 魔女ガリア
    • ワッハーブの砦トゥラバを守るのは女長老にして魔女たるガリア。
    • トゥスンとトマスは手ひどい敗北を喫し、ターイフへ退却する。
  • 第二七章 峠の攻防
    • 退却中、敵軍に回り込まれ追撃戦が始まる。
    • トマスは敵の砲兵隊を破り、奪った野戦砲で味方の退却を援護する。
  • 第二八章 つかのまの安らぎ
    • トマスはターイフに駐在し、アノウドをメディナから呼びよせる。
    • ジッダ総督となったトゥスンが訪ねてくる。
  • 第二九章 メディナ総督
    • メッカは巡礼が大々的に復活。
    • トマスはメディナ総督に任命される。
  • 第三〇章 メディナ入城
    • トゥスンはおとり部隊としてナジュド遠征。トマスも従軍してカッシムへ向かう。
    • ムハンマド・アリはクンフサを攻略し、作戦終了。
  • 第三一章 カッシム侵攻の賭け
    • ムハンマド・アリは助命を約束した捕虜のうち十二人をメッカ市門前で串刺しにし、部族民から反感を買う。
    • ムハンマド・アリはカイロに帰還。トゥスンは職を解かれてヒジャズに取り残され、カッシム侵攻で挽回しようとする。
  • 第三二章 窮地に陥ったトゥスン
    • トゥスンはリヤドのイブン・サウドから邀撃され、トマスに援軍を要請。
  • 第三三章 トマスの危機
    • トゥスンと対峙するワッハーブの兵は夜間に移動を始める。
  • 第三四章 最後の戦い
    • トマスの援軍はトゥスンと合流する前にアブドッラー・イブン・サウドの主力と接敵する。
    • トマスはアブドッラーと会見し、半時間後の開戦を約束する。
    • トマスは再び万物は一なることを感じつつ、スコットランド第七八高地連隊の喊声、「クイディフン・リグ――王を救え!」を叫ぶ。
    • 同時刻、アノウドは身重の体を階段から投げ出す。
  • その後の物語
    • トゥスンはデルタ地帯に帰り、伝染病で死ぬ。


 アラビア風用語のメモ。

  • 大総督―シャリーフ (聖都メッカの支配者)
  • 族―ベニ (イエハイネ族はトルコ側。ハルブ族、ソブフ族などははじめワッハーブ側。)
  • 族長―シャイフ
  • 練兵場―マイダーン
  • 集団―キャラバン (巡礼の集団)
  • 広場―マイダーン (練兵場との相違は不明。)
  • 外衣―バーヌース (アバとの相違は不明。)
  • 女長老―シーカ
  • 幽霊―ジン
  • 悪魔―アフリート
  • 魔王―イブリス
  • 市場―スーク
  • 総督―アミール
  • 聖布―キスワ
  • 聖殿―カーバ
  • 女医―ハキミ
  • 聖典―コーラン
  • 外衣―ディスダッシャ (アバ、バーヌースとの相違は不明。アノウドが着ていたので女物か。)