蜀犬 日に吠ゆ

2017-05-06

[][][][] 軽蔑すべき教師~~原田種成(たねしげ)『漢文のすすめ』新潮選書 21:00 はてなブックマーク -  軽蔑すべき教師~~原田種成(たねしげ)『漢文のすすめ』新潮選書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 原田種成(たねしげ)『漢文のすすめ』新潮選書を読んでいたら、唐突に東京高等師範出身の先生がdisrespectされていましたので、ここに書き留めておきます。

 昭和七年四月、大東文化学院高等科*1に在籍したときに諸橋『大漢和』の編集メンバーに誘われて、雑司ヶ谷の諸橋教授のお宅に通う。

 メンバーには大東文化学院が多く、のちに刊行されたある書物に、「文理大*2の学生を編纂助手として」とあるところからしてやり玉に挙がる。

第二章 諸橋『大漢和』編纂秘話

(略)「昭和八年からは杉並区天沼(あまぬま)に家を一軒借り、文理大の学生を編纂助手として能率向上をはかった」とあかれているが、「昭和八年」は「昭和十年」の誤り、「文理大の学生」は天沼の編纂所には一人もおらず、すべて大東文化の出身者と在学生だけであったことをついでながら明らかにしておこう。おそらく、高等師範の出身者は漢文の読解力が不足していたkら『大漢和』の原稿作成に関与することはとうていできなかったであろう。資料蒐集(しゅうしゅう)時代に大東文化の学生は『周礼』『儀礼』『公羊伝(くようでん)』や『漢書』『後漢書』等の白文の原書から語彙カードを採取していたのに対し、たとえば、高師の学生だったK氏は先生から少年漢文叢書の返り点送り仮名のついている『論語』『孟子』を与えられて、語彙カードを作った思い出を書いていた――それほどの差違があったのである。

 高師は国漢科であるから、国語と漢文の両方を学習し、しかも就職に有利だからと修身や習字の免許を取るための学習もしていたから、漢文の力はあまり伸びなかったのである。大東文化の学生は、旧制中学時代から漢文が好きで、白文が読める力を持って進学し、更に高度の漢文を専攻したのであるから『大漢和』に引用する原文を読解することができたのである。

原田種成『漢文のすすめ』新潮選書

 なんといいますか、対抗意識を感じる。高師や文理大の学生は当然教授である諸橋先生の教えを直接受けているわけで、「少年漢文叢書」の話を見るに先生が優しく接しているのに対して大東文化の側は腹に一物かかえることになったのでしょうか。

 閑話休題(それはさておき)、原田先生、卒業後もしばらく辞書編纂にかかりきり。ですが生活のためには就職も考えなければなりません。始め明治大学附属中学校につとめます。

第二章 諸橋『大漢和』編纂秘話

 私は将来もずっと教員をしていくならば、明治中学も決して悪くはないが、まず公立中学校へつとめたいと考え、諸橋先生に相談した。すると、先生からちょうど高等師範の教え児の本村伝吉氏が府立十二中の校長をしていて、漢文教師を探しているからと、先生の推薦で十七年一月三十一日、東京府立十二中学校の教諭となった。本村校長は高等教員の免許所持者を教員に集めていたのである。十二中学は間もなく千歳中学と校名変更になった。

(中略)

 そして、十八年の六月ごろ、橋本氏から連絡があった。応召で欠員ができたから群馬師範へ来ないかという。下谷の金杉で生まれ、根岸の小学校から神田の中学、そして九段の大東文化学院と、私は東京を離れて暮らしたことはなく、昭和十五年に水戸中学から学院を通じて招聘があったときも、東京を離れたくなかったので断ってしまったくらいだ。しかし、橋本氏は岳父の恩師であり、私はあれやこれや考えた末、東京を離れる決心をした。官立専門学校に昇格した「師範学校教授」とは歴とした高等官である。私は家族をつれて親類縁者の一人もいない前橋に移り住むことにした。

原田種成『漢文のすすめ』新潮選書

 というわけで転勤。その群馬の話も面白いのですが、今回は転勤の際の所感。


第二章 諸橋『大漢和』編纂秘話

 私の場合、内閣の発令が、いつになるかわからなかったが、千歳中学本村伝吉校長に正式に申し出たところ、校長は何を考えていたのか、私の学級担任も授業科目も全部はずして、図書の整理をしてくれと言う。

 私は赴任の前日まで、心残りのないように精魂籠(こ)めた授業をして中学を去ろうと思っていたのに、その願いは踏みにじられて悔しくてたまらなかった。本村校長は転任が決まった教師は、真面目な授業をしないものと持っていたらしい。彼自身がそのような教師であったのかもしれない。

 本村校長は東京高等師範学校の国漢科出身で、四十代の初めに校長になり、有能な校長と思われていたが、私はかねてよりその教育観に疑問を抱いていた。あるとき校長が漢文の授業を担当したことがあった。その試験の監督を私がしたとき、校長は生徒がやまをかけるから各ページから一字ずつ読み方を出題するのだといった。私はそれを聞いてあきれてしまった。

 私は試験というものは、その範囲の中で一番大切なところ、一生涯覚えておく価値のあるところを出題すべきであると考え、また、実際、私の出題はそれに徹していた。それが教育であると信じている。校長のやり方は、教育効果ということをまったく考えないものであった。私は校長を心の中で軽蔑していた。

 体躯は堂々として豪傑ぶっていたが、もらった葉書を見ると、小さい字で隅のほうにチョコチョコと書いているので、見かけとは違って肝っ玉の小さい人物だと思っていた。

 人を信頼することができない小心な言動にいやになり、彼が勝手に決めた図書の整理などもまったくする気がなかったから、学校へは足を向けず、発令になるまで編纂室に出て辞典の仕事を続けた。

原田種成『漢文のすすめ』新潮選書

 まあ、そりが合わなかったのだなあ、という印象。あと、気に入らないからと学校行かないという豪傑ぶりもどうなのでしょうね?

*1:いまの大東文化大学

*2:高等師範の付属大学(!)

2012-10-22

[][][][]中島敦の中華料理賛歌 20:50 はてなブックマーク - 中島敦の中華料理賛歌 - 蜀犬 日に吠ゆ

 中華料理をテーマとした和歌十四首。

 中島敦って、いつの時代の人間よ。少なくとも二十年前には時代遅れ。

中島敦の中華料理賛歌

 明治以降の日本の小説家で、中華料理をもっともおいしそうに描いたのは誰だろう、とふと思った。

 谷崎潤一郎の『美食倶楽部』は誰しも思い浮かべるだろうが、あの小説に描かれているのはほとんど空想の料理であるし、味覚よりもむしろ性感に訴えかける種類のもので、わたしの食欲をそそらない。林芙美子の小説の主人公が食べる”支那そば”はじつにうまそうだが、中華料理といえるかどうかわからぬ。芥川龍之介は『江南遊記』に、南京で食べたデザートの「八宝飯」が美味かったと記しているが、秦淮(しんわい)の美人に目を奪われて、料理のことはあまり印象に残らなかったらしい。

 わたしの思いつく範囲では、中島敦の「聘珍樓雅懐」が、短歌という形式ではあるけれども、中華料理賛としてほとんど唯一の傑作である。


 一九三七年七月に蘆溝橋事件が起こり、日中戦争が始まった。「聘珍樓雅懐」はその後に書かれたもので、横浜「聘珍樓」での宴を十四首の歌に詠んでいる。わたしは以前、国書刊行会から出た『美食』というアンソロジーにこれを入れたことがあるが、御覧になった方も少ないだろうから、ここにもう一度引用する。


 初めの三首は、日中が敵対する険しい情勢の中で、それでも料理は憎くないといって、華国の美味への愛着をうたう。

 冬の夜の聘珍と聞けば大丈夫(ますらを)と思へる我も心動きつ

 国つ仇と懲し伐つとふ国なれど唐(から)の料理の憎からなくに

 うましもの唐の料理はむらぎもの心のどかに食ふべかりけり


 さて、席について、料理が順々に出てくる。それをこの歌の作者は何と嬉しそうに味わっていることだろう!

 白く濃き唐黍(たうきび)スウプ湯気立ちてあら旨げやなうす脂うく

 白く濃き唐黍スウプする\/と啜(す)へば心も和(なご)みけらずや

 家鴨(いへがも)の若鳥の腿の肉ならむ舌にとけ行くやはらかさはも

 大き盤に濛々として湯気(けむり)立つ何の湯(タン)(スウプ)ぞもいざ味見(あぢみ)せん

 肉白き蟹の巻揚(まきあげ)味軽(かろ)くうまし\/とわが食(を)しにけり

 かの国の大人(たいじん)のごとおほけらく食(を)すべきものぞ紅焼鯉魚(ホンシャウリギョ)は

 甘く酸き匂に堪へで箸とりぬ今宵の鯉の大いなるかな

 甘酢かけて食ひもて行けば大き鯉はやあらずけり未だ饜(あ)かなくに

 冬の夜の羊肉(ひつじ)の匂ふとかげば北京のみやこ思ほゆるかも

 いさゝかに賤(いや)しとは思(も)へどなか\/に棄てがたきものか酢豚の味も

 みんなみの海に荒ぶる鱶の鰭に逢はで久しく年をへにけり

 ちなみに最後のフカヒレの歌はフカヒレが出てこなかったというのではなく、幾年(いくとせ)を経て、ここ「聘珍樓」でやっと再開した喜びを述べているのだ。作者はこの気の利いた歌を掉尾に据えるためか、料理の順番を多少入れ替えているらしい。フカヒレはたぶん宴の初めの方に出てきたろうし、玉蜀黍(とうもろこし)のスープはあとの方だったろう。「大いなる」鯉も酢豚よりあとだったろう。ちなみに、「紅焼鯉魚」とあるのは「糖醋鯉魚」の間違いかと思われる。「甘く酸き」タレをかけた揚げたての熱々(あつあつ)の鯉が、思わず唾がわいてくるような良い匂いを立てて、人々がいっせいに箸を伸ばすようすが目に浮かぶ。そうだ。昔は東京などでも中華料理の宴席といえば、おしまいに、この鯉の丸揚げ―「糖醋鯉魚」―が、決まりごとのように出て来たものだ。


わたしと鯉

 わたしは、しかし、その唐揚げを一度も美味しいと思ったことがなかった。幼いわたしの味覚からすると、あんかけのあんは甘すぎるか、酸っぱすぎる。それに細切りの野菜があんに入っていて、ともすると人参が混じっている。わたしは人参嫌いなので、これがまず気に入らぬ。魚の方も骨っぽいし、どうも生臭い。あんな不味いものを、何を好きこのんで食べるのだろう――このことはわたしにとって一つの謎であった。

南條竹則『中華文人食物語』集英社新書

 それで「美味しい鯉の唐揚げ甘酢あんかけ」にであった話に続くのですが後略。とりあえず南條先生、あとでフクロ。

 あと、「白く濃き」はほとんど枕詞のように「唐黍スウプ」にかかるのですね。ポタージュ的なもの? 中華のコーンスープで濃厚系ってイメージにありません。

中華文人食物語 (集英社新書)

中華文人食物語 (集英社新書)

2009-08-06

[][][][][]田中芳樹『黒竜譚異聞』祥伝社文庫 22:06 はてなブックマーク - 田中芳樹『黒竜譚異聞』祥伝社文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 感想書いたのに間違って消した。

黒竜潭異聞 (祥伝社文庫)

黒竜潭異聞 (祥伝社文庫)

  • 宛城の少女(西晋)
  • 徽音殿の井戸(南北朝・宋)
  • 蕭家の兄弟(南北朝・梁)
  • 匹夫の勇(南北朝・陳)
  • 猫鬼(隋)
  • 寒泉亭の殺人(唐・盛唐)
  • 黒道兇日の女(唐・中唐)
  • 騎豹女侠(唐・中唐)
  • 風梢将軍(宋・南宋)
  • 阿羅壬の鏡(宋・南宋)
  • 黒竜譚異聞(明)

2009-01-21

[][][][]文明の衝突1840年(道光二十年)~~陳舜臣『実録アヘン戦争』中公文庫 17:31 はてなブックマーク - 文明の衝突1840年(道光二十年)~~陳舜臣『実録アヘン戦争』中公文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 小説版の『阿片戦争』とは別に書かれた、アヘン戦争の概説。地の文が陳舜臣先生の主観バリバリで林則徐びいきなのがほほえましい。

実録アヘン戦争 (中公文庫)

実録アヘン戦争 (中公文庫)

第一章 衰世

 林則徐が参加した同人、宣南詩社の龔自珍から話は始まります。龔自珍や魏源は「大そうクセのある字」のせいで科挙になかなか合格できません。。宣南詩社の期待を背負って昇進したのが林則徐。

第二章 ひるねの友

 ヨーロッパ人はアルコール中毒になりがちでアヘンはその代替物という扱いだったのに、中国人とアヘンは相性がよく、またたくまに広まった由。本当でしょうかね。まあともかく、貿易の自由化で商売を民間企業に奪われた東インド会社が、ベンガル郡のアヘン専売権を獲得して対清輸出にのりだします。

第三章 狭い門戸

 広州は「海禁」の清王朝にとって例外的に開港された都市ですが、貿易は戸部の免許を受けた「行商――Hong merchants」に限定されます。これが「公行(コンホン)」。外国の商社も夷館を広州の「十三行街」に構えます。デンマーク館(黄旗行)、スペイン館(大呂宋行)、フランス館(高公行)などなど。なんだか万博のようですね。建物の名称と、なかに入る商社の国籍は一致しないんだそうですが。アメリカのオリファント商会は唯一アヘンの密輸を行わなかったので外商たちからは「シオニスト・コーナー」と呼ばれました。

 「公行」たちのリーダー(総商)は怡和(いわ)行の主人伍紹栄。公行たちもその経営は苦しく、とくにインドのパールシー族(白頭夷)の金融業者たちに操られて資産を吸い上げられてしまうことが多かったということです。だったら、いっそアヘンを合法化して巨利を得たい、という意見も登場します。

 アヘンは珠江河口の伶仃(リンティン)島の沖に「洋上倉庫」たる躉船――store-ship にストックされ、その密輸は黙認されたも同然でした。

 初代のイギリス商務監督ネーピアは清国との通商貿易を要求したが逆に商館は封艙(フォンチャン)、すなわち兵糧攻めにあって失敗。

第四章 論争 第五章 点火

 アヘン合法化は、清国の銀を海外に流出させてしまうという点から問題視されて欽差大臣林則徐がアヘン問題解決のため広州におもむきます。

第六章 虎門の煙

 林則徐はストックされていたアヘン2万箱を没収。約1425トンの由。うち7千箱はジャーディン・マセソン商会。二位はデント商会の7百箱というのでジャーディン・マセソン商会のアヘン密輸はずば抜けていたことが分かります。林則徐はこれを塩水と石灰で処分します。てっきり海水を使ったのだと思いこんでいましたが、きちんと塩を入れていたのですね。

第七章 戦火

 要請した軍艦が中国に来ると、商務監督エリオットは強気の交渉に出ますが林則徐も強硬路線。イギリス本国は東洋艦隊遠征軍を動員します。自由党のグラッドストンはこのとき不正な戦争を弾劾する論陣をはりますが少数派。

第八章 アヘンのために

 林則徐との直接戦闘を避けた英海軍は長江河口の舟山列島定海県を攻撃、さらに天津を目指します。あわてた北京の廷臣は林則徐を解任し、あとは負け戦と屈辱的な通商条約、賠償金の支払いを余儀なくされます。

第九章 プリズムの時代  それからの林則徐

 アヘン戦争は、中華思想の終わりを露呈させてしまった。中国人たちは、世界と未来に目を向けざるをえなくなります。

2008-09-07

じゃんぼよつば

[][][]鉄鍋のジャンとチタン鍋の佐藤田~~西条真二『鉄鍋のジャン!R 頂上作戦』(7)秋田書店 21:41 はてなブックマーク - 鉄鍋のジャンとチタン鍋の佐藤田~~西条真二『鉄鍋のジャン!R 頂上作戦』(7)秋田書店 - 蜀犬 日に吠ゆ

鉄鍋のジャン!R 7―頂上作戦 (少年チャンピオン・コミックス)

鉄鍋のジャン!R 7―頂上作戦 (少年チャンピオン・コミックス)

 現代の魔術師佐藤田との対決最高潮!しかし前作では「鉄鍋のジャン」なんて一言も呼ばれていなかったジャンが、ついにタイトル通りの称号を手にしました。*1別に褒められたわけではないのですけれどもね。

 そして決着をつけるのはキリコさんの拳!というのは前作通り。

*1:ストーリー的には「キャプテン翼」でいえば石崎君が転校生に「キャプテンは俺だ」といっていたのに監督は「翼、お前がキャプテンだ!」といったくらいの位置なのでしょうか。「いいんじゃないの、漫画のタイトルもそうだし」といわざるをえない石崎君の気持ち。

2008-08-27

[][][]中華の伝統おそるべし~~南條武則『中華文人食物語』集英社新書 19:03 はてなブックマーク - 中華の伝統おそるべし~~南條武則『中華文人食物語』集英社新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 魯山人は和食を褒めますが、それは時代の制約と、あと「慣れ」の部分が多いのではないかと私は考えています。日本の食材であれば、和食の技法がすぐれているのでしょう。

 「母なる味覚」の呪縛から自由になることは簡単ではありませんが、解放に必要なのは自分の「うまい、まずい」を素直に口に出すこと。技術だの食材だの、ナショナリズムだのは後でいい。

中華文人食物語 (集英社新書)

中華文人食物語 (集英社新書)

 南條竹則の本作は、書物と現実、過去と現在、日本と中国を自由に往来しながらしたためたエッセイ集。

 惜しむらくは食べた品の値段もほしかったところ。あまりコストパフォーマンスの面に触れないのは文化人ゆえなのかどうか。

 値段を書くと、とたんに作品は時代に「固定」されてしまうという問題がありますが、新書というのはむしろそうした時代の証言という機能も持っていいと思います。