蜀犬 日に吠ゆ

2017-10-09

[][][][]『泣き虫弱虫諸葛孔明』 第四部 文春文庫 17:44 はてなブックマーク - 『泣き虫弱虫諸葛孔明』 第四部 文春文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 第肆部ではないんですね。

 さて、第参部が赤壁でして、孔明先生絶好調。

 そして第四部となりますと、蜀とり、でございまして、ついに天下三分なる。しかし、広大な領土を得て曹操、孫策に並ぶとなるところでついに劉備三兄弟は離ればなれになります。すなわち劉備は漢中獲得のため、陽平関を拠点に置く(軍師は法正)。関羽は荊州を呉軍から守るため外交や戦争に翻弄される(魏だってもちろん攻めてくる)。蜀の都で留守を守るのは諸葛孔明。

 三国鼎立は、決して天下の安定をもたらすものではなかったわけで、事態いよいよ風雲の急なるを告げるわけですが、緊迫してきたせいで、ギャグがなくなり、孔明の変態性もどんどん失われていくのが悲しい。幕の裏で変な踊りをおどるくらいで、あとは主君劉備のため、蜀の民のためにひたすら働くのみである。劉備の参謀となった法正だって、ぐんしーするわけではないですし。

 孫夫人を孔明邸に招待したとき、諸葛均夫妻がまだいたあたりはギャグを忘れていない感じですけど、陸遜が八陣図に捕らわれたとき、なぜか登場する黄承彦(こうしょうげん)などは、第壱部の三顧の礼のときにだいぶいじっていましたが、今回はサラッと流されてしまったのでさびしい。「えーいわしが出ずしてどうする」「お父様やめて」と黄氏(孔明夫人)とかけあいをしていた頃が、懐かしい。

 関羽が死んだら、こうですよ。

 われわれは今、最も『三国志』らしい部分を見ているのかもしれない。この天下の情勢において、義弟の讐(あだ)うちということのためのみに、大戦を起こそうとしている。いや、おこす劉備という人物のことである。こんな理由で戦さをおこす、しかも状況は否であるというのに、敢えてやるという執念。劉備の東征は『三国志』物語の中で最も面白いというか、グッとくる名場面なのではなかろうか。歴史上、希有なことであるに違いない。

酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』第四部 文春文庫

 しんみりそんなことを語られたら、「ギャグをもっと! まめ知識をもっと!」と騒いでいる私がアホみたいではないですか。麦城の関羽を見殺しにした劉封を処刑したあとしくしく泣いても、変態性が足りない。

 慌てて付け足しをいいますけれど、面白かったですよ。初期と作風がちょっと変わったなあ、ということが言いたかっただけです。

 連載および単行本の方は第五部(伍かしら)で完結したということです。つまり前半が南蛮遠征、後半は「出師の表」ですか。楽しみです。

2017-05-14

[][][]何晏と夏のがまん大会~~『世説新語』中国古典文学大系 平凡社 17:07 はてなブックマーク - 何晏と夏のがまん大会~~『世説新語』中国古典文学大系 平凡社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 魏の明帝(曹叡)によるパワハラ

http://katawareboshi01.g.hatena.ne.jp/mori-tahyoue/20170226/1488111328

 の続き。『世説新語』が無事に見つかったので書き出しておきます。

下巻 容止篇第十四

 二 何平叔*1は姿が美しく、顔の色も抜けるほど白かった。魏の明帝*2は、かれが白粉をつけているのではないかと疑い、夏の盛りに熱い湯漬けの麥并(もち)*3を食べさせてみた。たべ終わったあと、大汗が出てきたので、朱衣で顔をふいたが、彼の顔はいよいよ白くさえわたった。*4

『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

 影山先生が「タンメン」と訳したところは、文学大系では「湯漬けのもち」となっています。「麥并」でも「餅」でも、小麦粉をこねた食品ですし、「湯」は味付きスープのこと(タンメンのタン)です。しかし、タンメンというとこちらはタンメンを想像してしまいます。もっと「すいとん」よりだったのではないかなあ、と個人的には思いました。

 何晏が宮中に暮らしていた話も、『世説新語』にあります。何晏の父は何進(大将軍)。母は尹氏(いんし)でしたが、何進の死後は魏武帝(曹操)の妾になっておりました。連れ子の何晏もまた七歳までは宮中で暮らした訳です。なので何平叔(平民のおじさん)。ちょっと気になるのは、何晏(195生)、曹叡(205生)なので、『世説新語』夙恵篇の「七歳で家に帰った」が本当ならば、宮中でともに育ったと言う部分にはずれがあるはず。何晏はその後も宮廷をウロチョロしていたというのも十分あり得る話ですけど。

*1:原注:何晏。言語篇一四節に見える。

*2:曹叡(言語篇一三節)。魏第二代の天子

*3:むぎへんに并で一文字

*4:劉孝標の注『魏略』に何晏のことを述べて「粉帛(『魏志』何晏伝注では粉白)手より去らず、行歩して影を顧みる」とあるのを引き、何晏は化粧していたという。かつ何晏は明帝とともに宮中に育ったのであるから、このような実験の必要はないと述べている。

2017-02-26

[][][]パワハラin 三国志~~影山輝國『『論語』』中公選書 21:15 はてなブックマーク - パワハラin 三国志~~影山輝國『『論語』』中公選書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 魏の明帝、曹叡が何晏にパワハラした話。

 畏友影山*1の本を読んでいたら、面白い逸話があったのでメモ。

 『世説新語』はただいま所在不明なので、もとの話を確認できません。悲しい。「タンメン」ってどこからでてきたのか。

 ここで何晏について、一言しておこう。五感末期の皇帝である霊帝の皇后は何皇后という。皇后の兄の大将軍何進は、外戚として権勢を振るった。彼は『三国志』にも登場する有名な人物であり、宦官を誅滅しようとして、かえって殺されてしまった。

 何晏はその孫にあたる人物である。何晏の父、何咸は早く死に、母の尹氏(いんし)は魏の曹操の妾となったため、何晏も一緒に曹操に引き取られて、宮中で養育された。やがて曹操と母尹氏とのあいだに金郷公主が生まれると、何晏はこの同母の妹を自分の妻に迎えたともいわれる。

 彼はダンディなナルシストで、つねに白粉(おしろい)を手放さず、歩くときは自分の影を振り返って眺めたという(『三国志』「魏書」注)。白粉をつけなくとも彼の肌はぬけるように白かったらしく、魏の明帝は何晏の顔色が白いのは白粉のせいではないかと疑い、夏の暑い日に、熱いタンメンを食べさせた。何晏は大汗をかいて、それを赤い衣で拭(ぬぐ)うと、顔色はますます白く冴えわたったと伝えられる(『世説新語』容止篇)。また、女装癖もあったといわれている(『宋書』五行志一)。

影山輝國『『論語』』中公選書

 これで思い出したのは、織田信長が弥助(モザンビーク出身の黒人武将)を見たときに身体を洗わせた話です。何晏はいちおう貴顕の立場なので、いきなりごしごしこするわけにはいかなかったのでしょうけれども、暑い盛りにタンメンを食べさせるというのは、おかしな話ですよね。どんな顔して席に着き、運ばれてきたタンメンに何を思ったのでしょうか。

*1:高島俊男先生がいつも畏友影山輝國と呼ぶのでこう記します。

2015-08-25

[][][][]じゃよ~~酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』新潮文庫 22:54 はてなブックマーク - じゃよ~~酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』新潮文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 待望の文庫化

いいかげんにしろ

2015-04-06

[][][][]ナポレオン3世、、、あなたという人は~~森田崇『アバンチュリエ』講談社 20:10 はてなブックマーク - ナポレオン3世、、、あなたという人は~~森田崇『アバンチュリエ』講談社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 ルパン漫画。

 第一コマが、ありきたりなのですがすごく好きなのです。ノートルダム大聖堂のガーゴイルからエッフェル塔というのはパリを代表する景観といっても過言ではなく、よりによって雨樋にガーゴイルを付けてしまったせいでこれからドラマが始まる予感がビンビンします。ハリウッドや日本の漫画を想定に入れてナポ3やパリ市長オスマンが再開発したとするなら、ものすごすぎます。

 富士山だの、東京タワーだの、登るものではないのですよね。葛飾北斎は富士山に登っていないはず(霊峰だし)。東京タワーのベストショットって、どこなのでしょう。

2015-04-05

[][][]漱石の墓所は雑司ヶ谷~~小野寺浩二『それでも霊が見てみたい』少年画報社 19:40 はてなブックマーク - 漱石の墓所は雑司ヶ谷~~小野寺浩二『それでも霊が見てみたい』少年画報社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 漱石の墓の話をしていて、「小日向の養源寺あたりじゃねーの?」とか適当抜かしていましたが、最近漫画で読んだばかりでした。全然覚えておりませんでした。

 あと、養源寺は実在せず、モデルになったのは夏目家代々の墓所である本法寺とのことです。