蜀犬 日に吠ゆ

2009-05-09

[][][][]八佾第三を読む(その17) 19:52 はてなブックマーク - 八佾第三を読む(その17) - 蜀犬 日に吠ゆ

楽は其れ知るべきなり

 八佾第三(41~66)

63 子語魯大師楽曰。楽其可知也。始作翕如也。従之純如也。皦如也。繹如也以成。

(訓)子、魯の大師に楽を語りて曰く、楽は其れ知るべきなり。始め作(おこ)すや翕如(きゅうじょ)たり。之に従うこと純如たり。皦如(きょうじょ)たり。繹如たり、以て成る。

(新)孔子が魯の指揮者たる大師に音楽の話をした。私にも音楽は分る。最初の出だしは、翕如、それを受けて純如、今度は急転して皦如、おしまいに繹如としてそれで終りですね。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 翕如、純如、皦如、繹如という四種の形容は、今からそれがどんなものであったかを復元することは困難である。ただ言えることは、これが中国に普遍的な四段階で進行する波の形を現わすものであろうという推察である。たとえば絵画に現われる春夏秋冬、詩の絶句に現われる起承転結のリズムである。今の場合、三番目の皦如には何の説明の言葉もついていないのは、それが突然の出現で、絶句の転に当るからだと考えても不当ではあるまい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 そうでしょうか。

 その他の先生の解釈では、翕如、純如、皦如、繹如はすぐれた音楽のもつ特性であって、順序とはかぎらないようです。

 孔子の教団に於いて音楽は、個人個人の集まりが調和して一つの完成をみるものであり、理想的な社会のたとえとして尊重されました。そうした調和の話が出て来ないのはすこしひっかかりますが、この章句の意味は、失われてしまったということです。


夫子を以て木鐸となさん

 八佾第三(41~66)

64 儀封人請見曰。君子之至於斯也。吾未嘗不得見也。従者見之。出曰。二三子。何患於喪乎。天下之無道也久矣。天将以夫子為木鐸。

(訓)儀の封人、見(まみ)えんことを請うて曰く、君子の斯(ここ)に至るや、吾れ未だ嘗て得て見えずんばらず、と。従者、之を見えしむ。出でて曰く、二三子、何ぞ喪(うしな)うを患(うれ)えんや。天下の道なきや久し。天、将に夫子を以て木鐸をなさんとするなり。

(新)孔子が儀の邑を過(よ)ぎったとき、土地の見まわり役人が面会を求めにきて言った。どなた様でもこの地へおいでになった時は、私の役目がらとして必ずお目にかかることにしております。そこで従者がとりついで面会させた。役人が退出すると門人たちに言った。各々方は決して不遇をなげくには及びません。天下に道のすたれたことは久しいものでした。しかし天道さまは今やこれを昔に返そうとして、先生を送って警世の鐘をつかそうとしておいでになるのですぞ

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 これが、儒教が天下をとってから挿入された逸話であると考えることもできますし、まあ封人がおためごかしに言ってみただけという解釈もありますが、感動的な、弟子たちが自分の学問に誇りを持つ勇気をもらったエピソードという風に素直に受けとるのがよいのでしょう。


子、韶を謂う

 八佾第三(41~66)

65 子謂韶。尽美矣。又尽善也。謂武。尽美矣。未尽善也。

(訓)子、韶を謂う。美を尽くし、また善を尽せり。武を謂う。美を尽せり、未だ善を尽さず。

(新)孔子が韶の音楽をほめた。美しさも満点、教育的効果も満点だ。武の音楽は、美しさは満点だが、内容の方はもうひとつという所だ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 頽廃芸術論だ!

 それはさておき、これは結局作曲者の人間性を問うているように感じられます。そういう意味で「教育的効果」というのはいい訳語ではないでしょうか。

 現代的にいうなら、たとえば「ジミヘン」の音楽をほめると、まるでドラッグを礼讃するのではないかというように思われてしまうので、心の底からほめられないようなものでしょうか。美空ひばりが天才であったことと、親族の素行不良は別ものなのでしょうけれども、まあその年の紅白はちょっとあきらめてもらうしかないよなあ、という感覚に近いのかもしれません。


 また一方で、音楽をほめるときの「美」というのはどういう事でしょうね。儒教において音楽は「調和の芸術」であったわけですが、音楽のどういう部分を指して「美」というのでしょう。

 以下何の根拠もない思いつきですが、「美」というのはその字を分解してみれば分かりますように、「羊が大きい」という意味であり、それはすなわち「神に捧げられるべき、質の高い」ことでした。ですから音楽も、質のよいものは太廟で演奏して恥ずかしくない、という意味だったのではないでしょうか。

 韶を聞いた時の孔子の反応は、

 子、斉に在して韶を聞く。三月、肉の味を知らず。曰く、図らざりき、楽を為すことの斯に至らんとは。

金谷治『論語』岩波文庫

 ものを食べても味が感じられないくらい、魂消てしまったと。


何を以て之を観んや

 八佾第三(41~66)

66 子曰。居上不寛。為礼不敬。臨喪不哀。吾何以観之哉。

(訓)子曰く、上に居りて寛ならず、礼を為して敬(つつし)まず、喪に臨んで哀(かな)しまずんば、吾れ何を以て之を観んや。

(新)子曰く、最高の責任者、委員長がつっけんどんで、その下の進行係りが失敗だらけ、会葬者がよそよそしいといったんでは、そんな場所にはいたたまれない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 これは葬式の場合について言ったものらしい。現代の日本にだってこういう場合がないとは限らない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 ははは

 「委員長がつっけんどん」。メモ。

2009-05-08

[][][][]八佾第三を読む(その16) 20:50 はてなブックマーク - 八佾第三を読む(その16) - 蜀犬 日に吠ゆ

管仲の器は小なるかな

 八佾第三(41~66)

62 子曰。管仲之器小哉。或曰。管仲倹乎。曰。管氏有三帰。官事不摂。焉得倹。然則管仲知礼乎。曰。邦君樹塞門。管氏亦樹塞門。邦君為両君之好。友反坫。管氏亦有反坫。管氏而知礼。孰不知礼。

(訓)子曰く、管仲の器は小なるかな。或るひと曰く、管仲は倹なるか。曰く、管氏に三帰あり、官事は摂せず、焉んぞ倹なるを得ん。然らば則ち管仲は礼を知るか。曰く、邦君は樹もて門を塞ぐ、管氏も亦た樹もて門を塞ぐ。邦君が両君の好みを為すには反坫(はんてん)あり、管氏も亦た反坫あり、管氏にして礼を知らば、孰(たれ)か礼を知らざらんや。

(新)子曰く、管仲は器量が小さすぎる。或るひと曰く、管仲は倹約すぎるという意味ですか。子曰く、管仲は三人の妻を同時にもち、召使いには各人一種類の仕事しかさせなかった。倹約どころではない。曰く、すると管仲は礼式を知って、万事礼式どおりにやったのですか。子曰く、大名の門には樹(ついたて)をたてて内側が覗かれぬようにするが、家老にすぎない管仲も樹をたてた。大名同士が会見する時、盃の台として反坫なるものを設けると、管仲も真似をして反坫を設けた。管仲が礼を知っているというなら、この世に礼を知らぬ者はいない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 孔子が『春秋』か、歴史の講義をおこなっていたときの一こまなのでしょう。管仲の事蹟をおえば、なかなかの成果を上げている、どころではなくて斉の桓公を助けて覇者としたほどの人物ですから。しかし孔子はその人間性に低い評価を下したので、列席していただれかが質問したのです。ここまで繰り返して質問しているのに「或曰」としか出ないのは、身分の高いひとが愚かな質問をしたので名誉を守るためであったかもしれません。

2009-05-06

[][][][]八佾第三を読む(その15) 19:22 はてなブックマーク - 八佾第三を読む(その15) - 蜀犬 日に吠ゆ

臣、君に事うるには

 八佾第三(41~66)

59 定公問。君使臣。臣事君。如之何。孔子対曰。君使臣以礼。臣事君以忠。

(訓)定公問う。君、臣を使い、臣、君に事うるには、之を如何(いかん)せん。孔子対(こた)えて曰く、君、臣を使うに礼を以てし、臣、君に事うるには忠を以てす。

(新)魯の定公が尋ねた、君主が臣下を使い、臣下が君主に仕えるには、どうするのがよいでしょうか。孔子が対えて曰く、君主が臣下を使う時には丁重に扱い、臣下が君主に仕えるには誠心をもってすることが大切です。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

関雎は楽しんで淫せず

 八佾第三(41~66)

60 子曰。関雎楽而不淫。哀而不傷。

(訓)子曰く、関雎は楽しんで淫せず、哀しんで傷(やぶ)らず。

(新)子曰く、詩経の関雎の章は夫婦和合の歌でるが、その教えるところは、楽しくても淫りに流れず、哀しんでもやけになるな、ということだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 「関雎」は、詩経国風の周南筆頭の詩。第一句を引いてみます。

1 關雎(みやこどり)

1 關關雎鳩 kiu

 在河之洲 tjiu

 窈窕淑女

 君子好逑 giu


 關々たる雎鳩は

 河の洲に在り

 窈窕たる淑女は

 君子の好逑


 かうかうと みやこどり

 かはのなかすに

 たをやかの かのひとは

 よきひとのつま

白川静訳注『詩経国風』東洋文庫 平凡社

 歌の教えるところ、とは歌詞のことであるとも曲のことであるともいわれます。


哀公、社を宰我に問う

61 哀公問社於宰我。宰我対曰。夏后氏以松。殷人以柏。周人以栗。曰使民戦栗。子聞之曰。成事不説。遂事不諫。既往不咎。

(訓)哀公、社を宰我に問う。宰我、対えて曰く、夏后氏は松を以(もち)い、殷人(いんひと)は柏を以(もち)い、周人は栗を以う。民をして戦栗せしむるを曰うなり、と。子これを聞いて曰く、成事は説かず、遂事(すいじ)は諫めず、既往は咎めず。

(新)魯の哀公が土地神の社について尋ねた。宰我が対えて曰く、夏の時代には松を植え、殷の時代には柏を植えましたが、周の時代から栗を植えるようになりました。それは人民をして戦栗させるのが目的だとかいうことです。この話を聞いて孔子が言った。すんでしまったことは言いたてない。とりかえしのつかぬことは諫めない、昔のことは咎めない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 語義としては、

(3)動植物の名称は、日本と中国とで内容が違うことがよくある。「柏」は日本では落葉するカシワであるが、中国では常緑樹のヒノキなどを言う。だから「松柏」と言うと、緑で一定し節操があることを表す(子罕篇

加地伸行『論語』講談社学術文庫

 戦慄のギャグに関しては

 社は土地神であるが、これを象徴するために神木を植え、それが時代とともに変遷したという。この社は時に人身御供を要求する恐るべき神であり、左伝、僖公十九年の条に、宋の襄公が鄫の君を犠牲に供して社を祀ったという記事がある。論語のこの所は下文から察すると、魯の哀公が社の祭に人身御供を用いた後、素知らぬ顔をして宰我に宰我に社の意味を尋ねたのであろう。そこで宰我は、周代以後、栗を神木とするのは、その音リツが示すように、人民を戦栗させるのが狙いだということです、と答えた。今も魯君はその目的どおり人民を戦栗させました。いやはや民間の受けた衝撃は譬えようもありませんでした、という意味である。それを聞いて孔子が心配した。遂事は諫めず。普通の場合ならこれはおかしい。既成事実を認めたばかりいては反省も前進もないはずだ。しかし孔子は宰我が深入りしすぎて危険な立場に立つことを恐れてこう言ったのであろう。同じような言葉を三回重ねたのは話の主題が並々ならぬ重大なものであることを示す。しかしそのままでは修身の教科書には不向きなので、訓詁学者が種々工夫したが、どれも成功していない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 「戦栗」は宰我のおべんちゃらであって、典籍を踏まえたものではなかったのかもしれません。神々のありようさえも歪めて言辞を弄する宰我の姿に、晩年の孔子はなにか絶望のようなものを感じていたのではないでしょうか。

 遂事は諫めず、というのはたしかに過ちて改むるに憚ることなかれとは矛盾します。がしかし、重大であるならなお一層、きちんと説き、諫め、咎めるべきだったでしょうに。あるいはこっそりと叱って、その言葉は残っていないのかもしれません。


 本当は、さらっと人身御供を捧げる哀公のやり方こそ、諫める対象であったとするなら、この言葉はまた別の意味を持ちそうでもありますが、そういう解釈はとられないようですね。

2009-05-05

[][][][]八佾第三を読む(その1419:22 はてなブックマーク - 八佾第三を読む(その14) - 蜀犬 日に吠ゆ

告朔の餼羊を去らん

 八佾第三(41~66)

57 子貢欲去告朔之餼羊。子曰。賜也。爾愛其羊。我愛其礼。

(訓)子貢、告朔の餼羊(きよう)を去らんと欲す。子曰く、賜や、爾は其の羊を愛(おし)む。我はその礼を愛む。

(新)子貢が新月を迎える祭りに用いる羊の犠牲をやめようと言い出した。子曰く、賜や、お前は羊を大事にしたいようだが、私は昔から続いた礼の伝統を大事にしたい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 子貢は孔子教団の財政を管理したともいわれる高弟ですから、とうぜんここで「損得勘定」をたしなめられるわけです。合理主義だけでは人間ははかりきれないのだということでしょう。

 金谷治先生の解釈

 子貢が、(月ごとの朔(はじめ)を宗廟に報告する)告朔の礼(が魯の国では実際には行われず、羊だけが供えられているのをみて、そ)のいけにえの羊をやめようとした。先生はいわれた、「賜よ、お前はその羊を惜しがっているが、わたくしにはその礼が惜しい。(羊だけでもつづけていけばまた礼の復活するときもあろう。)」

金谷治『論語』岩波文庫

 告朔の礼は、毎月の始めに、朔日(ついたち)であることを宣告してその月の暦を施行する儀式。その暦は、周王朝から前年12月にもらっておく由。時代がくだっておそらく周王朝から暦をもらわなくても各国に天文官や史官が仕えるようになったので告朔の礼はその実体を失い形式化したのでしょう。子貢が「羊はムダだ」といいたくなるわけです。


 それに対する孔子の教えも分かるのですが、この件に関しては私は子貢の肩を持ちたいところです。

 俗に「いいものは伝統、だめなら悪習」といいますが、孔子はすべて伝統を「いいもの」として捕らえているのでしょうか。復古主義であり尚古思想の持ち主であるわけですからおそらくそういう結論になるのでしょうけれども、人類の進歩と発展を目の当たりにしてしまうと、「愛礼」で世の中に平和と繁栄を実現できるのか疑問。官僚の前例主義を認めることになりませんか。不効率だ!というと、子貢と同じようにたしなめられてしまうのか。


君に事うるに礼を尽せば

 八佾第三(41~66)

58 子曰。事君尽礼。人以為諂也。

(訓)子曰く、君に事(つか)うるに礼を尽せば、人は以て諂いとなすなり。

(新)子曰く、君主の前へ出て礼儀どおりにすると、今の人はそれを卑屈にすぎると言う。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 それでも正しい礼儀作法を守る、これは理解できます。

2009-04-30

[][][][]八佾第三を読む(その13) 00:19 はてなブックマーク - 八佾第三を読む(その13) - 蜀犬 日に吠ゆ


射は皮を主とせず

 八佾第三(41~66)

56 子曰。射不主皮。為力不同科。古之道也。

(訓)子曰く、射は皮(ひ)を主とせず。力を為すに科を同じくす。古の道なり。

(新)子曰く、射猟には獲物の大小多寡を争わない。力だめしをするには等級を分けておく。これが昔からの奥ゆかしいしきたりだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 従来の解釈が射を射礼とし、皮を的とし、的にあてるのを重んじない、と解するのはおかしい。古の猟の主目的は毛皮にあったが、それにもこだわってはならぬのである。為力とは相撲、競争、跳躍の類のスポーツであろう。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 オリンピックじゃあるまいし……。

 宮崎市定先生の解釈ですと、21世紀の商業主義的スポーツの惨状を孔子はどう思うのか、気になります。孔子が射をほめるのは礼に適っているからであり、射ではない「為力」は論語にでてきますかねえ。

2009-04-27

[][][][]八佾第三を読む(その12) 20:49 はてなブックマーク - 八佾第三を読む(その12) - 蜀犬 日に吠ゆ


これ礼なり

 八佾第三(41~66)

55 子入太廟。毎事問。或曰。孰謂鄹人之子知礼乎。入太廟。毎事問。子聞之曰。是礼也。

(訓)子、太廟に入り、事ごとに問う。或るひと曰く、孰(た)れか謂う、鄹人の子礼を知ると。太廟に入りて事ごとに問えり。子これを聞きて曰く、これ礼なり。

(新)孔子が魯の祖先を祭る太廟に入って祭りを助けた折、いちいち先輩に尋ねては行なった。或る人がこれを見て、あの鄹生れのこわっぱは、礼の先生だという評判であったが、それどころか。太廟で片はしから人に聞いては行なったぞよ。孔子がこれを聞いて言った。それが取りも直さず礼なのだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 孔子は魯国に属する鄹なる邑に生れた。これを鄹人の子というのは賤しめていう言葉。孔子の最後の言で、これ礼なり、とあるのは、そういう礼式がちゃんと定められた型になっていた、という意味に普通解せられるが、そうではあるまい。恐らく孔子は初めてこの祭りに参加したので、一事の粗忽もないように先輩に尋ねた上で行った。礼に型はない。慎重にも慎重を期して手落ちないようにする。これこそ礼の精神だという意味であろう。礼は型の伝統でなく、その中に含まれている精神だという、極めて孔子的な発想なのである。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 半端にしか知らないのに、知ったふりをして失敗することの多い私としては耳の痛い言葉であります。初めてといわず、何遍もやってきたことでさえ、信じられないようなうっかりミスをしますからねえ。

 もう一つとして、先輩方に積極的に話しかけることで官僚主義の悪しきセクション化を防ぐというのもありそうですね。先輩にしても、質問されて答えられないわけにはいかないでしょうから自然と祭典の場が引き締まるのでしょう。立場が低かったころの孔子が、むしろ先輩たちを教育してやろう(という傲慢な発想ではなかったと思いますが)としてくどいくらいに質問をしたのだとしたら、上下関係のなかで上手に祭典をよい方に導く、それが礼儀作法の根本なのかもしれません。