蜀犬 日に吠ゆ

2009-07-01

已んぬるかな

[][][][]公冶長第五を読む(その17) 20:43 はてなブックマーク - 公冶長第五を読む(その17) - 蜀犬 日に吠ゆ

朋友信之

 公冶長第五(93~119)

117 顔淵季路侍。子曰盍各言爾志。子路曰。願車馬衣裘。与朋友共。敝之而無憾。顔淵曰。願無伐善。無施労。子路曰。願聞子之志。子曰。老者安之。朋友信之。少者懐之。

(訓)顔淵、季路侍す。子曰く、盍(な)んぞ各々爾が志を言わざる。子路曰く、願わくは車馬衣裘を、朋友と共にし、これを敝(やぶ)りて憾(うら)むなからん。顔淵曰く、願わくは善に伐(ほこ)るなく、労を施しすることなからん。子路曰く、願わくは子の志を聞かん。子曰く、老者はこれを安んじ、朋友は之を信じ、少者はこれを懐けん。

(新)顔淵と季路とが左右に侍(はんべ)っていた。子曰く、どうだね、お前たちの日頃の志を言ってみては。子路曰く、私は外出の車馬、衣服、外套を友達に貸して、使いつぶされても惜しいと思わぬような交際をしたいと思います。顔淵曰く、私は驕って独りよがりにならぬよう、少しの骨折りで恩を売ることのないようにと心掛けています。子路曰く、今度は先生の理想をお聞かせ下さい。子曰く、老人たちには不安をなくし、同輩は互いに信じあい、若者たちには出来るだけ面倒を見てやりたい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 それぞれの日頃の理想、ということですが、三人とも人付き合いの話をしているので、この時はこういうテーマが持ちあがっていたのでしょう。

〔解説〕この章は聖賢の志は公(おおやけ)で私がなく、小大各(おのおの)その量に随うことを見(あらわ)したのである。季路(子路)の志は物を公にするのにあり、顔淵の志は善を公にするのにあり、孔子の志は物に因って物を与え、各そのところを得させるのにある。

 子路は人を済(すく)い物を利する心がある。顔淵は物と我とを平等に見る心がある。孔子は万物その所を得るようにする心がある。

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 あまり各人の上下を言っても仕方ないと思いますが、どうしても孔子顔回子路という序列が先入観としてあるものですから……

 シチュエーションとしては非常に子路が個性を表していますよね。孔子先生から問が発せられて、得たりやとばかりにとうとうと志を述べる子路、おそらく間をおくか何かして、ひょっとすると孔子が「子淵はどうだい」くらい促したのかも知れませんが、ぽつぽつ顔回も答えたのでしょう。この時点で子路はイライラしだしていて、子貢ならば「先生わたしたちのどっちが優れていましょうか」というアイコンタクトをとり出すところでしょうけれども、子路としては顔回などライバル視していませんので、こういう質問を繰り出したのではないでしょうか。


其の過ちを見て内に自ら訟む

 公冶長第五(93~119)

118 子曰。已矣乎。吾未見能見其過。而内自訟者也。

(訓)子曰く、已(や)んぬるかな。吾れは未だ、能く其の過ちを見て内に自ら訟(せ)むる者を見ず。

(新)子曰く、つくづくいやになったね。自分の犯した過ちに気付いて自ら咎める人が、どこにも居ないではないか。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 已矣乎(已んぬるかな)の訳語には興味がありますね。

 読み下し訳文
金谷治已んぬるかなもうおしまいだなあ
宮崎市定已んぬるかなつくづくいやになったね
加地伸行已んぬるかな残念だな
宇野哲人已んぬるかなもはや絶望だ
吉川幸次郎已んぬるかなイイ、イイ、フ、という唐音で読めば、一層よくわかるように、深い嘆息の言葉

 吉川先生は翻訳してくれません。

 今風に言えば、「絶望した!」


丘の学を好むに如かざるなり。

 公冶長第五(93~119)

119 子曰。十室之邑。必有忠信如丘者焉。不如丘之好学也。

(訓)子曰く、十室の邑に、必ずや忠信の丘の如き者あらん。丘の学を好むに如かざるなり。

(新)子曰く、どんな僻地の小邑(こむら)でも、ひとりぐらいは私のような律儀者が居るものだ。しかし私のような学問好きは滅多にいないだろう。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 儒教の、聖賢の道というのは一つ一つは小さな実践の積み重ねであり、封建主義ですから自分の分相応の振る舞いをすることが大切なのです。

 生まれもった素性のよい人間は、そのまま育てば忠信の人になるでしょう。しかしそこからさらに進んでゆくためには、「学」がかかせないというわけです。

 朱子が曰うには、「美しい性質の人は得易いけれども、究極の道は悟り難い。学んでその極に達すれば聖人となることができる。学ばなければ凡人となることを免れない。勉め励まなければならない。」

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 つまり前にも言ったことのくり返しのようですが、「悪いことをしない」ことを「よい子である」とする風潮は、儒教的には誤りで、常に進取の道をあやまたず貫くことが大切なのでしょう。


 すなわち孔子によれば、素朴なひたむきな誠実、それだけでは完全な人間でないのである。学問をすることによって、人間ははじめて人間である。人間の任務は「仁」すなわち愛情の拡充にある。また人間はみなその可能性をもっている。しかしそれは学問の鍛錬によってこそ完成される。愛情は盲目であってはならない。人間は愛情の動物であり、その拡充が人間の使命であり、また法則であるということを、たしかに把握するためには、まず人間の事実について、多くを知らなければならない。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 吉川先生はちょっと大げさでしょうか。吉川先生は「1 学而時習之」の「学」も「「学」とは、いうまでもなく、学問の意味であるが、具体的には、教団の重要な教科書であった「詩経」と「書経」を読み、礼と楽とを勉強することであったろう。」と大真面目ですから、こうなるのかも知れませんが、朱子の「究極の道」のようですね。自分に合わせて段階的に学びつつ、というくらいでいいと思います。「詩経」と「書経」をマスターするぞ、といっても一朝一夕にはなかなか難しい。大切なのは、日々巧夫をかさねて少しづつでもよいから聖王の道に近づこうとする心意気なのではないでしょうか。それを孔子は「好学」と示したのだ、と。

 なろう、なろう、あすはなろう!

 大きな檜にあすなろう!


 以上で、学問を志す者が尊ぶ『論語』上論における「公冶長」という第五章は終わる。*1

*1:法華経の章が終わる所のパクリ

2009-06-30

とんとんとんからり

[][][][]公冶長第五を読む(その16) 20:23 はてなブックマーク - 公冶長第五を読む(その16) - 蜀犬 日に吠ゆ

或るひと醯を乞いしに、これを其の隣に乞うて

 公冶長第五(93~119)

115 子曰。孰謂微生高直。或乞醯焉。乞諸其隣而与之。

(訓)子曰く、孰れか微生高(びせいこう)を直しと謂うや。或るひと醯(す)を乞いしに、これを其の隣に乞うてこれに与えたり。

(新)子曰く、微生高が正直者だなどという評判はあてにならない。或るひとが酢を貰いに行くと、彼はその隣から貰ってきて、自分の物のような顔をして与えたそうだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 酢ねえ。ミソ醤油や塩に比べると、何か酢漬けとか、常備しておくイメージなので、隣に貰いに行ってその微生高のうちにもなかったというのはねえ。すぐにばれてしまうことなのに、どうして見栄をはったのでしょう。君子たるもの正直に「うちにもないけど隣で借りてきてあげるよ」と謂うべき。顚沛にも必ずですから、酢がないくらいで自分を見失ってはいけないのです。


左丘明これを恥ず

 公冶長第五(93~119)

116 子曰。巧言令色足恭。左丘明恥之。丘亦恥之。匿怨而友其人。左丘明恥之。丘亦恥之。

(訓)子曰く、巧言、令色、足恭(しゅきょう)なるは、左丘明これを恥ず。丘も亦たこれを恥ず。怨みを匿して其の人を友とするは、左丘明これを恥ず。丘も亦たこれを恥ず。

(新)子曰く、猫なで声、追しょう笑い、揉み手割り腰は、左丘明の恥ずる所であったし、この私も恥とする。敵意を抱きながら親友らしく付合うのは、左丘明の恥ずる所であったし、この私も恥とする。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 この章句は、もちろん巧言令色鮮仁とかかわるでしょうし、では君子はどのようであるべきかというと「直」であれという意味を匂わせている点では前章115からの文脈を引き継いでいるとも言えます。

 この条の文章のたくみさは、「左丘明之れを恥ず、丘も亦た之れを恥ず」というところにある。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

「之れを恥ず」の恥の字は、反撥をこそ意味するであろうが、反撥は、まず左丘明におけるものとして提起され、孔子みずからの反撥が、それにかぶさることによって、最も強い反撥となる。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 こうして繰り返すことで強調されたということですか。


 巧言令色足恭。これらはいずれも礼を尊ぶ儒教の、孔子の塾では大切にされた作法でしょう。しかし、論語の中で何度も繰り返し否定されます。こうしたオアシス運動的な作法は、そこに内実が伴わずに形式化してしまっては何の意味もありません。なんのための礼であるかに思いを寄せない礼を孔子はなんどでも否定します。


 怨みを匿してその人を友とするのは、前々章の伯夷叔斉が貫いた、周への態度とは正反対です。だんだん分かってきました。伯夷叔斉は自分たちの「直」を貫いたので、怨みをもつことがなかったのですね。自分をねじ曲げて「政治は妥協の芸術」などとうそぶく人は、その心のゆがみを「怨み」のかたちで他人に放射せざるをえませんが、君子はそれがない。

2009-06-29

[][][][]公冶長第五を読む(その15) 21:25 はてなブックマーク - 公冶長第五を読む(その15) - 蜀犬 日に吠ゆ

これを裁する所以を知らず

 公冶長第五(93~119)

113 子在陳曰。帰与帰与。吾党之小子狂簡*1。斐然成章。不知所以裁之。

(訓)子、陳に在りて曰く、帰らんかな、帰らんかな。吾が党の小子、狂簡(きょうかん)にして、斐然として章を成すも、これを裁する所以(ゆえん)を知らず。

(新)孔子が旅先きの陳で言った。帰ろうかな、帰るとしよう。魯国に残してきた若者たちは理想にもえてやる気十分。美事な絹を織りあげながら、裁(た)ち方を知らずにいるらしい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 孔子略年表によれば、ストレートには帰れず、陳のあと蔡・楚・衛と渡り歩いてから帰国できたのですけれどもね。56~69歳を外遊ですごした孔子。魯に帰国したときは69歳ですよ。古代中国で、これだけ生きれば化け物に近いのではないでしょうか。そりゃみんな言うこと聞きますよね。

 孔子が野心をすてて教育に身をささげると決めたのは、「五十にして天命を知る」よりもあとであるのがちょっと気になりますが、もしかすると、五十は五十代をあらわしているのかも知れませんね。十有五に引きずられてキリのいい年齢で解釈しなくてもいいのかもしれません。


伯夷叔斉

 公冶長第五(93~119)

114 子曰。伯夷叔斉。不念旧悪。怨是用希。

(訓)子曰く、伯夷、叔斉は、旧悪を念(おも)わず。怨み、是をもって希(まれ)なり。

(新)子曰く、伯夷、叔斉は古い悪因縁を忘れようとつとめた。だから怨む心を起さずにすんだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 伯夷叔斉の兄弟は潔癖の代表のような人物で、自分が清くあるためには国など、民など顧みない、まるでガウタマ=シッダールタのような人ですが、仏陀がブラフマンに説得されて人間界に戻りダルマを説いたのとはちがい、結局首陽山で餓死したのですよね。己の正義を貫いたのだから、ある意味羨ましい人生ではあります。

 夫子は兄弟を、旧悪を思わなかったと評価しますが、史記にそんな記述ありましたっけ? 旧悪を問わないのであれば、武王の治世をもっと評価してもよかったのではないでしょうか。

*1:母里註。「簡」はもんがまえの中が月

2009-06-26

ムーンウォーク禁止

[][][][]公冶長第五を読む(その1422:07 はてなブックマーク - 公冶長第五を読む(その14) - 蜀犬 日に吠ゆ

三思して後に行う

 公冶長第五(93~119)

111 季文子。三思而後行。子聞之曰。再斯可矣。

(訓)季文子、三思して後に行う。子、これを聞いて曰く、再びすれば斯(ここ)に可なり。

(新)季文子は何事にも三度思案してから実行にかかった。孔子がそれを聞いて言った。二度ぐらいでよかろう。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 古注では「二度でもいいのに、三度とは慎重でいい男だ」とし、新注では「二度でいいのに三度は無駄だよね」と解します。

 よくあるお国柄ジョークで、「フランス人は行動してから考え、イギリス人は考えてから行動し…」云々というのがあったような気もします。中身は適当。しかし、こういうのはもちろん個人差があるでしょうし、どういう態度が正しいのかはケースバイケースでしょうね。

 あんまり考えすぎると行動できなくなりますし。


其の愚は及ぶべからざるなり

 公冶長第五(93~119)

112 子曰。甯武子。邦有道則知。邦無道則愚。其知可及也。其愚不可及也。

(訓)子曰く、甯武子は、邦に道あれば則ち知、邦に道なければ則ち愚。其の知は及ぶべし。其の愚は及ぶべからざるなり。

(新)子曰く、甯武子は、国がよく治まっている時は知者でとおり、国が乱れている時には愚者と見られた。知者でとおった方の真似はたやすいが、愚者と見られた方は誰にも真似できぬ芸当だ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 これは、甯武子の伝記を知らないとなんとも言えませんよね。

「左伝」を見ると、まずBC六三二、魯の僖公の二十八年、すなわち晋と楚が、衛の問題を一つのきっかけとして、城濮で大戦争をした年、一度国外に逃げた成公が、国に復帰すると、この人物が、国人をあつめ、いずれの党派も、国家を思う心は一つであるから、国家を思う心は一つであるから、以後は仲良くするようにと、誓約させ、うまく危機を収拾したこと、しかし、党派はなお終結せず、成公は反対党から告訴され、覇者である晋の文公の法廷で裁判されることになったが、この人物が、成公の弁護人の一人となり、訴訟には負けたけれども、その忠誠さを晋がわから尊敬されたこと、訴訟に負けた成公は、周の都に拘禁されたが、この人物が差入れその他にこまかな気をくばったこと、さらにまたその翌翌年である僖公三十年、BC六三〇、獄中の君主が、晋のために毒殺されかけたとき、この人物が医者に賄賂をやって、毒薬をうすくし、そのいのちを助けたこと、などをしるしている。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 つまり、このときの「愚」とは、人望のない君主にひたすら忠義を尽くすことであり、おかしな知恵を回さなかったことにあるのであって、たしかにこれは夫子ほめますよね。

2009-06-25

ひどすぎる

[][][][]公冶長第五を読む(その13) 23:06 はてなブックマーク - 公冶長第五を読む(その13) - 蜀犬 日に吠ゆ

未だ知ならず、焉んぞ仁なるを得ん

 公冶長第五(93~119)

110 子張問曰。令尹子文。三仕為令尹。無喜色。三已之。無慍色。旧令尹之政。必以告新令尹。何如。子曰。忠矣。曰。仁矣乎。曰。未知。焉得仁。崔子弑斉君。陳文子有馬十乗。棄而違之。至於他邦。則曰。猶吾大夫崔子也。違之。之一邦。則又曰。猶吾大夫崔子也。違之。何如。子曰。清矣。曰。仁矣乎。曰。未知。焉得仁。

(訓)子張、問うて曰く、令尹子文は三たび仕えて令尹となりて喜色なし。三たび之を已(や)めて慍(いか)る色なし。旧令尹の政は必ず以て新令尹に告ぐ。何如ぞや。子曰く、忠なり。曰く、仁なるか。曰く、未だ知ならず、焉んぞ仁なるを得ん。崔子、斉君を弑(しい)す。陳文子、馬十乗あり。棄てて之を違(さ)り他邦に至る。則ち曰く、猶お吾が大夫崔子のごときあり、と。之を違る。一邦に之(ゆ)く。則ちまた曰く、猶お吾が大夫崔子のごときあり、と。之を違る。何如ぞや。子曰く、清なり。曰く、仁なるか。曰く、未だ知ならず、焉んぞ仁なるを得ん。

(新)子張が尋ねた。楚の宰相たる令尹の子文は三たび登用されて令尹となったが、嬉しそうなふうもなく、三たび罷められたが、むくれた顔をしなかった。交代の時にはこれまでのやり方を残らず新任者に告げて事務引き継ぎを行った。これは何と評価してよいでしょうか。子曰く、律儀者だな。曰く、仁者といえませんか。子曰く、まだ知者の段階に達しない。仁者なものか。次に尋ねた。斉の家老の崔子がその君主を弑した時、陳文子は四十頭の馬、その他の財産をそっくり残して立ち去った。ところが他国へ行くと、此処にもやはり、わが国の崔子のような家老が居る、と言って立ち去った。次に行った国でも、此処にもやはり、わが国の崔子のような家老が居る、と言って立ち去った。これはどうですか。潔癖だな。曰く、仁者といえませんか。曰く、まだ知者の段階に達しない。仁者なものか。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 現代でも、「悪いことをしない」のが「よいこと」であると思っている人は多くて、自分を善人だと信じている人は、ほとんどがこの「悪いことをしない」だけの人物です(あーイライラする)。法律にしてからが「善意の第三者」などという設定を持っているのでタチが悪い。子張はそういうつもりだったのか、それとも、夫子を試すつもりでいたのかは判然としませんが、「知者とさえいえないんだよ」と諭されてしまいます。

 令尹子文は吉川先生によれば新進の子玉に譲ったが、この子玉はいわゆる「有能すぎ」たために楚の敗戦をもたらし、子文が復帰しなければなりませんでした。自身が有能であるのは令尹なのであるから当然として、後任をきちんと選べないのでは君子にふさわしくないと言うことでしょうか。

 陳文子もそうです。崔子のことを知りながら止めることができなかった時点で、その後の行動はすべて鼻持ちならない、お高い態度に成り下がってしまうのかもしれません。


 なお、吉川先生のところで、令尹子文の意外な生い立ちを知りました。

前半で論ぜられている令尹子文とは、南方の大国、楚の国の宰相であって、子文とは字であり、令尹とはすなわち宰相を意味する楚の国の方言である。やはり春秋のごく初期、晋の文公を中心とする時代の人物である。実名は闘穀於菟(とうどうおと)であり、正当ならぬ結婚によって生まれた子であったため、母はこれを野に棄てたが、虎がやって来てそだてた。楚のくにの方言では、乳(そだ)てることを穀(どう)といい、虎のことを於菟というので、こうした名がついたと、「左伝」の宣公四年に見える。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 われわれは於菟を知っている! さすがに林太郎先生はゆかしい名前をつけるものです。吉川先生の本は読んだつもりになっていましたが、全然覚えていませんでした。

 きっと今まで読んだ本も、きっちりメモを取っていない本はすべて忘れてしまったにちがいありません。こうして読み返すことで同じ本がなんども楽しめて、実にお得です。

2009-06-23

知ってんだよぼく

[][][][]公冶長第五を読む(その12) 21:05 はてなブックマーク - 公冶長第五を読む(その12) - 蜀犬 日に吠ゆ

何如んぞ其れ知ならんや

 公冶長第五(93~119)

109 子曰。臧文仲。居蔡山節藻梲。何如其知也。

(訓)子曰く、臧文仲(ぞうぶんちゅう)は、蔡(さい)を居(お)き、節に山(さん)し、梲(せつ)に藻(そう)す。何如んぞ其れ知ならんや。

(新)子曰く、臧文仲は(天使の真似をして)占卜用の亀甲を貯え、居宅の柱頭に山の形を彫り、梁の梲(うだつ)に藻の装飾を画いた。知者だそうだが私は信じない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 臧文仲については、吉川先生が詳しく書いておられます。読みは「ぞうぶんちゅう」「そうぶんちゅう」とかわりますが、どちらが正しいのかは知りません。

 臧文仲(そうぶんちゅう)とは、実名でいえば臧孫辰であり、孔子の故国である魯の家老であった。ただし、孔子の同時代人ではなく、春秋のごく初期、晋の文公が、覇者となったころの人物であって、当時の年代記である「春秋」には、魯の文公十年、BC六一七年、春、王の三月辛卯(かのとう)、臧孫辰卒す、と見える。孔子の生誕に先立つこと六十六年であり、この人物と孔子との距離は、ちょうど現代の老人が、松平定信を回顧するほどの距離である。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 中断。吉川先生の選書、発行は1996年ですが、底本は1978年ですから、わかりやすく74才の老人が、自分より66年前に死んだ人物を批評すれば、1978-130=1868年で、松平定信(1758―1829)が妥当な…のか? 1829に合わせるのなら、現代の老人は83歳設定ですか… 孔子って、享年74なのですけどね。(孔子略年表

 逆に2009年、74歳老人にとって66年前の政治家というのは、大久保利通(1830―1878暗殺)とか西郷隆盛(1827―1877自殺)……鍋島直正(閑叟、1814―1871)うーむ。若い人と、変死した人が多いのでむずかしいですなあ。


 閑話休題。

そうしてこの人物は、魯のくにのすぐれた人物として記憶されていたらしく、やはり魯のくにの家老の一人である叔孫豹が、「魯に先大夫有りて、臧文仲と曰う、既に歿せるも、其の言は世に立てり」、それこそ「死して不朽なる」ものであるとたたえたと、「左伝」の襄公二十四年、BC五四九、に見えるのは、その死後六十八年のことである。

 臧文仲は立派な大臣であったと。その名声は死後もつづいた、と。

 しかし孔子は、その僭越を問題として臧文仲を批判しました。


 衛霊公篇第十五

392 子曰。臧文仲。其窃位者与。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 臧文仲は給料泥棒だ、と。


 「左伝」文公二年秋八月丁卯

 仲尼(孔子)の評。臧文仲には不仁な点が三つ、不知な点が三つあった。展禽(柳下恵)を下位に置いたこと、六つの関所を設けたこと、妾(召使)に蓆(むしろ)を織らせ(販売の利益を上げようとした)こと、これが三つの不仁である。(大亀を養うなど)無用の物を設けたこと、(夏父弗忌(かほふっき)の)逆祀の主張を許容したこと、爰居という海鳥を(わけも知らずに)祀らせたこと、これが三つの不知である。

小倉芳彦訳『春秋左氏伝』上 岩波文庫

 どうもひどい悪口です。

 吉川先生は「賢人に完璧を求めたのであろうか」と解釈しますが、そんなに悠長なことでもありますまい。この文公二年夏には太廟で祭祀があり、夏父弗忌は僖公を本来よりも上座に上げました。君子はこれを逆祀であると非難しますが、そのとき、臧文仲がそれを容認したことに、臧文仲が礼を知らないのではないかという疑問をいだいたのではないでしょうか。

 本章も「何如んぞ其れ知ならんや」、知者であろうとは信じられない、と解釈するなら、その功績は認めつつも、そのふるまいや行いが礼に基づくものでなかった、礼を知らなかったということで批判したのでしょう。


 本章が「春秋」編纂作業の中で出てきたものだとすれば、左伝の言葉ともうまく合わせることができます。左伝の経文(春秋本文)はこうなっているからです。

 八月丁卯、太廟ニ大事アリ、僖公ヲ躋(のぼ)ス

小倉芳彦訳『春秋左氏伝』上 岩波文庫

 だいたい春秋の本文はそっけないものですが、このくだりは、「大事アリ」ですから孔子がこれを問題視したことは分かります。普段から孔子は臧文仲の悪口をいっていたのでしょうが、周りの人は本気にしてくれなかった。春秋の編纂がここまできたとき、得たりや長広舌をふるって臧文仲の悪口をいう、そんな孔子の小規模な生活。