蜀犬 日に吠ゆ

2010-06-23

[][][][]堯曰第二十を読む(その3) 19:27 はてなブックマーク - 堯曰第二十を読む(その3) - 蜀犬 日に吠ゆ

命を知らざれば

 堯曰第二十(497~499)

499 子曰。不知命。無以為君子也。不知礼。無以立也。不知言。無以知人也。

(訓)子曰く、命を知らざれば、以て君子と為すなきなり。礼を知らざれば、以て立つなきなり。言を知らざれば、以て人を知るなきなり。

(新)子曰く、天命の存在を悟らなければ、学問をした君子とは言えない。礼を学ばなければ独立できない。物の言い方、聞き方を知った上でなければ、人物を見分けることができない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 それぞれの解釈は、金谷先生を引きます。

孔子がいわれた、「天命が分からないようでは君子とはいえない。(心が落ちつかないで、利害に動かされる。)礼が分からないようでは立っていけない。(動作がでたらめになる。)ことばが分からないようでは人を知ることができない。(うかうかとだまされる。)」

金谷治『論語』岩波文庫

 以上で、論語終わり。しかし、終わりは始まりでもあります。

 徂徠は、この最後の章は、学而第一の最初の章と首尾応ずるのであり、「是れ編輯者の意也」、とする。いかにも「学んで時に之を習う」は、礼を知り、言を知る努力であり、「人知らずして慍らず」は、命を知る努力である。

吉川幸次郎『論語』下 朝日選書

 『白鯨』的な、永劫回帰ですね。可哀想なホルもそうか。こういう構造をもつ文学は多い。『論語』もまた、一箇の文学であると言えましょう。学問の道に終わりはない。仰げば仰ぐほど弥よ高い、と言うことでしょう。

鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)

鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)


 以上で、学問を志すものが尊ぶ『論語』下論、すべて三章ある「堯曰第二十」はおわる。

2010-06-22

[][][][]堯曰第二十を読む(その2) 20:16 はてなブックマーク - 堯曰第二十を読む(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

五美を尊び、四悪を屏く

 堯曰第二十(497~499)

498 子張問於孔子曰。何如斯可以従政矣。子曰。尊五美。屏四悪。斯可以従政矣。子張曰。何謂五美。子曰。君子恵而不費。労而不怨。欲而不貪。泰而不驕。威而不猛。子張曰。何謂恵而不費。子曰。因民之所利而利之。斯不亦恵而不費乎。択乎労而労之。又誰怨。欲仁而得仁。又焉貪。君子無衆寡。無小大。無敢慢。斯不亦泰而不驕乎。君子正其衣冠。尊其瞻視。儼然人望而畏之。斯不亦威而不猛乎。子張曰。何謂四悪。子曰。不教而殺。謂之虐。不戒視成。謂之暴。慢令致期。謂之賊。猶之与人也。出納之吝。謂之有司。

(訓)子張孔子に問うて曰く、何如なれば斯に以て政に従うべきか。子曰く、五美を尊び、四悪を屏(しりぞ)くれば、斯に以て政に従うべし。子張曰く、何をか五美と謂う。子曰く、君子は恵んで費さず。労して怨まれず。欲して貪らず。泰にして驕らず。威あって猛からず。子張曰く、何をか恵んで費さずと謂う。子曰く、民の利とする所に因ってこれを利す。斯れ亦た恵んで費やさざるにあらずや。労すべきを択んでこれを労す。又た誰をか怨まん。仁を欲して仁を得。又た焉んぞ貪らん。君子は衆寡となく、小大となく、敢えて慢(あなど)るなし。斯れ亦た泰にして驕らざるにあらずや。君子は其の衣冠を正しくし、其の瞻視を尊(たか)くす。儼然として人望んでこれを畏る。斯れ亦た威あって猛からざるにあらずや。子張曰く、何をか四悪と謂う。子曰く、教えずして殺す、これを虐と謂う。戒めずして成るを視る、これを暴と謂う。令を慢(みだ)りにして期を致す、これを賊と謂う。これを猶(ひと)しく人に与うるなり。出納の吝かなる、これを有司という。

(新)子張が孔子に問うて曰く、何如にしたならば政治をうまく運用することができましょうか。子曰く、五つの善事に心掛け、四つの悪事に注意すれば、政治を運用するに有効です。子張曰く、五つの善事とは何々でしょうか。子曰く、為政者として、恩恵を与えるが浪費にならない。労働させるが怨まれない。欲望をみたしても貪欲にならない。自信がありながら謙虚にする。威厳があるが怖がられない。子張曰く、それらはどういう意味なのでしょうか。子曰く、人民が価値ありと思う所へ予算をつぎこむ。そうすれば恩恵を与えるが浪費にならない。労働する価値のある工事を択んで人民を使役すると、誰も怨む者がない。仁政を行おうと欲して仁政の名を得たからには、もうその上に望む何物もない。為政者たる者は人民の衆寡を論ぜず、土地の大小を問うなく、誰をも軽視することはない。これは自信がありながら謙虚だからであると言えよう。次に為政者たる者は、服装をきちんと整え、その顔色を正しくして、離れた所から見ると儼然とおごそかであって、尊敬の念を起こさせる。これは威厳があるが恐くはないと言えよう。子張が更に尋ねた、四つの悪事とはどういうことでしょうか。子曰く、教育しないでおいて悪いことをすれば死刑に処する。これを虐政という。放任しておいて成績をやかましく言う。これを暴政という。ゆっくり命令を出しておいて、実施を急がせる。これをだまし打ちという。官物を支給するのを自分の私物を与えるような顔をして、出来るだけ値切る。これを官僚主義という。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 冷静に考えると怒りがわくので、「孔子いいこと言うなあ」ぐらいにしておきます。

2010-06-21

[][][][]堯曰第二十を読む(その1) 21:20 はてなブックマーク - 堯曰第二十を読む(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

堯は曰く、咨、爾舜。天の暦数、爾の躬にあり

 堯曰第二十(497~499)

497 堯曰。咨爾舜。天之暦数在爾躬。允執其中。四海困窮。天禄永終。舜亦以命禹。曰。予小子履。敢用玄牡。敢昭告于皇皇后帝。有罪不敢赦。帝臣不蔽。簡在帝心。朕躬有罪。無以万方。万方有罪。罪在朕躬。周有大賓。善人是富。雖有周親。不如仁人。百姓有過。在予一人。謹権量。審法度。修廃官。四方之政行焉。興滅国。継絶世。挙逸民。天下之民帰心焉。所重民。食。喪。祭。寛則得衆。信則民任焉。敏則有功。(公)恵則説。

(訓)堯は曰く、咨(ああ)、爾舜。天の暦数、爾の躬にあり。允(まこと)に其の中を執れ。四海困窮せば、天禄永く終らん、と。舜も亦た以て禹に命ず。(湯は)曰く、予(われ)小子履、敢て玄牡(げんほ)を用いて、敢て昭(あき)らかに、皇皇たる后帝に告ぐ。罪あるは敢て赦さず。帝臣蔽わず。簡(えら)ぶこと帝の心にあり。朕が躬に罪あらば、万方を以てするなかれ。万方に罪あらば、罪は朕が躬にあり、と。周に大いなる賓(たまもの)あり。善人に是れ富めり。周親ありと雖も、仁人に如かず。百姓過ちあらば、予一人にあり。権量を謹み、法度を審(つまびら)かにし、廃れたる官を修め、四方の政行わる。滅びたる国を興し、絶えたる世を継ぎ、逸民を挙げ、天下の民、心を帰せり。民に重んずる所は食、喪、祭なり。寛なれば衆を得、信あれば民任ず。敏なれば功あり、(公)恵あれば説ぶ。

(新)堯は舜に言った。これ親愛なる舜よ。天が放った運命の矢はおん身に定ったぞよ。お前は宇宙の原則をしかと手に握って離すな。天下の人民が困窮するようなことが起れば、天の賜った幸福はそのまま立ち去って再び返って来ぬぞよ、と。その舜もまた同じように禹に命じた。(こんどは殷の湯王は)曰く、我、不束者の履は決意して黒牛を犠牲にして天を祀り、大胆にも天の皇皇たる主催者の后帝に物申す。罪人、夏の桀王は最早や許すことができませぬ。后帝の奴隷たる私は何も匿しだてをいたしませねば、凡ては帝の御心で定まります。もし私の身に罪がありましても、それは庶民に関わりのないことであります。もし庶民に罪がありましたならば、それは私自身の責任であります、と。周の代が大いに栄えたのは、善人が多かったからである。(武王曰く)周(したし)き親類よりも、仁人の方が信頼できる。百姓に過ちがあれば、それは私一人の責任である、と。そこで度量衡の制度を厳密に定め、法律を明確にし、福祉のための官を再興し、人民のための政治が成績をあげた。滅びた国を復興し、祀りの絶えた家に相続者を定め、隠れた賢者を捜して登用したので、天下之人民が明るい希望を持つようになった。その政治の原理は人民に必要なことは食物、葬式、追善であることを知って不自由させぬにある。また寛容なれば大衆がつき従い、信用を守れば人民が依頼し、骨惜しみをせねば能率が上り、恩恵があれば不満がないことを知って政治を行ったのであった。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 金谷先生はこれを三句に区切り、吉川先生は(長いので便宜的に)二句に分けます。それぞれ典拠がありませんが、確かに宮崎先生のようにつなげて読むと長いですよね。

 禅譲の際は、この文句を告げるのでしょうか。

 下論の最終章は、上論最終章の郷党第十よりさらに難解で、成立も後世ではないかと考えられています。郷党第十の謎の章とは最終章雉の臭いを三度嗅ぐ話のことと思われます。

何晏の「論語集解」の序によれば、「古論語」は、第二章以下を別の一篇とし、子張第二十一と題していたらしい。つまり前の子張第十九とあわせて、二つの子張篇があったことになる。そうしてその本の堯曰第二十は、今本の第一章だけであったことになる。

 いよいよ複雑怪奇であり、「論語」という書物が、整理され成立する最後の段階に於いて、二十というきちんとして篇数をそろえるため、雑多に書き加えられたのが、この篇であることを示しそうである。「荘子」の「天下」篇などのように、全書の後序、すなわち跋として書き加えられたという説なども、清の翟灝(てきこう)の「四書考異」その他にある。

吉川幸次郎『論語』下 朝日選書

 まことに、複雑怪奇。