蜀犬 日に吠ゆ

2011-06-25

[][][][][]夏のうた を読む(その47) 19:37 はてなブックマーク - 夏のうた を読む(その47) - 蜀犬 日に吠ゆ

93

 験(しるし)なき物を思はずは一坏(ひとつき)の濁(にご)れる酒を飲むべくあるらし

                         大伴旅人


 『万葉集』巻三。「酒を讃(ほ)む歌十三首」の第一首。「思はずは」は思わずに。役立たずな物思いにふけるよりも、そうだ、一杯の濁り酒を飲んだ方がいい。この有名な連作、思想と表現に中国思想の影響が強いが、作歌の動機は愛妻に先だたれた悲しみを遣(や)るためだったらしい。ちなみに、旅人没後数年の天平九年、奈良の都に禁酒令がしかれ、親族同士の飲楽しか許されなくなった事がある。飲酒による不祥事の弊害が目立つほどになったものかと思われる。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 しかしアルコールに依存して(自分や他人の)人生を破壊するのは、社会の荒廃の方が先んじているので、「禁酒令」が長続きしないこと、ご存じの通り。

万葉神事語辞典

なお、『続日本紀』によれば、737(天平9)年5月と758(天平宝字2)年2月には禁酒の詔勅が出されている。万葉集にも、都内村里の住民に対し集って飲宴することを禁じるが、近親同士1人2人で楽飲することは許可する、という記述が見える(8-1657左注)。

國學院デジタルミュージアム

 ま、天平九年の禁酒は、天平十三年に牛馬の殺生を禁じたりする、「仏教国家」建設のノリでやらかしただけのような気もしますね。


94

 あけびの実(み)は汝の霊魂の如く

 夏中ぶらさがつてゐる     西脇順三郎(にしわきじゅんざぶろう)


 詩集『アムバルワリア』(昭八)所収。八行の詩「旅人」の終二行。「汝カンシヤクもちの旅人よ」と意表をつく一行から始まる詩には、古代欧州を放浪する現代の旅人の歌という体裁の詩で、「汝は汝のムラへ帰れ/郷里の崖を祝福せよ/その裸の土は汝の夜明だ」の呼びかけの後に右の詩句がくる。薄紫のアケビの実が、山あいに、「汝の霊魂の如くぶらさがつうてゐる」ふしぎになまめかしい幻影。永遠的なるものへの郷愁。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 変わり続けるものしか、永遠を獲得することはできない。だから自然はつねに刻一刻と形を変え続ける。


 以上で「夏のうた」を終わる。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2011-06-24

[][][][][]夏のうた を読む(その46) 21:42 はてなブックマーク - 夏のうた を読む(その46) - 蜀犬 日に吠ゆ

91

 ひとをいかる日/われも/屍(しかばね)のごとく寝入るなり

             八木重吉(やぎじゅうきち)


 『定本八木重吉詩集』(昭三三)所収。昭和二年二十九歳で結核のため死んだ。生前には詩集『秋の瞳』一冊を出しただけだが、とみ子夫人に残された大量の遺稿が、後年彼女と再婚した歌人吉野秀雄らの尽力で公刊され、今では多くの愛読者を持っている。英語教師で熱烈な無教会主義のキリスト者だった。詩は短詩が多い。単刀直入に真実を言う。詩の原質たる心の燃焼だけで成り立っている詩だ。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 ひとをいかるは、人の行いではない。ひとにいかるはぎりぎり有りだけど、ほめられた行いではない、ということでしょうか。


92

 かんがへて飲みはじめたる一合の二合の酒のゆふぐれ

                 若山牧水


 『死か芸術か』(大一)所収。牧水は恋と旅と酒の歌でこよなく愛誦される。ふつふつと湧きあがる思いがそのまま三十一音の歌となって、作者の孤独な心をあめつちの間に舞わせ、読者をも招き寄せた。それにしても、牧水歌集を読んでいると、彼の酒の歌が早くから老成していたことに今さらながら驚く。二十代半ばすぎでもうこんな歌があり、また「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり」があった。みな独酌好みの歌だ。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 独酌サイコー。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2011-06-23

[][][][][]夏のうた を読む(その45) 18:55 はてなブックマーク - 夏のうた を読む(その45) - 蜀犬 日に吠ゆ

89

 なんと今日の暑さはと石の塵を吹く

           上島鬼貫(うえじまおにつら)


 摂津国(兵庫県)伊丹の人。芭蕉より十数年の後輩。「まことの外に俳諧なし」とする誠の説で有名である。自然界の見たままを平明率直に詠むことが物の本質に達する本道だと考えた。口語調の句が多いのもその現れだろう。しかし、たえがたい暑さをいうのに「石の塵」を持ってきたのは、単なる平明な描写などということでは説明がつかない非凡さである。「そよりともせいで秋立つ事かいの」「冬はまた夏がましじゃといひにけり」なども著名。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 「「石の塵」を持ってきたのは、単なる平明な描写」だと思います。これで私が思い浮かべた情景は、炎天下を歩いてきた旅人が、木陰にちょうど座るくらいの石をみつけて、やれやれここらで一息つくかとしているさま。つい暑さへの愚痴が口をつくのはご愛敬でしょう。おざなりに、石の上をふっと吹いてどっかと腰を下ろしたんじゃござんせんかね。


90

 中年や遠くみのれる夜の桃

      西東三鬼(さいとうさんき)


 『夜の桃』(昭二三)所収。昭和新興俳句の花も実もあるスターだった。作者四十六歳、戦後昭和二十一年に作られた代表作。「中年」という複雑な曲折と成熟の時期への詠嘆と、「遠くみのれる夜の桃」への遠望と。「夜の桃」にはエロスの感触があるが、かといってそれに固執するのは俗解。遠く刻々に実っている夜の桃を、一人思いえがいている「中年」の、郷愁とも悔恨ともつかぬ、ほのかな微笑。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 「俗解」とかいいますけれど、「おそろしき 君らの乳房 夏来る 西東三鬼」とかああいうのと総合的に解釈すると、このおっさんはいっつも卑俗な妄想をふくらませていたと解釈する方がよさそうなんですけれども。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2011-06-22

[][][][][]夏のうた を読む(その44) 19:38 はてなブックマーク - 夏のうた を読む(その44) - 蜀犬 日に吠ゆ

87

 空(くう)をはさむ蟹死にをるや雲の峰(みね)

            河東碧梧桐(かわひがしへきごどう)


 『続春夏秋冬』(明三九)所収。虚子と共に子規門の双璧。子規没後、新傾向俳句の王者として君臨したが、運動はやがて四分五裂、碧梧桐自身の句も、多様な試みを重ねつつ孤立していった。ほめて言えば純粋、けなして言えば独善というような行き方をした、悲劇的な、ただし強い魅力をもった先駆者だった。右は新傾向初期の代表作。雄大な雲の峰の下にちっぽけなカニがはさみをかかげて死んでいる。ただ空をつかんで。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 「かわひがしへきごとう」じゃないかと思ってwikipedia を確認したところ「へきごとう」でした。私のAtok だとどちらを打ち込んでも一発変換するので、どちらもありなのでしょう。

 大岡先生の鑑賞「雄大な雲の峰の下にちっぽけなカニがはさみをかかげて死んでいる。ただ空をつかんで。」……本文に目を凝らしても返り点は見受けられませんでした。しかしまあ、普通説明するならこういう風になるんでしょうね。ただ、この作品の素晴らしさは普通と逆の構造で展開していく部分にあると思います。とくに最後の下五「雲の峰」へと視点を持ち上げていく部分の「切れ」が、「これぞ俳句」という醍醐味を味わわせてくれる逸品です。こういう作品、好きなんですよね。


 上五「空をはさむ」は、六音ですがまあそこは新傾向(無季自由律の前段階)だから、それでいいとして、意味はまだ不明ですよね。中七の頭二音である「蟹」がでて初めて意味が分かります。つまり、音はともかく、「空をはさむ蟹」で意味としては「中切れ」の構成になっているわけです。「およ、蟹がいるぞ、鋏をかかげて」と。そこから視点はズームアップしていきます。「よく見たらこの蟹死んでるなあ」→「だから鋏が何もつかんでいないのにつかんでるみたいに動いてないのか」。と、新しい情報を得ることで上五の意味不明が解決される。

 そして、蟹のつかんでいる空とはなにか、見あげれば入道雲! 感動ですよ! 「あの月をとってくれろ」とか他人任せではなくて、自分の鋏で空を目指した蟹(オトコ)ですよ。ピンクスパイダーのようないいわけもなく、あっさり死んだ蟹だけど、夏の空の下で、とにかくなにかをしようとしていたんですね。それが、こういうドラマティックな構成によって作品となった時に、私(だけかな)たちの感動をよぶんです。

 もう一度言いますけど、こういう作品、好きなんですよ。



88

 てんと虫一兵われの死なざりし

          安住 敦(あずみあつし)


 『古暦』(昭二九)所収。日野草城の新興俳句運動を経て久保田万太郎の門に入った。庶民生活の哀歓を微細にとらえ、情をこめてうたう作風。右は終戦時の作で代表作の一つとされる。作者は米軍上陸にそなえ対戦車攻撃自爆隊の一員として房総で猛訓練を受けていた。助かるはずのない命が助かった、その言うに言われぬ思いを短い一句にこめる。天道虫は作者の持つ銃の銃身に、ふと舞ってきてとまったのだと作者は後に書いている。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 こういう風に、国家によって「死ね」と平然と言われた世代と、そうでない世代では見えている風景が違っていて当然だと思います。貧弱な想像力で必死に考えても。


折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2011-06-21

[][][][][]夏のうた を読む(その43) 18:51 はてなブックマーク - 夏のうた を読む(その43) - 蜀犬 日に吠ゆ

85

 逸(はや)りきてきやき大樹(たいじゅ)にこもるかぜ非命(ひめい)の魂(たま)の万の鈴音(すずおと)

                            山田(やまだ)あき


 『山河無限』(昭五二)所収。この女流詩人はたやすい調べの歌を作らない。八十歳になんなんとして、なお息を詰め胸中の鬱塊を吐きだすていの、きびしい顔つきの歌が多い。近作歌集中の盛夏の歌。さつさつと吹き寄せる風がけやきの大樹にこもる時、その葉ずれのざわめきに、戦火にむなしく散った魂、すなわち「非命の」魂の鳴らすおびただしい鈴音を聴きつけている。歌人坪野哲久夫人。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 その戦火での死を「むなしい」「非命の」死にしてしまうのは、後に続く我々世代の不甲斐なさだよなあ。ご先祖さますみません。


86

 辛(から)くして我が生き得しは彼等より狡猾(こうかつう)なりし故にあらじか

                    岡野弘彦(おかのひろひこ)


 『冬の家族』(昭四二)所収。釈迢空(折口信夫)の愛弟子だった歌人。右は昭和二十八年の作だが、内容は敗戦直後の内省。学徒兵として軍務に服したが、自分は運良く生還した。だが友人の中には死者も出た。自分自身もかろうじて生き得たには違いなかったが、思えばそれは彼らよりもずる賢かったためではないのか。「神のごと彼等死にきとたはやすく言ふ人にむきて怒り湧きくる」とも歌う。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 感動をありがとう的な小咄のネタになるために死んだわけではないですものね。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

2011-06-20

[][][][][]夏のうた を読む(その42) 20:44 はてなブックマーク - 夏のうた を読む(その42) - 蜀犬 日に吠ゆ

83

 ほとんどに面変(おもがは)りしつつわが部隊(ぶたい)屍馬(しば)ありて腐(くさ)れし磧(かはら)も越ゆ

                    宮 柊二(みや しゅうじ)


 『山西省』(昭二四)所収。同歌集は過ぐる大戦時の詩歌界における最高の戦争文学作品集だろう。昭和十四年夏召集、中国の河北省、山西省に兵士として転戦した。「死(しに)すればやすき生命(いのち)と友は言ふわれもしかおもふ兵は安しも」という作があるが、一兵卒としての立場から、戦闘と戦場の日夜をきびしい表現で仮借なく歌った。「ねむりをる体の上を夜の獣(けもの)穢(けが)れてとほれり通らしめつつ」のごとき作もある。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 夜の獣は慰安所帰りでしょうね。日本の言論統制には吐き気がする。宮柊二は歌人というよりジャーナリストだと思う。


84

 大臣(おほおみ)が事に携(たづさ)はり茲に至り四月(よつき)がほどに国荒(あ)らびたり

                       尾山篤二郎(おやまとくじろう)

 『とふのすがごも』(昭二一)所収。西行や大伴家持研究で知られた大正・昭和期の歌人。敗戦時の歌だが、ポツダム宣言受諾の詔勅に、茫然としてなす所を知らずに涙するのみだった歌人たちとは違っていた。「曲事(まがごと)の大横しまとかねて知る軍(いくさ)は遂に国を破りつ」。詔勅の内容についても、「吾大君いかがやおぼせ大御身に創(きず)なき事を宣(の)らせまししか」と率直な疑問を歌にしている。

大岡信『折々のうた』岩波新書

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)