蜀犬 日に吠ゆ

2009-10-27

[][][][]子罕第九を読む(その23) 20:10 はてなブックマーク - 子罕第九を読む(その23) - 蜀犬 日に吠ゆ

与に共に学ぶべきも

 子罕第九(206~235)

234 子曰。可与共学。未可与適道。可与適道。未可与立。可与立。未可与権。

(訓)子曰く、与(とも)に共に学ぶべきも、未だ与に道を適(ゆ)くべからず。与に道を適くべきも、未だ与に立つべからず。与に立つべきも、未だ与に権(はか)るべからず。

(新)子曰く、同じ場所で勉強しても、同じ道へ一しょに進めるとは限らぬ。同じ道を一しょに進んでも、一しょに仕事ができるとは限らぬ。一しょに仕事ができても、いざというとき運命を共にすることができるとは限らぬ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 クラスメート、趣味の合う仲間、仕事のチーム、運命を共にする友、それぞれの段階に応じて人間関係を使い分けよ、ということでしょうか。たまたま机を並べたくらいで「同窓のよしみだから」などと利益供与に荷担したりしてはいけない、のは当然でしょうね。


重点は、最後の「未まだ与に権るべからず」にあるらしい。「権」とは、儒家の哲学における相当重要な概念であって、「経(けい)」すなわち常道、それには反するが、常道に反すればこそ、よい効果を得る場合の、非常の処置を言う。「春秋公羊伝」の桓公十一年の条に、「権とは何ぞや。経(つね)に反して、然る後に善有る者なり」。また新出の鄭玄注に、「権なる者は、経(つね)に反して、義に合す。尤も知り難き也」。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 緊急避難的な措置、という意味のようです。


唐棣の華

 子罕第九(206~235)

235 唐棣之華。偏其反而。豈不爾思。室是遠而。子曰。未之思也夫。何遠之有。

(訓)唐棣の華、偏として其れ反(ひるが)える。豈に爾を思わざらんや。室、是れ遠きのみ、とあり。子曰く、未だこれを思わざるかな。何の遠きことかこれあらん。

(新)詩に、にわうめの花びら、ひらひらとひるがえる。とわに変わらぬわが思い、汝の室に届くまじ、あまりに道の遠ければ、とあり。子曰く、その思いはまだ本当の思いではない。道が遠くて届かぬようでは。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 遠距離恋愛の機微を孔子が解説するわけですが、こうした文学の解釈は関雎は楽しんでのところでも出て来ました。単なる恋愛の上っ面ではなく、そこにこめられた人間の思いを研究することが、孔子教団の主要科目であったからです。

 大意は兎も角細かい点では少しづつ解釈も違いますので、通釈の部分だけ列挙しておきます。

『唐棣(にわざくら)の花、ひらひらかえる。おまえ恋しと思わぬでないが、家がそれ遠すぎて。』

金谷治『論語』岩波文庫

 うめとさくらでだいぶ違いますよ。日本だと、ひらひら散るのは断然さくらと、こうなりますけれども。


「唐棣の花は無情なものであるけれども、ひらひら動いているところを見ると情があるようである。まして我は有情(ゆうじょう)の人であるから、どうして爾を思い慕わないことがあろうか。ただ居る所の室が遠くに隔たっているから、思うけれども相見ることができないのである。」

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 ちなみに、語釈によれば「唐棣はスモモ」。

 どうして、「はなびらひらひら」と「思い人」とが関連するのか、宮崎・金谷両先生はなにもいいませんが、宇野先生によれば動くところが動物の、人間のようだから、ですって。

 宮崎専制解釈ですと、遠くて「思いが届かない」わけですが、宇野先生だと遠くて「会いにいけない」となるわけです。金谷先生はどちらともいえませんが、まあ普通会いに行く、もしくは「かつぎにいく」のに遠い、とするのが普通でしょう。


「唐棣の花は開いたが、花弁がたがいに背を向けている。あなたを想わないであろうか。たがいの家が遠いため(に会えないの)だ」

加地伸行『論語』講談社学術文庫

 花びらに新解釈。散る様子ではなくてその花弁の構造が、離ればなれの二人のようにそっくりかえっているということらしい。(吉川先生の説明では、こちらが古注。花が揺れる、とするのが新注。)


にわざくらの花は、

ひらりひらりとゆれてるげな

(略)

おまえ恋いしと思わぬでないが

なにぶん家が遠いでな

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 なぜ軽く訛っているのでしょう。解釈はこのあたりが妥当な線でしょうか。


唐棣の花がひらひらそよぐ

おまえ恋しと思っちゃいるが

家が遠くて会いには行けぬ

呉智英『現代人の論語』文藝春秋

 呉智英夫子は三連に大胆解釈。やってますな。内容は吉川先生と変わらないでしょう。

 よく読み返したら、「はなびらが散る」などと読み取ったのは私だけでした。

 私の解釈は、「唐棣の花びらが風に舞う。私も風に乗って君の所へ飛んでいきたい、といつも考えているんだよ。いつも考えているんだけれど、現実の、君の部屋は遠くて飛んでは行かれない。」

 この「風に舞う花びらのように僕も飛んでゆきたい」というのは呉智英夫子の著作で読んだような記憶があったのですが、手許の文庫本では見あたりませんね。

 恋人のもとへ飛んでいくといえば、師匠(マイスター)の弟子。

息子は父親でもある師匠の

彼はとても幸福だった。翼なしでも空に浮かぶことができるんだ、と思えるほどに。恋していたからだ。若者の胸のたけをつくして恋していた。遠慮することなく、疑いのかけらひとつもたずに、彼は恋していた。そして彼にはわかっていた。自分の恋が相手からも同じように受けいれられていることが。また彼にはわかっていた。恋人が彼を待っていることが。日が暮れて試験に合格した彼が、恋人の空色の部屋をたずねるだろうということが。そこで恋人はやわらかな月の光のように、軽やかに彼の腕に身をなげかけてくるだろう。そうしていつまでも抱きあったまま、ふたりは都市(まち)の上空に舞いあがり、大人になっていらなくなった玩具(おもちゃ)を捨てるように、都市の城壁をあとにするだろう。ほかの都市をつぎからつぎへと飛びすぎて、森や砂漠をこえ、山や海をこえて、どこまでも、世界の境界(はて)まで飛んでいくだろう。

エンデ『鏡のなかの鏡』岩波現代文庫

 閑話休題。

 孔子は、詩三百、思い邪なしというくらいですから、この詩の主人公の気持ちはその通りだとしても、その思いはまだまだ足りない、至純ではないと見抜きます。


 恋愛という限定をせずに言わせていただければ、「オレは本当はこうしたいんだけどこういうわけでさ…」というようないいわけをする人は、その「本当はこうしたい」が本気じゃないですよね。「遠いから」と理由をつける人は「電車賃がない」とか「今から行くと遅くなって先方に失礼だから」とかとにかくなんでもいいから、行くのを面倒くさがっている、つまりその程度の思いであるということなのでしょう。


 以上で、学問を志す者が尊ぶ『論語』上論、孔子が己を謙遜して人を誨(おし)えた辞(ことば)や言行交際や出処の類が多い「子罕」という第九章は終わる。

2009-10-26

シャノア

[][][][]子罕第九を読む(その22) 20:48 はてなブックマーク - 子罕第九を読む(その22) - 蜀犬 日に吠ゆ

歳寒くして

 子罕第九(206~235)

232 子曰。歳寒。然後知松柏之後彫也。

(訓)子曰く、歳寒くして、然る後に松柏の後れて彫(しぼ)むを知るなり。

(新)子曰く、歳末の寒さがやってきて、はじめて松や柏など、常緑樹の葉の抵抗力の強いことが分るのだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

事の無い時には君子も小人もわからないが、事変に遇って初めて君子の節操がわかる。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 ということのたとえとして、君子は「松柏」を尊びます。ちなみに世俗を超越すべき道家が竹を貴ぶのは『世説新語』の「わが君」、禅林は趙州和尚の言葉から「庭先の柏」を好むとされますが、あまり区別はなさそうにも見えます。


知者は惑わず

 子罕第九(206~235)

233 子曰。知者不惑。仁者不憂。勇者不懼。

(訓)子曰く、知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼(おそ)れず。

(新)子曰く、知者はあれこれ迷わぬ。仁者はくよくよ心配しない。勇者はしりごみしない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 憲問第十四を参照。

子の曰わく、君子の道なる者三つ。我れ能くすること無し。仁者は憂えず、知者は惑わず、勇者は懼れず。子貢が曰わく、夫子自ら道うなり。

金谷治『論語』岩波文庫

 こちらでは順序が違っていますので、子罕第九においてもこの「知者、仁者、勇者」の順序には序列の意味は含まれないでしょう。君子は、知者であり、仁者であり、勇者であるものなのでしょう。

 公冶長第五には未だ知ならず、焉んぞ仁がありますが、こうした序列のほうが、実際は珍しいと見ます。


 「不惑」とは四十代の謂なりや。とも思いますが、だいたい四十にもなって無知蒙昧というのもどうかと思われますので、それほど強く関連づけられているとも思えません。

2009-10-24

[][][][]子罕第九を読む(その21) 20:56 はてなブックマーク - 子罕第九を読む(その21) - 蜀犬 日に吠ゆ

敝れたる縕袍を衣

 子罕第九(206~235)

231 子曰。衣敝縕袍。与衣狐貉者立。而不恥者。其由也与。不忮不求。何用不臧。子路終身誦之。子曰。是道也。何足以臧。

(訓)子曰く、敝(やぶ)れたる縕袍を衣(き)、狐貉(こかく)を衣たる者と立ちて恥じざる者は、其れ由なるか。忮(そこな)わず求めず、何を用(も)って臧(よろ)しからざらん、ということあり。子路終身これを誦す。子曰く、是の道や、何ぞ以て臧(よ)しとするに足らん。

(新)子曰く、すりきれた綿入れ服を着て、銀狐の外套を着た人と列んで、平気な顔をしておられるのは由ひとりくらいかな、と。詩経の中に、人は人、我は我。比べないのが一番いい、という句がある。子路はこの句が好きで、いつも口癖のように唱えていた。子曰く、それくらいの事で、何が一番いいものか。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 不忮不求とは、人の悪口もいわない、人にも頼まないの意。詩経、邶風(はいふう)の中に見える。次の句、何用不臧に対して孔子が、何足以臧と、中の二字を変えて、子路に対して戒めとした。なおこの章は全く異った二事を便宜上、同じ所に出しただけ。詩の句までも孔子の言とし、下に続けて全体を一事と解するとおかしくなる。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 二事を同じ所に。しかし結局これが連なって登場するという事は、そういう意図を持った誰かがいたという事でしょう。それは否定できないでしょう。


 孔子が子路を賞めたりけなしたりするのはいつもの事なのですが、最後のけなし方は、どういう意味か。

 「こまかい事にこだわらないのはいいとしても、それでよしとしてはならない」という言葉には、「細かい事にこだわらず道徳の道を歩め」という崇高な目標が待っているのであって、スタート地点に着いたくらいで満足するな、という思いがこめられているのでしょう。


 ガクセイさんで蛮カラの気風が残っていたりする環境ですと、むしろ「弊衣破帽」を誇りとするくらいです。ので、子路にとって粗末な服で貴人とならぶことなど、「へ」でもなかったどころか名誉なことくらいに考えていたのかも知れません。そうしたことも、結局外見にこだわることだよ、と夫子がたしなめようとした、という解釈もありでしょうか。

2009-10-22

多目君とのび太君

[][][][]子罕第九を読む(その20) 20:35 はてなブックマーク - 子罕第九を読む(その20) - 蜀犬 日に吠ゆ

忠信を主とし

 子罕第九(206~235)

229 子曰。主忠信。毋友不如己者。過則勿憚改。

(訓)子曰く、忠信を主とし、己に如かざる者を友とする毋(なか)れ。過ちては改むるに憚ること勿れ。

(新)8の章の後半と重複する。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

友達には誠心誠意で付きあい、そうすることに相応しくない者は友達にならぬがよい。過失はあっさりあやまるべきだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 切磋琢磨するのが本当の友人ですから、優越感をもって付きあうのは友人ではないということですね。


三軍は帥を

 子罕第九(206~235)

230 子曰。三軍可奪帥也。匹夫不可奪志也。

(訓)子曰く、三軍は帥を奪うべきなり。匹夫も志を奪うべからざるなり。

(新)子曰く一軍団の大将が虜になることは起るかも知れない。男一匹の魂は奪われてはなりませぬぞ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 この喩え話好きなんです。金谷先生の読み下しが私の記憶に近い。

 子の曰わく、三軍も帥を奪うべきなり。匹夫も志しを奪うべからざるなり。

金谷治『論語』岩波文庫

三軍とは、述而第七の「子三軍を行わば、則ち誰と与にせん」のところで説いたように、大きな侯国の軍備としてある三個師団三万七千五百人である。それはこの地上におけるもっとも強力なものの一つのように見える。しかし烏合の衆であることもあり、また烏合でなくとも、単一の主体でない。だからその中心になっている「帥」すなわち総大将を、どっかへ連れていってしまうことも、できる。それに対し、一人の人間の中心になるもの、それは「志」であるが、人間が、一旦こうときめた志、それをかえさせ、かすめとることは、できない。「匹夫」とは一人の人間の意であるが、一夫一妻が匹(つれあい)になり、貴族のように多妻でない、低い階級の人間というのが、原義とされる。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 解釈としては、宮崎先生に近いですね。匹夫の志も、挫けてしまうことはあります。しかしそれは、自分で挫けるのであって、ちょうど山を造る時に途中でやめてしまうのに似ています。挫けない、あきらめないで志を貫くことが大切なのだ、という話。

2009-10-21

[][][][]子罕第九を読む(その19) 23:42 はてなブックマーク - 子罕第九を読む(その19) - 蜀犬 日に吠ゆ

法語の言は

 子罕第九(206~235)

228 子曰。法語之言。能無従乎。改之為貴。巽与之言。能無説乎。繹之為貴。説而不繹。従而不改。吾末如之何也已矣。

(訓)子曰く、法語の言は、能く従うなからんや。これを改むるを貴しと為す。巽与の言は、能く説ぶなからんや。これを繹(たず)ぬるを貴しと為す。説んで繹ねず、従って改めざるは、吾れこれを如何ともする末(な)きのみ。

(新)子曰く、十分な理由のある忠告には、誰しもあやまる外ない。あやまった以上は改めることが大切だ。耳に聞きよい賞め言葉を聞くと誰しも嬉しくなる。しかし本当にそれに該当するかどうかを再検討することが必要だ。嬉しがっただけで検討せず、口先だけであやまっただけで行いの方を改めようとしない者には、私としてそれを直してやりようがない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 理路整然とした忠告はきちんと聞きいれろ、というはなし。

 巽与之言は、賞め言葉とも言えないようです。

「巽与の言」というのも、いま一つ明らかでなく、徂徠などは、「未詳」とつっぱなしているが、古注の馬融の説によれば、「恭遜謹敬の言」であり、おだやかな、きびしくない言葉である。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 とするならば、「それとない忠告」というふうにも解釈できます。もってまわった言葉は、「繹ぬるを貴し」、すなわちきちんとその底意を探らなければならないということでしょう。

2009-10-19

[][][][]子罕第九を読む(その18) 20:06 はてなブックマーク - 子罕第九を読む(その18) - 蜀犬 日に吠ゆ

其の進むを見たり

 子罕第九(206~235)

224 子謂顔淵曰。惜乎。吾見其進也。未見其止也。

(訓)子、顔淵を謂いて曰く、惜しいかな。吾は其の進むを見たり。未だ其の止まるを見ざりき。

(新)孔子が顔淵のことを憶い出して言った。全く惜しいことをした。たえず進歩をし続けた男だった。行きづまったらしい風を見せたことがなかったのだが。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 顔回を褒めれば褒めるほど、他の弟子は僻むのではないでしょうか。しかし孔子のこうした言葉が残されていたということは「兄弟子顔子淵をみならってがんばろう」と弟子たちも思っていたわけで、顔回の徳の高さがますます忍ばれるというスンポーですね。


苗にして秀いでざるものあるかな

 子罕第九(206~235)

225 子曰。苗而不秀者有矣夫。秀而不実者有矣夫。

(訓)子曰く、苗にして秀いでざるものあるかな。秀いでて実らざるものあるかな。

(新)子曰く、芽を出して成長しても、穂を出さぬことがある。穂を出したと思っても、実の熟さぬことがある。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 この流れからすれば、人格が完成する前に夭折した顔回のことであろうと推察するに吝かではありませんよね。

新注その他のおおむねの注釈は、やはり顔淵の夭折をいたんでの言葉とする。ただし、新出の鄭注は、「苗にして秀でざる」方は、七歳で孔子の師になったと、二八四頁で言及した項託、「秀でて実らざる」方が、顔回だという。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 項託は、達巷党人とされる人ですね。吉川先生に、その時は無駄話のように書かれておきながらこうやって蒸し返される、結構有名人なのでしょうか。


 そうした前提なしに見るなら、

 この章は人を励まして学に進み必ず成るを期せしめるために発せられたのである。「苗(なへ)にして秀でざる者」は美しい天分がありながら学ぶことのできない者に喩え、「秀でて実らざる者」は学んでも人格を完成することのできない者に喩えたのである。

宇野哲人『論語新釈』講談社学術文庫

 という、努力はしてるんだろうけど全然ダメだなあ、こういう要領悪いのも世の中にはいるんだなあ、という、遅々として進まない弟子への嘆きに解釈することもできましょう。


後生畏るべし

 子罕第九(206~235)

227 子曰。後生可畏。焉知來者之不如今也。四十五十而無聞焉。斯亦不足畏也已。

(訓)子曰く、後生畏るべし。焉んぞ来者の今に如かざるを知らんや。四十五十にして聞こゆるなきは、斯れ亦た畏るるに足らざるなり。

(新)子曰く、若い学徒に大きな期待をもつべきだ。どうして後輩がいつまでも先輩に及ばないでいるものか。しかし四十歳、五十歳になって芽のふかぬ者には、もう期待するのは無理だろう。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 後生は単なる若者ではない。先生に対する後生であって、学問に従事する後輩であろう。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 とはいいますが、『論語』中に「先生」なんてあまり出て来た記憶がありません。もちろん後生だってこの箇所に出て来るばかりなので宮崎先生の解釈がいいともわるいとも分からないのですけれども。よく考えるとわたしは「先生」をすこし揶揄の文脈で使いがちなので、こういうのは改めた方がいいのでしょうか。夫子もそうですね。


 四十五十で梲が上がらないと駄目、というのは、平均寿命の延びた現代ですからなんとかまけてもらいたいものです。

子の曰わく、年四十にして悪(にく)まるるは、其れ終わらんのみ。

金谷治『論語』岩波文庫

 こっちも。希望が欲しい。