蜀犬 日に吠ゆ

2013-04-14

[][][][][]小林まこと『一本刀土俵入』講談社 22:11 はてなブックマーク - 小林まこと『一本刀土俵入』講談社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 読みました。涙なみだの物語。

劇画・長谷川 伸シリーズ 一本刀土俵入 (イブニングKC)

劇画・長谷川 伸シリーズ 一本刀土俵入 (イブニングKC)

 面白い。長谷川伸はブーム来ませんかね?

 ヤクザ礼賛をするわけではないので褒めにくいのですが、「心意気で生きる」という部分で大切なメッセージをもらって、まあ泣く展開です。

2012-11-16

[][][][][]しがねえ姿の、横綱の土俵入りでござんす。『一本刀土俵入り』講談社 21:05 はてなブックマーク - しがねえ姿の、横綱の土俵入りでござんす。『一本刀土俵入り』講談社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 入手。

劇画・長谷川 伸シリーズ 一本刀土俵入 (イブニングKC)

劇画・長谷川 伸シリーズ 一本刀土俵入 (イブニングKC)

 すばらしい。バッドエンドがきらいというか、食い詰めものがヤクザになるのは社会の方の責任でしょ?

 横綱目指して精進する。すばらしい。

 まあなれないですよ。日本一には。厳しいたたかいを勝ち抜いたからこそ日の下開山ですから。

 負けてどうする? そこから長谷川節ですよねえ。

2012-08-22

[][][][][]小林まこと『沓掛時次郎』講談社 23:49 はてなブックマーク - 小林まこと『沓掛時次郎』講談社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 漫画屋さんに行っても漫画が売っていない悲しみ。『一本刀土俵入』が欲しい。

 と思ったら、前二作の感想も書いていませんでした。


 第二作、『沓掛時次郎』

劇画・長谷川 伸シリーズ 沓掛時次郎 (イブニングKC)

劇画・長谷川 伸シリーズ 沓掛時次郎 (イブニングKC)

 「沓掛」は信州小諸の地名なんですね。


あらすじ

 沓掛時次郎がヤクザの抗争に参加して人を殺す。×2

 一度目の落ち度を二度目で償うことが出来ない。


 上手な漫画であればあるほど割ったコマのつながりがドラマを造るので、スキャンしづらい。

 著作権侵害の罪悪感はその分少ない。

2012-08-19

[][][][][]小林まこと『関の弥太っぺ』講談社 21:18 はてなブックマーク - 小林まこと『関の弥太っぺ』講談社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 漫画屋さんに行っても漫画が売っていない悲しみ。『一本刀土俵入』が欲しい。

 と思ったら、前二作の感想も書いていませんでした。

劇画・長谷川 伸シリーズ 関の弥太ッぺ (イブニングKC)

劇画・長谷川 伸シリーズ 関の弥太ッぺ (イブニングKC)

 長谷川伸シリーズの第一巻。東映任侠物。

 映画を念頭に置いているのでしょうね。サクサク物語が進んで、しかも面白い。キャラが立ってる。お小夜ちゃんビンボくさい。神楽獅子の親分が多分ラスボス。弥太っぺつええ。森助は俺たちサイド。

 みなもと太郎の自伝で、俳優が言うに「東映の任侠は俗悪だが股旅ものは品があった」なる談話がありました。任侠もフィクションならオッケーだと思いますが、作品の質を問うなら違いがあったのでしょうね。

 まあいいから宇都宮の漫画屋も関取漫画を入荷してください。


 ざっくりあらすじ、、、は、あかんのでしょうね。私も穏健なあらすじを紹介できる気がしません。堺の和吉ってどんな人生だったのでしょうね。

2011-01-04

負の遺産

[][][]みなもと太郎『風雲児たち』18 リイド社 19:37 はてなブックマーク - みなもと太郎『風雲児たち』18 リイド社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 夏ごろ17巻を読んだ記憶があり、順調だなあ、と奥付を見たら、「平成23年1月10日発行」とあったので、本屋さんがフライングで並べちゃったことがわかる。いいのかしら……と思ったら、アマゾンでは12月中に発行されたことになっています。この辺の適当さって、情報化社会にも受けつがれていくのですねえ。

風雲児たち 幕末編 18 (SPコミックス)

風雲児たち 幕末編 18 (SPコミックス)

 まあ単行本が出るのはいいことですが、物語の進行はさらに遅くなる。安政六年、大獄の本格化で長州の塾の先生吉田松陰がいよいよ江戸で裁かれる。だけで1巻ですからねえ。来年には「幕末編」が、第一シリーズ20巻を追い抜くでしょうけれども、どこまで続くのか果ては見えません。

2010-08-04

[][][]みなもと太郎『風雲児たち』幕末編 17 リイド社 21:11 はてなブックマーク - みなもと太郎『風雲児たち』幕末編 17 リイド社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 安政五年十一月から六年正月まで。

 1858年というと、世界史的にはなんといっても前年からのスィパーヒー(セポイ)の乱が集結し、英連邦インド帝国が成立したことでしょうか。あとはロシアと中国のアイグン条約、くらいですか。

 世界史年表をめくっていたらプロシアでは「1858 国王(フリードリヒ=ウィルヘルム4世:母里の註)発狂。王弟ウィルヘルムの摂政、”新時代”はじまる」などと書いてありますが、「新時代ってなんでしょね」ビスマルクが国政をとるのは1862年からなので、まだ間があります。

 そんな時代の日本の話。西郷(せご)どと月照愛の逃避行。

 吉田松陰の伏見要駕計画。

 岩倉具視の宮中での影響力が増してゆく。

風雲児たち 幕末編 17 (SPコミックス)

風雲児たち 幕末編 17 (SPコミックス)