蜀犬 日に吠ゆ

2014-07-14

[][]栃鎮のこと~~尾崎行雄『近代怪傑録』中公クラシックス 21:00 はてなブックマーク - 栃鎮のこと~~尾崎行雄『近代怪傑録』中公クラシックス - 蜀犬 日に吠ゆ

人物断片

田中正造の奇言奇行

 当時外務省は、狭隘であつたためでもあらうが、私は梯子段脇の行灯部屋のやうなところに入れられて居た。各省勅任参事官連中のうち、私の室が一番粗末なものであつた。しかるに私の室へは大臣の大隈伯も次官の小村氏も、しば\/来訪するから、給仕などは驚異の目を見張つて居た。私が外務省在任中、最も全省を驚かしたのは、栃鎮の怒罵であつたらう。栃木鎮台といふ渾名を得たところの田中正造君は一種の人物であつて、ことに大声を発して人を罵つたり、あるいは腕を揮つて友人を殴つたりすることが得意であつた。ある日、鉱毒問題(足尾銅山鉱毒事件)を以て私に相談に来たが、私は田中君のいふことに悉くは賛成しなかつた。氏は賛成の仕方が足らないと、それを反対者のごとく誤解する習癖があつた。熱心の度合いの不足に対しても、ややもすれば憤怒する性質の人であつた。私との相談もシツクリ吻合(ふんごう)しんたかつたため、栃鎮先生、例の性癖を起して大に私を攻撃し、全省に轟き渡る大声を発して私を罵った。外務省は他の役所と違つて、外交官の出入するところであるから、比較的礼儀作法が正しい。省内で怒罵する声を聞くことはなかつたらう。しかるに田中君が非常な大声で吠吼(はいこう)した。多分我が外務省創設以来の出来事であつたらう。

尾崎行雄『近代怪傑録』中公クラシックス

 さすが栃鎮先生。やつたぜ(やったぜ)。

人物断片

田中正造の奇言奇行

 田中君と私は比較的仲の好い方ではあつたが、ときどき衝突した。あるとき何かの事で私が田中君に賛成しなかつたために、大に怒つてその日の宴会では、必ず尾崎を殴ると声言して臨んで来た。私は殴られたら、彼が終生忘れることの出来ない痕跡を与へて置かうと考へた。悪い考へではあるが、当時は全くさう考へた。「尾崎のために不具者にされた」といひ得る事は、彼に取りては多少の名誉だらうとも妄想した。半風子(しらみ)以上の勲章になるだらうとも考へた。さてその方法はといふと、殴合ひではとても勝てない。故に彼が殴り掛けたら、直ちに田中の眼を潰して不具者にしてやらうと思つたのである。眼ならば指一本で潰すことが出来ると、自分は確信して居つた。

尾崎行雄『近代怪傑録』中公クラシックス

 尾崎行雄は一子相伝の暗殺拳を知つているのかしら。指一本で十分渡り合える人もいるのです。

人物断片

田中正造の奇言奇行

果然宴正に酣(たけなわ)ならんとするころ、彼は酒気を帯びて私の前にやつて来た。頗る不穏の顔色である。直ぐにも殴りかゝりさうに見えたが、手を出さない。彼もなか\/の慧眼家である。私の決心を、私の顔色で看破したに違ひない。殴りさうな姿勢は示したが、容易に打つて掛からなかつた。そのとき隣席に居つた守屋此助(もりやこのすけ)君が一言田中君に話掛けた。怒るべき言葉ではなかつた。普通の挨拶であつた。ところが「この野郎」といひざま守屋君を殴つた。守屋君は、何の事か一切分らずビツクリしてゐた。そのはずでもある。元来私を殴るために来たのだが、都合がわるかつたから代理として隣席の人を殴つたといふに過ぎなかつたのだ。かういふ風で、乱暴ではあつたが、なか\/機敏な性質で、相手が本気になるときには殴る積りでも殴らずに止めることもあつた。

尾崎行雄『近代怪傑録』中公クラシックス

人物断片

田中正造の奇言奇行

 右の一小事を記するにあたり、某雑誌は、私が決死の覚悟を以て臨席し云々と大層誇張して書いたが、コンナ事に決死の覚悟などが出来るはずのものではない。たゞ当時の私は、年少気鋭にして、自分だけでは天下の大人物を以て任じてゐた。特に私の身体は随分危険な場所に出入したが、未だかつて傷つけられた事も殴られた事もない。父母の慈手にすら打たれた事のないこの身体だ。正造輩に殴られてタマルものかといふのが私の意気であつた。しかし先方が殴る決心なら仕方がないから、終身忘れる事の出来ない記念物をかれに与へて置かうと思つたゞけの事である。

尾崎行雄『近代怪傑録』中公クラシックス

人物断片

田中正造の奇言奇行

 この人の演説は後には随分有名なものとなつたが、なか\/に奇言奇行の多い人であつて、その演説中にも奇想天外とも言ふべき言葉を、とき\゜/使つた。のみならず毎日々々その草稿を訂正して、少しでも良くするやうに注意を怠らなかつた。誠に感心な人であつた。

尾崎行雄『近代怪傑録』中公クラシックス
近代快傑録 (中公クラシックス)

近代快傑録 (中公クラシックス)

2009-01-15

[][][]その闇と、その光~~猪野健治『山口組概論』ちくま新書 19:34 はてなブックマーク - その闇と、その光~~猪野健治『山口組概論』ちくま新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 勉強になりました。すぐそばにありながら、別世界のような話にも思えます。

山口組概論―最強組織はなぜ成立したのか (ちくま新書)

山口組概論―最強組織はなぜ成立したのか (ちくま新書)

2008-07-06

[][][]傷つきやすくて小心で~~高島俊男『天下之記者』文春新書 21:50 はてなブックマーク - 傷つきやすくて小心で~~高島俊男『天下之記者』文春新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

副題「「奇人」山田一郎とその時代」

 東京開成学校を卒業した当代随一の俊才で、早稲田の草創期からかかわり、晩年には落魄して病死した山田一郎の伝記。「漱石の夏やすみ」につづく高島先生の明治知的エリート四方山話。

 

「奇人」山田一郎とその時代 天下之記者 (文春新書)

「奇人」山田一郎とその時代 天下之記者 (文春新書)

 東京大学が東京大学になるまでには、紆余曲折がありました。遡上すれば江戸幕府の「蕃書調所」にはじまる洋学最高研究機関の系譜を知らずして、明治知識人の有様を知ることは困難なのですが、当然東京専門学校やら慶応義塾のことだって同じです。誰かまとめてくださらないのでしょうかねえ*1。(当然、高島先生にまとめてもらいたいという期待が含まれています。)

 とりあえず、東大の前身「開成学校」で仲よしだった連中が小野梓のよしみを通じて立憲改進党に参加し、早稲田大学創立に関わるのですが、中の一人山田一郎は政治の術数についていけずに裏切りを許せず政治から身を引き、学校を去り、さりとて友人の庇護のもとで生きるにも堪えられずに地方紙の寄稿で日を送り、病死するという顛末。

 高島先生相変わらず面白いですなあ。もとは1996~1997年に文芸春秋社の「ノーサイド」「文學界」連載だということですので、新作に期待。

*1:東京大学に限っても昭和初年の『東京帝国大学五十年史』と五十年の『東京大学百年史』ですでに観点の相違が大きいらしいです。上掲書第三章「東京大学前史」参照