蜀犬 日に吠ゆ

2013-03-11

[][][][]祖殷帝の宝剣~~『列子』新書漢文大系 明治書院 12:50 はてなブックマーク - 祖殷帝の宝剣~~『列子』新書漢文大系 明治書院 - 蜀犬 日に吠ゆ

 衛国の孔周が所持している三口(みふり)の聖剣。そして父と子の、復讐の物語。

 はじまり(第一段)。

湯問篇

4 来丹の仇討ち(湯問第五・第十六章)

第一段

「本文」

 魏の黒卵、暱嫌(じっけん)を以て丘邴章(きゅうへいしょう)を殺す。丘邴章の子来丹、父の讎(あだ)を報ぜんことを謀る。

『列子』新書漢文大系 明治書院

4 来丹の仇討ち(湯問第五・第十六章)

第一段

「解釈」

 魏の黒卵という男は、私怨でもって丘邴章を殺してしまった。丘邴章の子の来丹は親のかたきを討とうと計画を立てた。

湯問篇『列子』新書漢文大系 明治書院

4 来丹の仇討ち(湯問第五・第十六章)

第一段

「背景」

 「暱嫌(じっけん)」については、張湛の注に「暱嫌、私恨」とあり、個人的な恨みのこと。

『列子』新書漢文大系 明治書院

 ところが、来丹は「外形はひどく弱々しく、飯粒を勘定して食べ、風の吹くのに連れて小走りに走るといった有様」。一方で黒卵の方はというと、「とび抜けて荒々しい心の持ち主で、腕力は百人に対抗できるほど」。「筋肉から骨格、皮膚・肉づきまで、人並みのものではなかった。首根をさし延べて刀を受け、胸を広げて矢を受け止めると、切っ先の方が砕けても、からだの方には傷跡もつかない。」ほんとうかなあ。中華お得意の陰陽論とはいえ、極端同士すぎる。ゴリアテゴリアト)にしても重い鎧を着けていたから弓矢を恐れないわけで、生身で刃を跳ね返すってのは常人の域を超えています。本分も「筋骨皮肉、人の類に非ず」。

 

 来丹の友だちの申他が心配して尋ねてきます。

4 来丹の仇討ち(湯問第五・第十六章)

第二段

 「本文」

 申他曰く、吾聞く、衛の孔周、其の祖殷帝の宝剣を得たり。一童子之を服すれば、三郡の衆を卻(しりぞ)くと。奚(なん)ぞ請わざる、と。

「解釈」

 申他が言うには、「私は次のようなことを耳にしている。それは、衛の国に孔周という人物がいて、その先祖は、殷の天子が使用した、りっぱな剣を手に入れた。この剣は、一人の小僧っ子が身につけても、大軍勢を撃退することができるとのことである。どうしてそれを頼まないのか」とのことであった。

『列子』新書漢文大系 明治書院

 探索の旅がはじまる。

列子 (新書漢文大系 24)

列子 (新書漢文大系 24)

2011-05-25

[][][][]生き恥をさらす 19:35 はてなブックマーク - 生き恥をさらす - 蜀犬 日に吠ゆ

 議事録のない会議で物事が決まっていてはいけない。歴史の法廷に、私たちは立たなければならない。

襄公二十五年 548 B.C.

 大史が「崔杼、其ノ君ヲ弑ス」と記録したので、崔子はこれを殺した。大史の弟は引き継いで同じことを記録し、死者が二人ふえたが、その弟が(四番目に)さらに同じく記録したので、(崔杼は)そのままにした。大史兄弟が全員殺されたと聞いた南史氏は、(「崔杼、其ノ君ヲ弑ス」と記した)簡策を手にして朝廷に出かけたが、すでに(その通りに)記録されたと聞いて引き返した。

小倉芳彦訳『春秋左氏伝』中 岩波文庫

 まあ私も現在大無職ですから言いたい放題云えるのかもしれませんけれども。建前というのはけっこう大切だと、儒教の立場から思うのです。

春秋左氏伝〈中〉 (岩波文庫)

春秋左氏伝〈中〉 (岩波文庫)

2009-08-10

アギナルド

[][]宮城谷昌光『孟嘗君と戦国時代』中公新書 21:44 はてなブックマーク - 宮城谷昌光『孟嘗君と戦国時代』中公新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 オビ(orハカマ)に「孟嘗君そのものが戦国時代なのである」と、宮城谷先生の満面の笑みとともに紹介されていたのでジャケット買い。

孟嘗君と戦国時代 (中公新書)

孟嘗君と戦国時代 (中公新書)

 つまり、「孟嘗君が分かれば戦国時代が分かる!」みたいな、お手軽戦国参考書? なのでしょうか?

 と、思って買ったら最後の第七章・第八章しか孟嘗君が出てきません。あとはずっと戦国時代の話。だからつまり、書名はまさにその通りなのですが、アオリがひどいなあ。と、思いましたが、「孟嘗君そのもの…」は「はじめに」文中の引用なので、そういう意味でも、別に嘘偽りはないわけで、だからつまり、アオリがうまいなあ。

目次
  • はじめに ⅰ
  • 第一章 戦国時代と四君 1
    1. 函谷鉾の孟嘗君 3
    2. 春秋と戦国の違い 5
    3. 戦国時代の諸侯 9
    4. 魏の文侯と戦国四君 17
  • 第二章 斉国と臨淄 25
    1. 営丘と臨淄 27
    2. 桓公と管仲の偉業 30
    3. 陳(田)氏の台頭 35
    4. 姜斉の終わり 42
  • 第三章 威王の時代 45
    1. 威王の即位 47
    2. 黄帝の出現 52
    3. 威王と恵王の宝問答 57
    4. 諸侯から王へ 65
  • 第四章 斉の二大戦争 69
    1. 鄒忌と田忌 71
    2. 孫臏の兵法 76
    3. 桂陵の戦い 83
    4. 馬陵の戦い 87
  • 第五章 孟嘗君の誕生と父 靖郭君 91
    1. 威王と靖郭君田嬰 93
    2. 田嬰の功績 98
    3. 海大魚 104
    4. 五月生まれのわざわい 108
  • 第六章 稷下のにぎわい
    1. 諸子百家 115
    2. 儒家と墨家 119
    3. 道家と法家 124
    4. 名家と縦横家その他 128
  • 第七章 孟嘗君の活躍 139
    1. 孟嘗君の知恵 141
    2. 食客数千人 145
    3. 垂沙の役 149
    4. 武霊王の陰謀 154
  • 第八章 孟嘗君と斉国の命運 159
    1. 孟嘗君秦へゆく 161
    2. 鶏鳴狗盗 165
    3. 孟嘗君の報復 170
    4. 晩年の孟嘗君 174
  • 系図 180
  • 本書関連年表 186