蜀犬 日に吠ゆ

2009-09-11

[][][][]述而第七を読む(その25) 22:36 はてなブックマーク - 述而第七を読む(その25) - 蜀犬 日に吠ゆ

君子は坦として蕩蕩たり

 述而第七(148~184)

183 子曰。君子坦蕩蕩。小人長戚戚。

(訓)子曰く、君子は坦として蕩蕩たり、小人は長く悵として戚戚たり。

(新)子曰く、諸君は無欲でのんびりしていてもらいたいものだ。欲求不満でくよくよしてほしくない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 いつものように、擬態語の意味は未詳ですが、解釈に揺れは無いようですね。

 「長」はふつう「とこしえに」とよんで、「いつまでも(くよくよする)」と取りますが、宮崎先生の解釈は「悵」。

 長を文字通りに長くと読んでは、上の句の坦と対をなさない。長は悵と同音なので、仮借に用いたに違いない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 間違いない。


子は温にして厲

 述而第七(148~184)

184 子温而厲。威而不猛。恭而安。

(訓)子は温(おだ)やかにして厲(はげ)しく、威ありて猛(たけ)からず、恭にして安し。

(新)孔子は柔和であると同時に激しい気性を持ち、威厳があるが恐ろしい感じがなく、丁寧を極めながらゆとりがあった。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 これも中庸の徳

 温厚だからといっても甘えを許さない厳しさがあり、厳しく威厳があるといっても人を恐れさせるようではなく、礼儀正しいからこちらも恐縮するかといえば客に気づかいをさせない安心感があった。安らかで温厚だとはいえ……、と、意味としてはつながっていますね。



 以上で、学問を志す者が尊ぶ『論語』上論、孔子が自ら謙遜して、人に教訓した辞や、孔子の容貌や行為等を記した「述而」という第七章は終わる。

2009-09-10

かってに改蔵

[][][][]述而第七を読む(その24) 22:36 はてなブックマーク - 述而第七を読む(その24) - 蜀犬 日に吠ゆ

其の不遜よりは

 述而第七(148~184)

182 子曰。奢則不孫。倹則固。与其不孫也。寧固。

(訓)子曰く、奢なれば不遜、倹なれば固し。其の不遜よりは寧ろ固かれ。

(新)子曰く、奢侈は傲慢に通じ、倹約は頑固に通ずる。傲慢であるよりは、頑固の方がまだましだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 孔子の教えはこういう、一長一短を選択する実行力に重きを置くところに特徴があります。一見よいとされていることにも悪い面がある。潔癖になって悪い面をさけるなら、結局なにもしないのが一番、人類なんて一度滅んでしまえばよい、という極端に走ってしまうのが若気の至り。中庸の美徳を重んじる孔子教団は、その、人間の存在や行為の不完全であるという現実を受けいれた上でよりよく生きる方策を探るわけです。

2009-09-07

[][][][]述而第七を読む(その23) 23:48 はてなブックマーク - 述而第七を読む(その23) - 蜀犬 日に吠ゆ

丘の禱るや久し

 述而第七(148~184)

181 子疾病。子路請禱。子曰。有諸。子路対曰。有之。誄曰。禱爾上下神祇。子曰。丘之禱久矣。

(訓)子、疾(やま)い病(へい)す。子路、禱(いの)らんと請う。子曰く、これありや。子路、対えて曰く、これあり。誄(るい)に曰う、上下の神祇に禱爾す、と。子曰く、丘の禱るや久し。

(新)孔子が病気にかかって重くなった。子路が祈禱を行いたい、と願った。子曰く、何か先例があるかね。子路、対えて曰く、ありますとも。古い誄の篇に、上下の神祇に禱る、と見えています。子曰く、そういう意味でならば、私は自分でずっと前から禱っているのだ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 ここは子路ではなくて、本当は子貢の出番でしょう。「そうだ、先生にこの薬を……」薬の名前ど忘れ。


 もちろん誄(るい)とは何なのか、つまびらかではありません。お祈りの文句が載っている文献であろうとされますが、何故かというとこの章句から類推されるわけであります。


「先生、お願いがあります」

 子路は孔子の枕元に近づくと、息をはずませていった。

「なんじゃな」

 孔子は、今まで閉じていた目をかすかに見開いた。

「お禱り致したいのです。先生のご病気ご平癒のお禱りが致したいのです」

「だしぬけに何をいうのじゃ。先王の道には、、そのおうなお禱りはないはずじゃ」

「あります。あります。現に先生がご編纂になりました周礼の中にもそれがあります。誄の言葉です。『爾を天地の神祇(しおんぎ)に禱る』とあります」

 子路は、彼の持っていた本を急いでめくって、孔子に示した。

 孔子は微笑した。しかし、そのまま静かに目をとじてなんとも答えなかった。

「先生!」

 と、子路は少しせきこんでいった。

「実は先生のお叱りをうけるのを承知で、こっそり私だけでお禱りをする決心をしていたのです。ところがお禱りの方法がわかりませんので、先刻からちょっとお暇をいただいて、それを調べておりますうちに、今の言葉が見つかったのです。古の道にもそれがあります以上、なにも先生に秘密でお禱りする必要もないかと存じまして、あらためてお願いに出たのです。先生、どうかお禱りをさせてください。先生のために、われわれ門人のために、そして世界中の人のために。」

下村湖人『論語物語』講談社学術文庫

 下村孔子の魅力は「じゃ」口調。単行本が昭和十三年であったことを考えると、當然「ぢゃ」だったことでしょう。それでいて「おいのり」「おいのり」と受け答えするのがおもしろい。

 ここでは、子路は周礼を用意してそのなかに誄篇があることになっています。それはいいのですが、めくったりページを指ししめしたり、とても竹簡とは思えないあつかいです。和綴じ本なのではないか。

 孔子は大きく目を見開いた。その目は病人の目とは思われないほど強い力に輝いていた。彼は子路の顔をしばらくじっと見つめた。そしていった。

「わしは、お前に禱ってもらわなくとも、わし自身で禱っているのじゃ」

「ご自身で?」

 と、子路は驚いて孔子の顔に自分の顔を近づけた。ほかの門人たちも怪訝な顔をして孔子の目をのぞきこんだ。

「そうじゃ、もう何十年もつづけざまに禱っているのじゃ」

「何十年も?」

「わからぬかな、わしがこれまで禱りつづけて来たのが?」

 門人たちは顔を見合わせるだけだった。孔子は嘆息するように深い息をして目を閉じた。

下村湖人『論語物語』講談社学術文庫

 察しの悪い弟子たち。嘆息するように、ではなくて本当に嘆息であった可能性も高いと思います。

しばらく沈黙がつづいたあと、孔子は目を閉じたままさらにたずねた。

「禱るというのは、そもそも何をすることじゃな」

「それは神々に自分の願いを……」

 孔子は子路のことばをさえぎるように、ふたたび大きく目を見開いた。

「願い? ふむ、その願いというのは?」

「…………」

 子路は、自分の考えどおりの答えをするのに躊躇した。それは、孔子の言葉の奥になにかしら深いものがあるのを、やっと彼も気がつき出したからであった。

 孔子はいった。

 「その願いというのは、私情、私欲から出たものではあってはならないはずじゃ。むしろ私情私欲に打ち克って天地神明の心にかなおうとする願い、そうした至純な願いに生きることこそ、まことの禱りというものじゃ。そうではないかな。」

 子路は石像のようにうなだれて立っていた。

「念のためにいっておくが、わしはけっして天地の神々を否定もしていなければ軽んじてもいない。神々を崇めていればこそ、その御心にかなうために、今日までたゆまず身を修めてきたのじゃ。禱りに禱りぬいたのが私の一生であったと思ってくれ。お前のその本に書いてある誄の言葉も、そのような意味に解してこそ、深い味わいが出るものじゃ。」

下村湖人『論語物語』講談社学術文庫

 と、子路が怒られる、と。

2009-09-06

[][][][]述而第七を読む(その22) 20:59 はてなブックマーク - 述而第七を読む(その22) - 蜀犬 日に吠ゆ

為して厭わず、人に誨えて倦まざる

 述而第七(148~184)

180 子曰。若聖与仁。則吾豈敢。抑為不厭。誨人不倦。則可謂云爾已矣。公西華曰。正唯。弟子不能学也。

(訓)子曰く、聖と仁との若きは、吾れ豈に敢てせんや。抑もこれを為(まね)して厭わず、人に誨えて倦まざるは、則ち云爾(しかり)と謂うべきのみ。公西華曰く、正に唯(しかり)、弟子、学ぶ能わざるなり。

(新)子曰く、超人的な聖人、最高の人格の仁者には私は到底及びもつかぬ。しかしながらそれを理想として学んで厭わず、それを人に教えて怠らぬのは、肯定してもよかろうかと思う。公西華曰く、確かにその通りで、我等弟子どもには真似のできぬ点です。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 こら! 公西華! そこは、及ばないまでも真似するのみですと返すところでしょうが!


 子貢による感想は『孟子』公孫丑章句上 にあります。

昔者(むかし)子貢孔子に問いて、夫子は聖なるかといえるとき、孔子は聖は則ち吾能わず、我は学びて厭わず、教えて倦まざる(のみ)と曰(のた)まえり。子貢(之をきき)学びて厭わざるは智なり、教えて倦まざるは仁なり。仁にして且つ智ならば、夫子は既に聖なりといえりとぞ。

小林勝人『孟子』上 岩波文庫

 聖人の道である、としてしまってはたしかに真似できない境地でしょうけれども、厭わず倦まずというのは本人の心の持ちようですから、「仁は遠からず」としてもらいたいものです。

2009-09-05

[][][][]述而第七を読む(その21) 20:59 はてなブックマーク - 述而第七を読む(その21) - 蜀犬 日に吠ゆ

文莫は吾れ猶お人のごとき

 述而第七(148~184)

179 子曰。文莫吾猶人也。躬行君子。則吾未之有得。

(訓)子曰く、文莫(ぶんぼ)は吾れ猶お人のごときなり。君子を躬行(きゅうこう)することは、吾れ未だこれを得ることあらず。

(新)子曰く、努力の点では私もこれまで人なみにしてきた。しかし教養人さながらに振舞うところまでは、なかなかまだ至っていない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 これも、自分の中で完結できることはできても、他者が介在することの難しさを説明したものでしょう。

 仁は遠くの理想ではないよ、とかあきらめたら、負けだよなどと弟子たちに教えていますが、自分の姿を振り返っても同じであるということでしょう。

2009-09-03

[][][][]述而第七を読む(その20) 20:59 はてなブックマーク - 述而第七を読む(その20) - 蜀犬 日に吠ゆ

君子は党せず

 述而第七(148~184)

177 陳司敗問。昭公知礼乎。孔子曰。知礼。孔子退。揖巫馬期而進之曰。吾聞君子不党。君子亦党乎。君取於呉。為同姓。謂之呉孟子。君而知礼。孰不知礼。巫馬期以告。子曰。丘也幸。苟有過。人必知之。

(訓)陳の司敗問う。昭公は礼を知るか。孔子曰く、礼を知る。孔子退く。巫馬期に揖してこれを進めて曰く、吾れ聞く、君子は党せず、と。君子も亦た党するか。君は呉より娶り同姓たり。これを呉孟子と謂えり。君にして礼を知らば、孰(た)れか礼を知らざらん。巫馬期、以て告ぐ。子曰く、丘や幸なり。苟(いやし)くも過ちあれば、人必ずこれを知らしむ。

(新)陳の国の司敗が孔子に質問した、魯の昭公は礼を知る人ですか、孔子が対えて曰く、礼を知る人です。孔子が退出した。司敗が巫馬期に笏(しゃく)で合図をして近くへ呼びよせて曰く、私は、教養の高い君子というものは、仲間賞めをしない、と聞いていたが、貴方がたのような君子連でも仲間賞めをするのでしょうか。魯君は呉の国から夫人を迎えたが両国は同姓の間柄です。従って夫人は普通なら孟姫というところを、姫の字を避けて呉孟子とよんでいるといいます。魯君が礼を知る人であったなら、いったいこの世に礼を知らぬ人がいるでしょうか。巫馬期がこの話を孔子に告げた。子曰く、私は仕合せにも、過失があった時には、きっと人がそれを知らせてくれる。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 司敗とは司寇のことで、陳や楚での官名。

孔子は、昭公が、同姓の婦人を娶ったという非礼をもとより充分承知していたが、祖国の君主の恥じをかくすために、わざと、「礼を知る」とこたえたのであり、この心づかいを知らない陳の司敗が、あげ足とりをしたのに対し、「丘や幸なり」云云と、含蓄ある言葉を吐いたとする。私も、それでよいと思うが、仁斎だけは、聖人にも、過失はないわけではないとし、はじめの「礼を知れり」は、うっかり不注意にこたえた言葉だとする。

吉川幸次郎『論語』上 朝日選書

 孔子の崇拝者はこういうのも取り繕わなければならないのでたいへんですね。聖人崇拝というのは。

 孔子が退出した途端に巫馬期を近う寄らせたわけですから、ここは司敗がはじめから揚げ足を取るつもりで質問したと考えた方がよいのではないでしょうか。孔子も、主君をけなすか身内をかばうか、どちらにしても失言とされてしまうのであれば、君主の陰口をいうような行いの方をより強く嫌ったということではないでしょうか。

 子路第十三

 葉公が孔子に話した、「わたしどもの村には正直者の躬という男がいて、自分の父親が羊をごまかしたときに、むすこがそれを知らせました。」孔子はいわれた、「わたしどもの村の正直者はそれとは違います。父は子のために隠し、子は父のために隠します。正直さはそこに自然にそなわるものですよ。」

金谷治『論語』岩波文庫

 そうして、批判もなにもすべて自分で受けとめる。これが直(自分の気持ちに正直)というものではないでしょうか。


人と歌って善しとすれば

 述而第七(148~184)

178 子与人歌而善。必使反之。而後和之。

(訓)子、人と歌って善しとすれば、必ずこれを反(かえ)せしめ、而る後、之に和す。

(新)孔子は人が歌うのを聞いてその歌が気にいると、必ずそれをひとりで繰返し歌わせ、次に一しょになってこれを歌うを常とした。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 音楽は、調和の芸術なので、一緒に歌うことに価値があります。だから一度聞かせてもらったら、一緒に練習したのでしょう。不慣れで上手に歌えなくとも、弟子たちの前でそれを隠すことなく、いい歌はいいとする、これが直というものではないでしょうか。