蜀犬 日に吠ゆ

2009-05-30

[][][][]里仁第四を読む(その15) 21:02 はてなブックマーク - 里仁第四を読む(その15) - 蜀犬 日に吠ゆ

徳は孤ならず

 里仁第四(67~92)

91 子曰。徳不孤。必有鄰。

(訓)子曰く、徳は孤ならず、必ず鄰あり。

(新)子曰く、修養に心がければ、匿れてやっていても、必ず仲間ができてくる。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 意味は現代的に見ても明瞭なのですが、この言葉がいつのものであるかによって、意味あいは大きく変わりますよね。

 20代の、魯に仕官して委吏、乗田などであったころであれば、青雲の志で「徳と共にあり」という気概がうかがえる言葉になります。

 50代前半となり、大司寇となっていたころなら、「私の徳も、こうして魯公に認められたのだ。諸君も私を見習ってほしい」という、やな感じの言葉でしょう。

 50代後半からの流浪の頃であれば、「待つのだ。理解者はきっと現れる」という自分や弟子を励ます言葉のように聞こえます。

 70代、晩年。己の人生をふりかえってみて、多くの人びとに助けられたという感慨とともに弟子にこうした言葉を告げたという可能性が高いでしょうか。一以て之を貫いてきた孔子にとって、そうした隣人の存在が彼の生き方に自信をもたせてくれたことでしょう。


君に事えて数すれば

 里仁第四(67~92)

92 子游曰。事君数。斯辱矣。朋友数。斯疏矣。

(訓)子游曰く、君に事(つか)えて数(しばしば)すれば、斯(ここ)に辱められ、朋友に数すれば、斯に疏(うと)んぜらる。

(新)子游曰く、君に仕えてしつこくしすぎると、腹を立てられる。朋友に対してしつこくしすぎると、嫌われる。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 「数」を「事を急く」として「すぐになれなれしくすると」の意味にとるのが何晏の「集解」、「しばしば」で「しつこく」とする解釈は朱子の「集注」による、と加地先生のところに示してあります。なにごとも、程度問題。

2009-05-29

[][][][]里仁第四を読む(その1422:13 はてなブックマーク - 里仁第四を読む(その14) - 蜀犬 日に吠ゆ

君子は言を訥にして

 里仁第四(67~92)

90 子曰。君子欲訥於言。 而敏於行。

(訓)子曰く、君子は言に訥にして、行いに敏ならんことを欲す。

(新)子曰く、諸君は口数を少なくし、実行は人に先がけてやってほしい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 前章からたたみかけてこの言葉。口舌の徒は世の中を善くしないこと、本当だと思います。もちろん、言葉の持つ力というものもあります。言葉が出来ることもたくさんあるのは、教育を行い歴史を編纂した孔子にはよく分かっていたことでしょう。

 子路第十三 でこうした話の総括がありますよね。

329 子曰。剛毅木訥。近仁。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 逆に、言葉を至上のものとした諸子百家もいたような気が。

JOHN 1

 言が肉となった

1 In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God.

1 初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。


2 He was in the beginning with God.

2 この言は、初めに神と共にあった。


3 All things were made through Him, and without Him nothing was made that was made.

3 万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。


4 In Him was life, and the life was the light of men.

4 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

 中略

JOHN 1

 言が肉となった

10 He was in the world, and the world was made through Him, and the world did not know Him.

10 言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。


11 He came to His own, and His own did not know Him.

11 言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。


12 But as many as received Him, to them He gave the right to become children of God, to those who believe in His name:

12 しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。


13 who were born, not of blood, not of the will of the flesh, not of the will of man, but of God.

13 この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである。


14 And the Word became flesh and dwelt among us, and we beheld His glory, the glory as of the only begotten of the Father, full of grace and truth.

14 言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。私たちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理に満ちていた。

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

 どちらがどうとか比べる力量は、私にはありません。

 「まだありません」とか、言ってみたいのですがね。

2009-05-28

[][][][]里仁第四を読む(その13) 21:40 はてなブックマーク - 里仁第四を読む(その13) - 蜀犬 日に吠ゆ

父母の年は

 里仁第四(67~92)

87 子曰。父母之年。不可不知也。一則以喜。一則以懼。

(訓)子曰く、父母の年は知らざるべからざるなり。一には以て喜び、一には以て懼(おそ)る。

(新)子曰く、父母の年はいつも念頭になければならぬ。一にはその長寿を喜び、一にはその老衰を懸念する。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 親と言わず家族の安否くらいは気遣えるのがまっとうな人間の仕業なのでしょうけれども、特に親の年は、「知らないではすまされない」ということです。「孝」を尽くすにも、相手の年齢なりの接し方というものがおそらくあるのでしょう。宮崎先生が老衰と解釈するように、親は衰え、子は盛んになります。そのときどきで善い関係を築くためにも、親の年齢は把握しておくべきなのでしょう。

 前近代の中国は普通に男尊女卑なのですが、孔子はこういうとき「父母」と並べます。現代の人権感覚からの評価をするのは見当違いもいいところなのですが、バランス感覚に好感が持てますよね。前章「父之道」やその前の「事父母」、「父母在」など、きちんと使い分けられています。


古は、之を言わんとして出ださず。

 里仁第四(67~92)

88 子曰。古者。言之不出。恥躬之不逮也。

(訓)子曰く、古は、之を言わんとして出ださず。躬(みずから)の逮(およ)ばざるを恥ずればなり。

(新)子曰く、古語に、之を言わんとして出ださず、とあるのは、実行が言葉に及ばぬことを恥ずるという意味だ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 君子は、まず行えの精神を貴びます。Do It Yourself。よいのかどうかはその行為の結果で批評されるのであって、言葉ではありません。

 理想論や書生論と言った言い方がありますが、世を憂い時代を嘆くとき、だったらどんな理想社会を夢みているのか、そしてそれはどうやって実現してゆくのか、ということが念頭にないまま言葉を紡いでも無駄なんですよね。


 私のような職種の業界でよく言われることばに、「某職業は評論家になってはいけない*1」というのがあります。要資格の職業なのでみなさん最低限度の知識教養は身につけているわけですが、その頭を、「責任者捜し」だの「部外者への非難」に使ってしまってはいけないのですよね。現場で、いい仕事をするためにはどうしたらいいのか、そのことにこそ頭は使うべきなのです。自然、(言葉でまかなう職業なのに)言葉はいらなくなるのです。


 しかし、孔子先生が嘆くのも無理はなくて、「おまえは所轄官庁の大臣なのか?」とか、「そういうことを、出世してから言えたら偉いのにねえ。」というようなタテマエ論をかましたくなるのですよ。そしてかまして自己嫌悪に陥る自分。本当、情けないものがあります。


 こういう気分の時って、酒量が増えるんですよねえ。ますます情けない。


約を以て之を失う

 里仁第四(67~92)

89 子曰。以約失之者鮮矣。

(訓)子曰く、約を以て之を失う者は鮮(すく)なし。

(新)子曰く、逆境におかれたために大失敗することは滅多にない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 宮崎先生、なんの説明もありませんが、この解釈、日本語として意味がとりにくいですよ?


 金谷先生の解釈

 先生がいわれた、「つつましくしていて失敗するような人は、ほとんど無い。」

金谷治『論語』岩波文庫

 のほうが分かります。宮崎先生、なぜに「約」が「逆境」になるのでしょう。典拠もかいてほしかったです。


 加地先生も超訳気味。

 老先生の教え。貧困(約)ならば、それ以上、もう失うものはない。(根性がすわっておれば、あとは逆に上昇することとなる。)

加地伸行『論語』講談社学術文庫

 こちらはしかしまあ分からないでもないですね。「だから倹約しろよ」という教条的セリフよりも、「貧乏? 大チャンスじゃないか!」というような、「利を見ては義を思う」の逆で「不利を見ても義を思う」というか、「貧乏が怖いなら、正義など語るな」という反骨精神がいかにも孔夫子らしい。

*1:評論家を馬鹿にしているとかそういうのではありません。役割が違うのです。

2009-05-24

[][][][]里仁第四を読む(その12) 16:59 はてなブックマーク - 里仁第四を読む(その12) - 蜀犬 日に吠ゆ

父母に事うるには

 里仁第四(67~92)

84 子曰。事父母幾諫。見志不従。又敬不違。労而不怨。

(訓)子曰く、父母に事うるには幾諫す。志の従わざるを見ては、また敬して違わず。労して怨みず。

(新)子曰く、父母に意見するには遠まわしに言うものだ。言うことが聞きいれられなくても、そっとしておいて反抗するな。そのためいやな用事ができても不服そうな顔をするな。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 親とけんかしてもしゃあない、というきわめて現実的な話。意見が異なることもあろうがまあ仲良くやりなさい、という意味でしょうね。


父母在せば、遠くに遊ばず

 里仁第四(67~92)

85 子曰。父母在。不遠遊。遊必有方。

(訓)子曰く、父母在(いま)せば、遠くに遊ばず。遊ぶには必ず方あり。

(新)子曰く、父母の存命中は、用もないのに遠出はしない。出歩く時にはいつも行先をつげる。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

この場合の遠遊も恐らく遊山に出かける位の意味で、大旅行の意味ではあるまい。だからもし用事があれば、どんなに遠くへ旅に出てもかまわない。民国初年の思想革命時期に、孔子思想の封建制が攻撃の的となり、父母在不遠遊では外国へ留学も出来ない、などと非難されたが、これは恐らくあまりに考えすぎたのであろう。現に孔子に従って諸国を彷徨(さまよ)った弟子たちの中には、なおその父母が在世中であった者もいたに違いない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 という宮崎先生の解釈なので、「用もないのに」という部分が追加されるわけです。

 前章84につづくという意味では、「親に心配をかけるものではない」くらいの発言ではあると思います。


三年、父の道を改むるなきは

 里仁第四(67~92)

86 子曰。三年無改於父之道。可謂孝矣。

(訓)子曰く、三年、父の道を改むるなきは、孝と謂うべし。

(新)子曰く、(喪に服する)三年間は父が行ってきたレールを守って改めない。それができたら孝といってよい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 これはちょっと封建主義の常識が現代に通用しない部分かもしれませんね。職業の世襲が普通だった時代には「父之道」を受け継ぐか、それを無視するのかが即物的な技術の話になったでしょうけれども、サラリーマン家庭の子がサラリーマンになっても、父と同じような仕事をするとは限らないわけで。

 いまは「生き様」とか「人生哲学」のようなものを受け継ぐ話になるのでしょうか。

 ちなみに、学而篇「三年無改」と内容はほぼ同じ。

2009-05-23

のび太と多目くん

[][][][]里仁第四を読む(その11) 20:47 はてなブックマーク - 里仁第四を読む(その11) - 蜀犬 日に吠ゆ

賢を見ては斉しからんことを

 里仁第四(67~92)

83 子曰。見賢思斉焉。見不賢而内自省也。

(訓)子曰く、賢を見ては斉しからんことを思い、不賢を見ては内に自ら省みるなり。

(新)子曰く、えらい人間を見たなら、付きあって見習うがよい。悪いやつを見た時は、わがふりを正せ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 人間というのはどうしても比べたがってしまうものですが、どうせなら、自らを高める気持ちをつねにもたなければなりませんね。

 特に気をつけなければならないのは、自分より劣る人に対してつい口出ししたくなる気持ちを抑えること。

孟子〈下〉 (岩波文庫)

孟子〈下〉 (岩波文庫)

離婁章句上

二三


 孟子曰、人之患、在好爲人師、


 孟子曰く、人の患(うれい)は、好んで人の師となるにあり。


 孟子がいわれた。「世間の人の悪い癖は、(それほどでもないのに)とかく他人(ひと)の先生になりたがることだ。」

小林勝人訳注『孟子』下 岩波文庫

 つまらない自尊心を満足させるのではなく、向上心と自省の気持ちが大切。

2009-05-22

[][][][]里仁第四を読む(その10) 23:25 はてなブックマーク - 里仁第四を読む(その10) - 蜀犬 日に吠ゆ

君子は義に喩り

 里仁第四(67~92)

82 子曰。君子喩於義。小人喩於利。

(訓)子曰く、君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩る。

(新)子曰く、諸君は正義に敏感であってほしい。利益には鈍感な方がよい。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 加地先生の解釈は、ちょっとおもしろい。

 老先生の教え。教養人は道理を理解し、知識人は損得を理解する。

加地伸行『論語』講談社学術文庫

 加地先生の特色は「小人」を「知によって動く人」とするところにあり、損得を理解できるのだから単なる駄目人間ではないだろうとするところです。多分そのことにいままで触れたことはなかったと思いますのでここに書いておきます。


 まあそれは擱くとして、この章は教育論でもあると思うのです。すなわち、天下国家を担う人材に対しては「義」を中心とした価値観で物事をおしえ、そうでない人たちには損得で説明したほうが伝わるよ、という話。「この資格は、もっておいて損はないよ」とか、そういうたぐいの話。


 私の考えとしては、結局君子も損得勘定で動いているといってもいいのではないかと思うのです。ただそれが、この世の生きとし生けるものの、過去現在未来の無限の「得」を求めているので、偏差値の低い人には損得勘定であることが認識できないだけで。逆に小人だって、いまこのときこの瞬間のおれの快楽が正義なんだ! と確信している可能性は高い。「義」と「利」は分けることが難しい概念化もしれませんが、それをどういう風に実現しようとするかによって、「君子」と「小人」は峻別されてしまいます。

 机上の空論ではなくて社会の安定と反映のために行動することの大切さを説くのが、儒教の特徴。