蜀犬 日に吠ゆ

2017-05-06

[][][][] 軽蔑すべき教師~~原田種成(たねしげ)『漢文のすすめ』新潮選書 21:00 はてなブックマーク -  軽蔑すべき教師~~原田種成(たねしげ)『漢文のすすめ』新潮選書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 原田種成(たねしげ)『漢文のすすめ』新潮選書を読んでいたら、唐突に東京高等師範出身の先生がdisrespectされていましたので、ここに書き留めておきます。

 昭和七年四月、大東文化学院高等科*1に在籍したときに諸橋『大漢和』の編集メンバーに誘われて、雑司ヶ谷の諸橋教授のお宅に通う。

 メンバーには大東文化学院が多く、のちに刊行されたある書物に、「文理大*2の学生を編纂助手として」とあるところからしてやり玉に挙がる。

第二章 諸橋『大漢和』編纂秘話

(略)「昭和八年からは杉並区天沼(あまぬま)に家を一軒借り、文理大の学生を編纂助手として能率向上をはかった」とあかれているが、「昭和八年」は「昭和十年」の誤り、「文理大の学生」は天沼の編纂所には一人もおらず、すべて大東文化の出身者と在学生だけであったことをついでながら明らかにしておこう。おそらく、高等師範の出身者は漢文の読解力が不足していたkら『大漢和』の原稿作成に関与することはとうていできなかったであろう。資料蒐集(しゅうしゅう)時代に大東文化の学生は『周礼』『儀礼』『公羊伝(くようでん)』や『漢書』『後漢書』等の白文の原書から語彙カードを採取していたのに対し、たとえば、高師の学生だったK氏は先生から少年漢文叢書の返り点送り仮名のついている『論語』『孟子』を与えられて、語彙カードを作った思い出を書いていた――それほどの差違があったのである。

 高師は国漢科であるから、国語と漢文の両方を学習し、しかも就職に有利だからと修身や習字の免許を取るための学習もしていたから、漢文の力はあまり伸びなかったのである。大東文化の学生は、旧制中学時代から漢文が好きで、白文が読める力を持って進学し、更に高度の漢文を専攻したのであるから『大漢和』に引用する原文を読解することができたのである。

原田種成『漢文のすすめ』新潮選書

 なんといいますか、対抗意識を感じる。高師や文理大の学生は当然教授である諸橋先生の教えを直接受けているわけで、「少年漢文叢書」の話を見るに先生が優しく接しているのに対して大東文化の側は腹に一物かかえることになったのでしょうか。

 閑話休題(それはさておき)、原田先生、卒業後もしばらく辞書編纂にかかりきり。ですが生活のためには就職も考えなければなりません。始め明治大学附属中学校につとめます。

第二章 諸橋『大漢和』編纂秘話

 私は将来もずっと教員をしていくならば、明治中学も決して悪くはないが、まず公立中学校へつとめたいと考え、諸橋先生に相談した。すると、先生からちょうど高等師範の教え児の本村伝吉氏が府立十二中の校長をしていて、漢文教師を探しているからと、先生の推薦で十七年一月三十一日、東京府立十二中学校の教諭となった。本村校長は高等教員の免許所持者を教員に集めていたのである。十二中学は間もなく千歳中学と校名変更になった。

(中略)

 そして、十八年の六月ごろ、橋本氏から連絡があった。応召で欠員ができたから群馬師範へ来ないかという。下谷の金杉で生まれ、根岸の小学校から神田の中学、そして九段の大東文化学院と、私は東京を離れて暮らしたことはなく、昭和十五年に水戸中学から学院を通じて招聘があったときも、東京を離れたくなかったので断ってしまったくらいだ。しかし、橋本氏は岳父の恩師であり、私はあれやこれや考えた末、東京を離れる決心をした。官立専門学校に昇格した「師範学校教授」とは歴とした高等官である。私は家族をつれて親類縁者の一人もいない前橋に移り住むことにした。

原田種成『漢文のすすめ』新潮選書

 というわけで転勤。その群馬の話も面白いのですが、今回は転勤の際の所感。


第二章 諸橋『大漢和』編纂秘話

 私の場合、内閣の発令が、いつになるかわからなかったが、千歳中学本村伝吉校長に正式に申し出たところ、校長は何を考えていたのか、私の学級担任も授業科目も全部はずして、図書の整理をしてくれと言う。

 私は赴任の前日まで、心残りのないように精魂籠(こ)めた授業をして中学を去ろうと思っていたのに、その願いは踏みにじられて悔しくてたまらなかった。本村校長は転任が決まった教師は、真面目な授業をしないものと持っていたらしい。彼自身がそのような教師であったのかもしれない。

 本村校長は東京高等師範学校の国漢科出身で、四十代の初めに校長になり、有能な校長と思われていたが、私はかねてよりその教育観に疑問を抱いていた。あるとき校長が漢文の授業を担当したことがあった。その試験の監督を私がしたとき、校長は生徒がやまをかけるから各ページから一字ずつ読み方を出題するのだといった。私はそれを聞いてあきれてしまった。

 私は試験というものは、その範囲の中で一番大切なところ、一生涯覚えておく価値のあるところを出題すべきであると考え、また、実際、私の出題はそれに徹していた。それが教育であると信じている。校長のやり方は、教育効果ということをまったく考えないものであった。私は校長を心の中で軽蔑していた。

 体躯は堂々として豪傑ぶっていたが、もらった葉書を見ると、小さい字で隅のほうにチョコチョコと書いているので、見かけとは違って肝っ玉の小さい人物だと思っていた。

 人を信頼することができない小心な言動にいやになり、彼が勝手に決めた図書の整理などもまったくする気がなかったから、学校へは足を向けず、発令になるまで編纂室に出て辞典の仕事を続けた。

原田種成『漢文のすすめ』新潮選書

 まあ、そりが合わなかったのだなあ、という印象。あと、気に入らないからと学校行かないという豪傑ぶりもどうなのでしょうね?

*1:いまの大東文化大学

*2:高等師範の付属大学(!)

2015-02-21

[][]スマートフォンにストラップを付けました 07:57 はてなブックマーク - スマートフォンにストラップを付けました - 蜀犬 日に吠ゆ

 1時間近くかかりました。それも、エナメル線を折り曲げ折り曲げ悪戦苦闘。スマートどころかとんでもなく泥くさい仕儀とあいなりました。

 1月晦日にスマートフォンに切り替えて、まあまあ1ヶ月が立ちましたが、いまだにこれがどういうものなのかわからないでおります。「豚に真珠」「猫に小判」といったところでしょうねえ。

2015-01-12

[][][]吉行淳之介『酔っぱらい読本』講談社文芸文庫 20:43 はてなブックマーク - 吉行淳之介『酔っぱらい読本』講談社文芸文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 三冊まとめて買ってきました。しばらくこれを読む予定。

2014-07-09

[][][]社交辞令『英文標準問題精講』旺文社 11:51 はてなブックマーク - 社交辞令『英文標準問題精講』旺文社 - 蜀犬 日に吠ゆ

50 Always, depating friends impolore us not to bother to come to the railway station next moraning. Always, we are deaf to these entreaties, knowing them to be not quite sincere. The departing friends would think it very odd of us if we took them at their word.

SIR MAX BEERBOHM, Seeing People Off『英文標準問題精講』旺文社

私訳

「いつでも、友達と別れるときは翌朝の駅にわざわざ来てくれなくてもよいとお願いしてくる。いつでも、私たちはそれに耳を貸さない、というのも、本気でないと思っているから。分かれてゆく友達は、私たちがかれの言葉を真に受けたなら、ずいぶん変なヤツだと思うことだろう。」

英文標準問題精講

英文標準問題精講

2014-07-08

[][][]名著『英文標準問題精講』旺文社 11:37 はてなブックマーク - 名著『英文標準問題精講』旺文社 - 蜀犬 日に吠ゆ

44 The test of a great book is whether we want to read it only once or more than once. Any really great book we want to read the second time even more than we wanted to read it the first time; and every additional time that we read it we find new meanings and new beauties in it.

LAFCADIO HEARN, On Reading『英文標準問題精講』旺文社

私訳

「偉大な本かどうかを試みるには、私たちがその本をいっぺんか、それとも何遍も読みたいかどうかだ。実際に名著という者は、私たちが初めて読んだのち、二度、もしくはそれ以上に読みたくなるものだ。そしてくり返しの読書において、私たちはその本から新しい意味合いや、新しい美点を見出すのである。」ラフカディオ・ハーン「読書について」

英文標準問題精講

英文標準問題精講

2014-03-23

[][][]フランクリン『フランクリン自伝』中公クラシックス 21:37 はてなブックマーク - フランクリン『フランクリン自伝』中公クラシックス - 蜀犬 日に吠ゆ

 自伝文学の傑作といえば、『フランクリン自伝』、『福翁自伝』。(どうか「ケッサク」といふことなかれ)

 自慢話が、ちっともイヤミでないところがすばらしい。傑物とは、こういうものですよね。

第六章 十三の徳目の樹立

 まことに、人間が生まれもった感情のなかで、”思いあがり”ほど抑えがたいものはたぶんないのではないか。思いあがりというものは、どんなに偽りかくそうとしても、組み打ちして、思うぞんぶん殴りつけ、息の根をとめ、そして抑えつけておいても、依然、生きていて、ときどき頭をのぞかせたり、姿を現したりする。この物語のなかでも、おそらくそういった私の思いあがりが、たびたび姿をみせていることだろう。なぜかといえば、私は自分の思いあがりをたとえ完全に克服してしまったと考えることができたとしても、もしそうなれば、今度はおそらく自分の謙譲の美徳を自慢するという思いあがりをおかすことになるからだ。

http://katawareboshi01.g.hatena.

 ……なってますよね。客観的に自分を見たうえでなおこの記述。傑作まちがいなし。


 この章は、ヨーロッパとのタフ・ネゴシエーションの時期であったので、世界史を変えてしまう業績をあげたフランクリンが「わーいわーい」となるのもむべなるかな。

 ついでなのでこのときの「十三の徳目」も書き留めておきます。

第六章 十三の徳目の樹立
  • 一、節制
    • 頭が鈍るほど食べないこと。
    • 酔って浮かれだすほど飲まないこと。
  • 二、沈黙
    • 他人または自分自身の利益にならないことはしゃべらないこと。
    • つまらぬ話は避けること。
  • 三、規律
    • 自分の持ちものはすべて置くべき場所をきめておくこと。
    • 自分の仕事はそれぞれ時間をきめてやること。
  • 四、決断
    • やるべきことを実行する決心をすること。決心したことは必ず実行すること。
  • 五、節約
    • 他人または自分のためにならないことに金を使わないこと。すなわち、むだな金は使わないこと。
  • 六、勤勉
    • 時間を無駄にしないこと。有益な仕事に従事すること。必要のない行為はすべて切りすてること。
  • 七、誠実
    • 策略をもちいて人を傷つけないこと。
    • 悪意をもたず、公正な判断を下すこと。発言するさいも同様。
  • 八、正義
    • 他人の利益をそこなったり、あたえるべきものをあたえないで、他人に損害をおよぼさないこと。
  • 九、中庸
    • 両極端を避けること。激怒する侮辱をたとえ受けたにせよ、一歩その手前でこらえて激怒は抑えること。
  • 十、清潔
    • 身体、衣服、住居の不潔を黙認しないこと。
  • 十一、平静
    • 小さなこと、つまり、日常茶飯事で、避けがたい出来事で心を乱さないこと。
  • 十二、純潔
    • 性の営みは建康、または子孫のためにのみこれを行なって、決してそれにふけって頭の働きを鈍らせたり、身体を衰弱させ、自分自身、または他人の平和な生活や信用をそこなわないこと。
  • 十三、謙譲
    • キリストとソクラテスにみならうこと。
http://katawareboshi01.g.hatena.
フランクリン自伝 (中公クラシックス)

フランクリン自伝 (中公クラシックス)

第六章 十三の徳目の樹立
十三の徳目

 私が道徳的に完璧な域に達しようという、大胆で困難な計画を思いついたのは、このころのことだった。

http://katawareboshi01.g.hatena.
第六章 十三の徳目の樹立
十三の徳目

 私は、この小さな手帳にその題句(モットー)として、アディソンの『カトー』からの一節を書きつけておいた。

私はこのような信念をいだいている。

もし神が(造化の妙なるによって

自然が高らかに告げるごとくに)

われらが上に存在したもうなら、

神は徳を嘉(よみ)したもうに相違なく

そしてまた神の嘉したもうものは

かならずや祝福されるであろう。

もう一つの題句はキケロの言葉からであった。

おお、汝、人生の道案内を務める学問よ、美徳をもとめ、悪徳をしりぞける学問よ。汝の教えに従って有益にすごしたる一日は、過失にみちた永遠の生よりも望ましい。

さらにもう一つは、ソロモンの「箴言」からで、知恵と徳とについて述べたものだった。

その右の手には長きいのちあり、その左の手には富と尊貴(とうとき)あり。その途(みち)は楽しき途なり、その径(みち)すじはことごとく平康(やす)し。

http://katawareboshi01.g.hatena.